保育園育ちは将来が心配?幼稚園児と保育園児に違いはある?

スポンサードリンク

子どもが3歳近くなってくると、
幼稚園保育園の情報を集め始める方も
多くなってきますよね。
いろいろな園のパンフレットを取り寄せたり、
体験に行ったりしている方も多いと思います。

ですがそもそも、幼稚園児と保育園児って何が違うのでしょうか。
その先の小学校に向けて学力に差が出てしまうのでは、
と不安に思う事もありますよね。

そこで幼稚園と保育園の違いは何か、
学力に差ができてしまうことはあるのか、
ご紹介します。

幼稚園は文科省管轄 保育園は厚労省管轄

スポンサードリンク

幼稚園と保育園の違いは
管轄が違うというのはよく聞きますよね。

幼稚園は文科省の管轄で
保育園は厚労省の管轄になります。

管轄が違うため施設の区分も違っており、
幼稚園は教育施設、保育園は児童福祉施設となるのです。

ですからよく、保育園児は身辺自立がしっかりできているとか
幼稚園児は早くから字が読めたり勉強ができる子が多いとか聞きますよね。

教育施設と聞くと小学校のように
勉強を教えてくれそうなイメージがありますよね。
また児童福祉施設ときくと、
幼稚園よりも手厚く保育してくれそうな
イメージがありませんか。

しかし正直なところ園の方針によって違います。

幼稚園でものびのび遊ぶ時間を
たっぷりとらせる方針のところもあれば、
保育園でもしっかりお勉強の時間が
設けられているところもあるのです。

私の友人が保育園で働いていたのですが、
保育園でもワーク学習をしたり、
学習時間がなくても生活の中で学習できるような
工夫をしていたと言っていました。

また逆に幼稚園の園長先生からは、
幼稚園で学習したから大丈夫というわけではく、
小学校に入ってからのモチベーションが大事だと
言われた事があります。

仮に幼稚園で学習してきて差があったとしても、
モチベーションがなければ1年もせず
差はなくなると言っていました。

幼稚園だから勉強ができる、
保育園だから勉強がおろそかになる
というわけではありません。

ましてや「保育園育ちだから将来が心配」なんていつの時代!?の話です。
まだまだおじいちゃんおばあちゃん世代の中にはそういった固定観念の残っている方が
いらっしゃるようですが、育てるのは親ですから親の考えや環境で決めればよいことです。

各園の方針をみて
お子さんに合った園を選んであげられたらいいですね。

また幼稚園と保育園では
詳しくはどのような違いがあるのでしょうか。

まず預けられる年齢と保育時間の違いについてご説明します。

幼稚園は3歳から小学校入学前までです。
それに比べ保育園は
0歳から小学校入学前までの期間預けることができます。
保育時間も施設によりますが
保育園の方が幼稚園と比べて朝も早く、帰りも遅く
保育時間が設けられているところが多いです。

しかし幼稚園も施設によりますが
延長保育制度があり、
別料金で保育時間の延長が可能なところもあります。

保育料にも違いがあります。

金額の高い安いは施設によりますが、
幼稚園は私立であれば園が、
公立であれば各自治体が決めています。

それと比べ保育園
所得に応じて各自治体が決めているのです。
そのため同じ保育園に通っていても、
所得差によって支払っている保育料に違いがあます。

入園できる条件などにも違いがあります。
地域にもよると思いますが、
幼稚園は決められた年齢になれば
比較的入園がしやすいです。

しかし保育園は仕事や病気などで、
家庭での保育が難しいなどの事情がある場合に
利用する施設とされています。

自治体によって優先順位があるため、
入園希望の場合は住んでいる地域の
入園条件を確認する必要がありますよ。

お母さんやお父さんの事情も考慮しつつ、
お子さんのタイプに合った園が見つかるといいですね。

幼保連携のこども園はどちらの要素もあわせ持つ?!

ここ最近、幼稚園と保育園の両方の特性を合わせ持った
認定こども園が増え始めました。
増え始めたと言ってもまだまだ少ないのですが、
どのような園なのでしょうか。

認定こども園は
幼児教育と保育を一体的におこなってくれる園です。
幼稚園と保育園それぞれの良さをもっている
と言っていいでしょう。

こども園に通うメリットやデメリットはあるのでしょうか。
まずメリットは、園にもよりますが
学年の違う子どもたちが交流できるところです。

学年が違う子どもたちが一緒に遊んだり、
大きいお兄さんお姉さんが
小さい子たちのお世話を助けてあげたりと、
生活の中で成長していくことが
できるのではないでしょうか。

また幼稚園を希望しているけれど、
仕事をするため3歳まで保育園に預けているという場合も
メリットがあります。

こども園では幼児教育も受けられるので、
転園せず子どもも慣れた場所に通い続けられます。
親子で負担が少ないメリットがありますよ。

デメリットもあります。
公には誰でも利用できる園とされていますが
実際は、共働き世帯や一人親世帯が優先
となっているのが現状です。

しかしそれ以外の世帯が利用できないというわけではなく、
自治体にもよるので確認してみるといいですよ。

まとめ

幼稚園だからいい、保育園だからだめ
というようなことはありません。

幼稚園でも保育園でもこども園でも、
家庭の事情を考慮して
それぞれの子どもに合った園に行けるのが一番です。

パンフレットを見ているだけでは
わからないこともあります。
可能であれば、体験や親子教室などを利用して、
実際に園に行ってみるといいですよ。

先生や園児たちの様子をみると
また印象が変わるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする