妊娠中に腰痛で眠れない!ひどくならない寝方とは?

スポンサードリンク

赤ちゃんの成長に伴って
どんどん大きくなっていくお腹
成長を感じてうれしくなる一方で、
普段からは考えもしないほど体の重みを感じていませんか?

寝る時もお腹の重みで
思うように眠れないなんてこともあったり…。
そんな時はどのように寝たら楽になるのでしょうか?
一緒に考えてみましょう!

仰向き寝では妊娠中は腰痛がひどくなる危険性が!横向き寝のすすめ

スポンサードリンク

そもそもどうして妊娠中は
腰痛がひどくなるのでしょうか?

お腹が大きくなってくると、
赤ちゃんの体重さや羊水などがプラスされるので、
必然的に重くなってきます。

そうするとお腹を支えようと
反り返った姿勢になってしまうので、
普段しない姿勢をとり、
いつもより腰の筋肉に負担がかかってしまいます。
その為腰痛を引き起こしやすくなるという訳です。

また妊娠中はリラクシンというホルモンが分泌されます。
これは靭帯をゆるめる作用があり、
妊娠後期には産道をつくる大切なものです。

ですがこのホルモンが骨盤や恥骨周辺の靭帯をゆるめるので、
腰のまわりの筋肉に負担がかかり
腰痛の原因となってしまうのです。

腰痛の原因が分かったところで、睡眠時の寝方です。
人それぞれ寝やすい姿勢があるとは思いますが、
一般的に妊娠中は仰向けに寝ると、
腰全体にお腹の体重がかかってしまい
腰痛がひどくなる傾向があります。

そんな時にまず試したい方法が、
横向きでの姿勢で寝ることです。
痛みがある方の腰を上に向けて寝ることで、
患部をいたわってあげることが出来ます。

腰への負担が軽減され、
お腹の圧迫も軽減することが出来ます。

腰痛時の抱き枕を使った寝方とは?腰痛を和らげる方法

横向きに寝る際に抱き枕を使用すると
膝を曲げやすい姿勢をとることができ、
腰への負担を軽減することができます。

この時に一緒に意識したいのが、
シムス体位という姿勢を取ることです。
妊娠本などで見たことのある方も多いかと思いますが、
体への負担が少ない楽な姿勢です。

まずは体の左側を下にして横になり、
左足は真っ直ぐ伸ばします。
右足は足の付け根から曲げて抱き枕をはさむようにします。
膝を曲げた状態にして、お腹に負担が掛からない程度に
少しうつ伏せ気味にします。これがシムス体位です。

抱き枕を使用する以外にも、
クッションや座布団を股の間に挟んでみたり、
マットレスを変えてみたりすることもおススメです。

また軽いストレッチや骨盤矯正をすることもオススメです。

妊婦さんの間で昔から有名なのが、
「トコちゃんベルト」です。
骨盤のゆがみを予防するものですが、
骨盤ベルトを着用すると
腰が適度に支えられ負担が和らぐ効果があります。

妊娠中はどうしても体が重くなるので
運動するのも億劫になってしまいがちですが、
それでは体が硬くなり、腰痛もひどくなる一方です。

出産時には体力を使いますので、
今のうちから体を鍛えておく方が良いでしょう。
もちろんランニングをしたりはできないので、
軽いウォーキングをしたり腰を回したりして
来るべき日に備えておきましょう!

まとめ

私も妊娠中はあっちを向いて寝て、
疲れたら反対を向いて寝て…を繰り返していました。
もともと腰痛持ちだったので、
体の重くなる妊娠中は
さらに腰痛に悩まされていました(苦笑)

自分でなかなか対処できない場合は、
妊娠中でもできるアロママッサージを受けたり
軽いストレッチをしたりしてやり過ごしていました。

そして最後の頼みは
旦那さんにマッサージをしてもらっていました!

どこまで力を入れていいのか分からず
やりにくかったようですが、
こちらはそうも言っていられません(笑)
あーだこーだいいながら、試行錯誤をしていました。

妊娠中は腰痛を完治させることは難しいとは思いますが、
少しでも緩和できるよう体調をみながら
ご自身に合った方法を探して下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする