産後の入院中は暇?ヘトヘトなのに寝られない理由は?

スポンサードリンク

ようやく出産を終えて、入院生活が待っています。
ほとんどの方は5日程じゃないでしょうか。

短いようで長い産後の入院生活。
逆にゆっくりできるのも今のうち!
新しく産まれた赤ちゃんと共に
少しでも有意義に過ごせるようにしましょう。

産後、慣れない場所で入院中疲れはMAX!なのに寝付けない理由

スポンサードリンク

出産という一大イベントを終えてもうへとへと…。
なのに、意外と寝られないんです。不思議ですよね。
何故寝られないのでしょうか。

①興奮によるもの
人は出産中、興奮しているので
アドレナリンが沢山でます。
それによって寝付きが悪くなるので中々寝られません。

次の日楽しみにしているイベントがあると
ワクワクして寝られませんよね。
それと似た効果になります。

出産後はできる限りスマートフォンをいじらず、
深呼吸などをしてリラックスするように過ごしましょう。

②感極まる・不安などの考え事
お腹の中でずっと一緒に過ごしていた赤ちゃん。
それがついにご対面となると
胸が熱くなるような思いになります。
それと同時に
これから赤ちゃんを育てていくうえでの不安が
どんどん募ってきてしまうのですね。

これは産後、ホルモンが一気に低下していくのが
原因とされており、
ひどいと産後鬱になってしまうので、
「赤ちゃんが可愛くない」と思ってしまった場合は
助産師に必ず相談しましょう。

筆者は一人目の入院時は夫と泊まっていたのですが、
夜中にめそめそと泣いていました。
二人目の入院時も面会にきた夫に
帰らないでくれって泣いていましたね。
今では不思議です。

しばらくはそういうことがあり
寝られないかもしれませんが、
悲観的にならないように
これから子供とどこに遊びに行こうかなどを考えて
悩みすぎないようにして乗り越えましょう。

③夜間授乳によるもの
母子同伴を推奨する産婦人科では出産後、
すぐに生まれたての赤ちゃんと同室になります。

おっぱいもすぐにでることはほとんどなく数日かかるので、
お腹が空いた赤ちゃんは何度も泣きます。
1時間置きに泣かれて、
寝られるのは朝沐浴に連れて行かれたときだけ…なんてことも。

しんどいときは赤ちゃんを預かってくれる所が
ほとんどだと思うので
無理をせず、遠慮なく相談してみてください。

家に帰ると戦争が待っているので
休めるのは今のうちですよ。
少しでも多く睡眠時間を確保するようにしましょうね。

食べすぎに注意!?産後入院中にこんなにお菓子を食べても良いの!?

母乳育児となると体が栄養を求めてお腹が空きます。
出産後の疲れもあるのか、
その中でも食べたくなるのが甘いもの

入院中に遊びにきてくれた友人に
沢山貰ったりするかもしれません。

結論から言いますと
お菓子を食べ過ぎるのはよくありません。
入院中には栄養が考えられた食事が毎食でますよね。
まずはそれをしっかり食べて栄養を蓄えましょう。

あと甘いものを摂り過ぎると母乳の詰まりの原因となります。

体質にもよるのですが、
母乳の出始めはかなり張ってきて
熱く痛くなることが多いので、
食べたあとに更におっぱいが張ってしまって激痛!
ってことにならないように少しだけにしてください。

病院によっては怒られることも…。
食べるなら、こそっと、ちょこっとにしてくださいね。

筆者は夫が買ってきてくれた
甘いクロワッサンが机に置いてあるだけで
厳しい助産師に怒られましたよ。

まとめ

出産を終えたのも束の間で、
慣れない生活、慣れない環境に更に疲れてしまいますよね。

でも帰宅後はついに育児が始まるのです!
寝られないですよ。

なので、休めるのは今のうちだと思って
できる限りリラックスして過ごし、
合間に睡眠をとるようにしてください。

あまった時間に育児日記を書いたり、
写真を撮ったりして過ごすのもおすすめですし、
赤ちゃんの雑誌を買ってきてもらって
これからのシミュレーションをするのも良いですね。

この貴重な時間を有意義に過ごせるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする