産後のママはしんどいです

スポンサードリンク

ご出産おめでとうございます!
お疲れ様でした。
長い妊婦生活を終えて、これから家族が加わって新しい生活が始まります。
いっぱい抱っこしてあげよう、話しかけてあげよう、マッサージをしてあげよう、
絵本を読んであげよう・・・。
頑張ってあなたのもとに産まれて来てくれた赤ちゃんにたくさんしてあげたいことがありますね。

でも、正直なところどうですか?
しんどくないですか?(笑)
私は産後めちゃめちゃしんどかったです。

スポンサードリンク

赤ちゃんの世話はわからないなりにやってるけど毎日緊張状態。
抱っこして寝たと思っても床に置いたらまた泣き出すし、
夜もなかなかまとまって寝られない。
段々こんな夜中に起きてるのは自分だけじゃないかと思って泣いたりしてました。

肩こり、腰痛、抜け毛に腱鞘炎etc・・産後こんなことになるなんて聞いてなかった!なんてこと、いっぱいありました。
だから今は声を大にして言いたいです。
産後はまずはママ自身のケアをすることが最優先!

自分のケアして悪いことなんてなんにもないですよ~。
私の時代は自分のことなんて二の次だったなんていうお姑さんがいたら無視しましょう(笑)

身体の辛さは出産が終わるまでの辛抱と思いがちですが、
むしろ産後の状態の方が深刻です。

子宮から胎盤がはがれた後の大きな傷はすぐには癒えません。
会陰や産道には細かい傷がたくさん残っています。
骨盤周りの靭帯や筋肉はまだ柔らかく関節もグラグラです。

そんな満身創痍の状態で昼夜関係のない育児が始まっているのです。
そして赤ちゃんは言葉を離さない代わりに言葉以外のメッセージを受け取ります。
母親の表情、体の緊張、温度、息遣い、母親の存在そのものを全身で感じとっているのです。

自分自身のエネルギーが消耗していたら、赤ちゃんに愛情注ぐことなんて無理無理!
心からの笑顔で赤ちゃんに向き合うためにも、
まずは母親自身の健康が優先されるべきです。

私は産後寝不足が続き、しんどすぎて赤ちゃんをうっとおしく思うことがありました。
そして我が子にそんな気持ちを持ってしまったことに罪悪感を感じ、とてもつらい時期がありました。

このブログでは私のように苦しむママが一人でも減るように、
産後ケアや育児のことを綴っていきたいと思います。
病院に行くほどではないけど、しんどい。
そんな地味に辛い産後の状態が少しでも改善することを願っています。

育児はこれから長~く続きます。
自分のためだけではなく赤ちゃんのためにもママのケアに励みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする