算数セットの数え棒の使い方は?何を理解するのに役立つの?

スポンサードリンク

小学校の入学準備で、
保護者を悩ませるもののひとつが
「算数セット」でしょう。

名前を書くのが大変だとか、
絶対に買わなきゃいけないものなのかとか、
お下がりは使えるのかとか、
理由は様々です。

そんな親を悩ませる算数セットについて、
何の学習に使うのか、本当に一つずつ名前を書くのか、
また、バラ売りはしているのかを調べてみました。

算数セットってどんな風に使うの?数え棒で何を学ぶの?

スポンサードリンク

そもそも算数セットは、
どんなことを学習するのに使うものなのでしょうか。

一般的な算数セットの中身は、

  • 数カード
  • おはじき
  • 数のブロック
  • サイコロ
  • 色板
  • 計算カード
  • 数え棒
  • お金
  • 時計
  • 九九カード

です。

学校で使う教科書や、何年生まで使うかによって
多少中身が違ってくるようです。

お金時計、九九カード
その名の通りの学習に使います。
では、数え棒ではどんなことを学ぶのでしょうか?

算数セットなど学校教材を取り扱っているサイトによると

かぞえぼうは各学年の教科書で
広く使用される教具のひとつです。
数をかぞえる学習にはもちろん使いますが、
図形作りにも、長さくらべ、
立体図形作りにもつかえます。

出典:ヒエシス誠文社HP

とのこと。

数の概念や数を数える勉強に使うのがメインのようです。
その他にも図形作りの学習にも使えるのですね。

算数セットの数え棒って一本一本に名前を書くの?

「入学準備で一番大変なのが、算数セットに名前を書くこと」
そんな声をよく聞きます。

算数セットは、入っている教材の種類が多いことに加えて、
一つひとつの数が多いのと、
大きさが小さいことにあります。

特に数え棒は、100~200本ほどの量があって、
しかもとっても細い!とてもペンでは書けないほど。

同じクラスの子全員が
同じようなものをたくさん持っていますし、
子どもはすぐに落とすので、
なくなったり紛れ込むこともあったりします。

ですから、数が多い、
書くスペースが小さいとはいっても、
書かないと困るわけです。

算数セットに名前を書く方法は3つあります。

①名前ペンを使って手書きで頑張る
数が多くても、書くスペースが小さくても、
全部手書き!ペン1本なので、安上がりですね。

②お名前ハンコでスタンプする
布だけでなく、プラスチック製のものにも押せる
お名前ハンコを使うと
ポンポン押していくだけなので簡単ですね!

ハンコのサイズが色々あるものだと、
物に合わせてハンコを使い分けることができるので
オススメです。

③お名前シールを貼る
算数セット専用のお名前シールが売られています。
おはじき用、数え棒用、お金用、
タテ書きなど貼る物に合わせて作られています。

シールも小さいので、手ではなく
ピンセットを使って作業した方が良いでしょう。
そのために、ピンセットまで付属している商品も
中にはあります。

これだけ大変な思いをして名前を書いても、
なくしてしまうのが小学生…。
とは言っても、書かないわけにもいかないので、
ママにとって良い方法を選んでください。
詳しくはこちらの記事も参考にして下さいね。
算数セットの名前はどこまで書けばいい?

名前を書くときには、
パパにもぜひ協力してもらいましょう。

算数セットの数え棒はどこで買える?ばら売りはしているの?

兄弟や知り合いなどから
算数セットのお下がりがもらえる場合もあるかと思います。
お下がりの場合、
足りないものだけを買い足せば良くなります。

そういった場合には
どこで買えばよいのでしょうか?
セットではなく、単品で購入することもできるので、
ご紹介します。

●「学校教材.com」
学校教材を扱っているサイトですので、
安全性もあり、安心して購入することができます。

●楽天市場
「算数セット 数え棒」と検索すると
いくつかヒットします。

●フリマ、オークションサイト
メルカリヤフオクなどで、
算数セットを出品している方がいますので、
運が良ければ欲しいものを買えるかもしれません。

●学校に出入りしている業者
直接、保護者が業者から購入することはできませんが、
担任の先生を通して買える場合もあります。
一度、先生に聞いてみると良いでしょう。

算数セットは出版社が同じでも、
年度によって多少中身が違うこともあるので、
よく確認してから購入してくださいね。

まとめ

算数セットは、小学校3年生ごろまで使うようです。
ただ地域によって、算数セットを購入するのか、
学校で貸してくれるのかなど
取扱いが変わってきます。

購入して、名前つけをしなければいけないとなると、
とても大変な作業になります。

使う期間もそれほど長くはないですし、
学校での学習以外で使うことも
ほとんどないものですから、
学校で一括購入して貸し出ししてくれると、
親としては助かりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする