腹帯はいつからいつまで着けるもの!?夜中もするべき?

スポンサードリンク

妊娠すると腹帯を付けるようになりますが、
腹帯はいつからいつまで着けるのか知っていますか。

そもそも私は妊娠して初めて、
腹帯というものを知りました。
私も最初はよくわからないまま
腹帯をしていましたが、
腹帯をするのにはちゃんと理由があるようです。

なぜ腹帯が必要なのかを知って、
大切な赤ちゃんを守ってあげてください。

そもそも腹帯って何?いつからいつまで着ける?

スポンサードリンク

妊娠すると親やマタニティ用品のお店で
腹帯を購入するよう薦められる事がありますよね。
腹帯は何のためにするのでしょうか。
腹帯をする効果とは何なのでしょうか。
調べてみました。

妊娠5ヶ月になると
戌の日に安産祈願に行かれる方が多くいます。
戌の日とは十二支の戌をさしており、
お産が比較的楽で多くの赤ちゃんを産む犬に
安産をあやかろうというものです。

その戌の日に腹帯を安産祈願としてお腹に巻きます。
この昔からの風習で
戌の日から出産まで腹帯をするのです。

私も戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をしました。
安産祈願で神社に参拝しに行くと、
腹帯を持った妊婦さんがたくさんいましたよ。

そんな昔ながらの風習もそうですが
最近では、腰痛の防止や骨盤のずれ防止のために
マタニティベルト産前ベルトと言われるものを
巻いている方も多くいます。
腹帯には様々な種類があるのでご紹介します。

さらしタイプ

戌の日の安産祈願の際に巻く腹帯で
よく見かけるのがこれです。

産前から産後まで使え、
さらしなので自分でお腹の大きさに合わせて調整できます。

通気性吸水性も良いため、
夏は特におすすめです。
他の腹帯に比べて安価なところもいいですね。

しかし他の腹帯に比べ、ずれやすいのが欠点です。
私も始めはさらしタイプを使っていましたが、
なにせ不器用なためなかなか
上手くできずに挫折しました。

ガードルタイプ

パンツのように履けるのがガードルタイプです。
なんと言ってもトイレがしやすいのがおすすめポイントです。
特に妊娠後期になると
赤ちゃんで圧迫されトイレが近くなるので、
脱ぎ履きがしやすいのは助かります。

また上の洋服に響かないデザインの物が多いのがよかったです。

腹巻きタイプ

ガードルタイプと同様、
着脱がしやすいのが良い点です
しかも締付けがそれほどきつくない物が多いため
着用しやすいです。

私も妊娠初期や寝る時に使っていました。
とっても温かいので、
冬場の妊婦さんには特におすすめですよ。

妊婦さんにとって冷えは大敵です。
腹巻きタイプの腹帯で、
お腹をきちんと温めてあげてくださいね。

サポートベルトタイプ

これは2種類あり、ベルトだけの物と
ガードルや腹巻きがついているものがあります。

しっかりお腹を支えてくれるのが
サポートベルトタイプの腹帯の特徴です。
私も妊娠中期から後期にかけて使っていましたが、
重たいお腹を支えてくれている感じがしました。

私は妊娠時期などで
腹帯のタイプを使い分けていました。
腹帯は、腰痛予防や冷え防止、
大きいお腹を支えるために効果的です。

様々なタイプがあるため、
自分に合った腹帯を見つけてください。

腹帯は24時間ずっと付けておくべき!?

腹帯は24時間付けるべきなのかも
迷いどころですよね。
私も寝る時も付けるべきなのか迷いました。

お腹を守るため、という意味からは
付けておくのに越したことはないと思います。

そう思い一度、日中も付けている
ガードルタイプの腹帯を付けて寝た事があります。
正直寝苦しかったです。
ストレスになると思いすぐ止めました。

そこで寝る時におすすめなのが、
腹巻きタイプの腹帯です。

締め付けも強くなく、なんと言っても温かい。

私は冷えるとすぐお腹が張ってしまうタイプだったので、
腹巻きタイプの腹帯は大活躍でした。
妊娠初期から後期に入ったくらいまで
愛用させてもらいましたよ。

24時間腹帯を付けるという方は、
日中と夜間で付けるタイプを変えることをお勧めします。

しかし腹巻きタイプの腹帯も
後期はだいぶお腹が大きくなるため、
なかなか着用しづらくなります。

そのため私は後期の時期は
日中しか腹帯をしていませんでした。
臨月になると日中もうっとうしくなり、
していない日も多くあったのが正直なところではあります。

まとめ

腹帯はした方が良いですが、
どうしてもしなくてはならないものでもありません。

しかし妊婦特有の腰痛を予防してくれたり、
お腹を保温したり、
重たいお腹を支えるサポートをしてくれるので、
付けられそうなら付けると良いですよ。

タイプも様々あるため、
自分に合ったものを選んでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする