刈谷ハイウェイオアシスの駐車場へは下道から行ける?子連れも一日遊べるオススメスポット!

スポンサードリンク

高速道路のサービスエリアは休憩する場所、
どこも同じと思っていませんか?

刈谷ハイウェイオアシスは食事や休憩をとるのはもちろん、
子供が楽しく遊べる場所にもなっているのです。
とても人気なため、ここ目当てに下道から来る人もたくさんいるんですよ。
そんな刈谷ハイウェイオアシスの魅力や下道からの行き方をご紹介します。

刈谷ハイウェイオアシスの駐車場情報

スポンサードリンク

①駐車場の営業時間

駐車場は第1から第4駐車場、その他高速道路側や土日祝日の、
お客さんが多い日のみ開放している駐車場があります。
サービスエリアとしての利用だけでなく、一般道から食事をしたり、
遊びに来る家族づれも多いため駐車場の数はとても多いのです。

第1、第2、第3駐車場は6時から24時まで解放しています。
第4駐車場は8時から22時までになっています。
第1から第4駐車場は一般道路から入れるようになっているため、
夜間は閉鎖されているのです。

食事や買い物を楽しめるエリアには第1駐車場が一番近かったです。
子どもが喜ぶミニ遊園地や遊具の広場など遊べるエリアから一番近いのは、
第2と第3駐車場
でした。

その他高速道路側の駐車場はもちろん24時間いつでも大丈夫ですよ。
駐車場料金はどこの駐車場を利用しても無料です。
駐車場は閉鎖される時間帯が違うため注意してくださいね。

②刈谷ハイウェイオアシスの駐車場混雑具合

平日も土日程ではありませんが子連れのお客さんがとても多いです。
さすがにどこの駐車場にも停められないということはありませんが、
遊ぶエリアの近くに停めたい場合は早めに来た方が良いですよ。

子どもが遊ぶエリアに近い第2と第3駐車場は、
午前10時くらいまでだと比較的停めやすいです。
11時を過ぎるとお昼ご飯を食べに来る人も増えるため多少混み合い始めます。
しかし遠くの駐車場に停めて少し歩いても大丈夫ということであれば、
平日は駐車スペースが空いていることが多いですよ。

土日祝日は非常に混雑します。
午前10時にはすでにいっぱいの状態になっている事が多いです。
子どもが遊べるエリアが9時オープンのため、
特に第2と第3駐車場は非常に混雑しています。
11時近くなるとどの駐車場もなかなか駐車スペースが空かないため、
車が列を作って待っている状態の時が多いです。

私も以前、お盆休み中の11時に行ったら駐車場に入るのに10分以上並び、
やっと敷地内に入ったと思いきや駐車スペースの空き待ちで20分以上並びました。
子連れの場合、30分以上も並んでいると子どもがぐずりだすのでとても大変ですよね。

長期連休の時はやはり混み合い具合が通常の土日に比べ尋常ではありません。
土日も非常に混み合い駐車場に並ばないと入れない事も多いですが、
30分以上並ぶ事は少ないように思います。
しかし順番待ちはしなくてはなりませんが少し我慢していれば意外と入れたりしますよ。
土日に遊びに来る場合は、10時前までに到着するか並ぶのを覚悟で来ましょう。

③混雑を回避するには?穴場の駐車場はあるの?

混雑を回避する方法を3つご紹介させていただきます。

1.早めに来る
平日は大丈夫ですが土日祝日は10時では遊びたいエリアの近くに、
駐車スペースを確保する事は難しいです。
日によって違いはありますが、9時までに到着していると、
土日でも比較的、停めやすくなります
よ。
以前8時半すぎくらいに行った事がありますが、
結構家族連れの車がすでに停まっていました。
早めに来て食事ができる施設でモーニングをされている方も多いようですよ。

2.夕方近くなってから来る
午前やお昼過ぎは非常に混み合いますが、
15時を過ぎたあたりから、少しづつ空き始めます。
子どもとゆっくり遊びたい場合は難しいですが、
楽しめないわけではありません。

我が家はよく15時以降の夕方か遊ばせる事が多いです。
遊具で1時間くらい遊ばせてから食事をしに行ったり、
かきつばたという天然温泉の施設があるため、
大きなお風呂を堪能したりしています。
夏は水遊びがしたいので早めに行きますが、他の季節の場合、
うちの子は特にお風呂が大好きなため夕方からのが楽しいようです。

しかも遊具のエリアも人が少なくなるため、遊びたい放題ですよ。
しかし、乗り物は動いている時間が決まっているため注意してください。
また夜は噴水のライトアップや観覧車のイルミネーションを楽しむ事もできます。
意外と15時からも楽しめるのでおすすめです。

3.雨の日に行く
友人が雨の日に行ったらしいのですが、かなり空いていたとのことでした。
しかし遊具や乗り物に乗る事はできません。
食事やおやつを楽しんだり、天然温泉に入ったりして楽しむ事はできるので、
ゆっくり楽しみたいという方にはいいかもしれませんね。

4.穴場の駐車場
土日はいっぱいになってしまうこともありますが、
ハイウェイオアシスから道を挟んで北東側に駐車場があります。
時間は7時から24時まで無料で駐車が可能です。

こちらだと、ハイウェイオアシスの敷地内にある駐車場より停めやすくなりますよ。
しかし道を挟んでいるので、少し歩かなくてならなかったり、
地面が砂利敷きになっています。
気にならないということであれば、駐車に並ぶ時間などを考えると、
こちらの方がいいかもしれませんね。

アクセス方法

刈谷ハイウェイオアシスには、一般道からも行く事ができます。

国道1号線から入る場合は、「今川町東」交差点を左折し、
「東境町向イ郷」交差点を右折します。
2つ目の信号を左折した後、伊勢湾岸自動車道の高架をくぐるとすぐ左手に見えてきますよ。

国道23号線からは今川インターチェンジで降り、2つ目の信号を左折します。
道なりに進み国道1号線を横切ったら「東境町向イ郷」交差点を右折し2つ目の信号を左折した後、
伊勢湾岸自動車道の高架をくぐると左手にあります。

刈谷ハイウェイオアシスのみどころは?子連れにおすすめのエリア!

刈谷ハイウェイオアシスはサービスエリアですが、
子どもの遊び場が充実しているのです。
子どもが喜ぶおすすめの遊び場所をご紹介します。

岩ヶ池公園

ハイウェイオアシス内の岩ヶ池公園は、子どもに一番人気のエリアです。
ゴーカートやメリーゴーランド、ミニ機関車
などのミニ遊園地があります。
なんとこのミニ遊園地の乗り物は1回100円です。
とてもリーズナブルなので、小さなお子さんの遊園地デビューに来られる方も多いですよ。

他にも大型複合遊具もありおもいっきり体を動かして遊ぶ事ができますよ。
もちろん遊具は無料です。
遊具はとても大きく、仕掛けが沢山ありました。
大きな遊具の近くには、小さなお子さんも遊べる小さな滑り台や、
ジャングルジムなどもありましたよ。
遊具下の地面は弾力のある素材になっていました。
普通のアスファルトに比べ、怪我を気にせず遊べるのもポイントですね。

そして水遊びも楽しめるとあって特に夏場はたくさんの子どもたちが集まっています。
水遊びができる場所には噴水のようにシャワーが吹き出ていましたよ。

ジャブジャブミスト噴水

ここのエリアも水遊びができるため、夏場は大人気の場所です。
噴水の仕掛けが地面にされており、そこからリズミカルに水が吹き出します。

岩ヶ池公園の方の水遊びは水の深さが10センチ近くありましたが、
こちらは池やプールのように水が溜まりません。
そのため小さな子どもでも安心して遊べるのがいいですね。

子どもたちはみんな頭から足の先までずぶ濡れになってあそんでいました。
水着や着替えを持って行くことをお勧めします。
ここの場所は駐車場も近いので、着替えや荷物をすぐに取りに行けるところも、
良いポイントです。

観覧車

ハイウェイオアシスに近付くとまず目を引くのが大きな観覧車です。
夏に乗りましたがゴンドラ内はクーラーがかかっていて快適でした。
スタッフの方に聞くと冬もヒーターが付いているとのことでした。
しかしシースルーのゴンドラだけは、空調システムがないそうです。

この観覧車は夜になるとライトアップされますよ。
乗っても楽しく、見ても綺麗な観覧車です。

トイレ

実は刈谷ハイウェイオアシスで有名なのがトイレなんです。
中央にあるデラックストイレがとても豪華で、
広く綺麗な事で有名なんですよ。

ベビーカーでそのまま入る事ができますし、
オムツ交換台や子ども用の便座などもあり子連れで利用しやすかったです。
授乳室もあるため小さなお子さんがいても安心ですよ。
とても綺麗でリラックスできるトイレのため、
トイレだという事を忘れるくらいでした。

まとめ

刈谷ハイウェイオアシスは、食事や買い物はもちろん、
遊ぶ事もお風呂に入る事もできます。
サービスエリアなのに一日遊べるのです。
しかも安い!
駐車場も遊具も無料ですし、ミニ遊園地の乗り物も100円と低価格。
食事もレストランもあれば、気軽に食べれるフードコートもあります。
お財布に優しいうえ、一日遊べるのは嬉しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする