名古屋市農業センターの梅まつりの開花状況は?子連れでの楽しみ方も!

スポンサードリンク

2月にはいってもまだ寒い日々が続いていますよね。
しかし、その寒さを耐えて2月の終わりごろから
可愛らしい花を咲かせてくれる木があるのです。
それは、梅です。

梅干しを作ったり、梅干しを食べたことがある人は多いですよね。
梅は桜より早い時期に可愛らしい花を咲かせてくれるのです。
多くの梅が咲き誇る姿を見られる場所は、
全国をみても限られているのです。
名古屋市にしだれ梅が有名な場所があります。
それが名古屋市農業センターです。

毎年2月の終わりごろから3月の下旬頃まで
名古屋市農業センターしだれ梅まつりが行われるのです。
まだ肌寒い日々が続いている中で、
可愛らしい桜の姿を一目見ようと多くの人がやってくるのです。
赤ちゃんや小さい子どもを連れていっても安心な施設なので、
一度行ってみてくださいね!

名古屋市農業センター梅まつりの開花状況は?

スポンサードリンク

名古屋市農業センターのしだれ梅は12品種、
700本ほどが植えられているのです。
しだれ梅園としては国内でも大きい規模に入るのですよ。
しだれ梅といっても、白い色や桃色などの色があるのです。
しだれ梅なので本当に手が届くところにも梅が咲いているのです。
間近で見ることができるのも嬉しいポイントですよ。

3月の上旬が一番見ごろをむかえることが多いです。
その年の気候によって多少違うので、梅がどれくらい咲いているかは
しだれ梅まつりがはじまってから名古屋市農業センターのHP
Facebook、Twitterなどでチェックできます!
しだれ梅がどれくらい咲いてきているか写真ものせてくれているので、
確認することができますよ。

梅に手が届くといっても、梅に触ったりしてはいけません。
子どもを連れていく場合などは注意しましょう。
名古屋市農業センターの人たちが丁寧に手をかけて
育ててくれたしだれ梅です。
本当に綺麗に咲き誇っているのです。
桜とは違う美しさがしだれ梅にはあるのですよ。
名古屋市農業センターに入るのは無料なのが嬉しいポイントですね!

名古屋市農業センターの梅は何種類?


梅は12種類あります。
梅の木の近くに品種の名前が書かれているプレートもあります。
どんな梅かな!?と気になった場合は名前も
チェックしてみてくださいね!

名古屋市農業センターにある梅の種類はこんなものがあります。

  • 呉服枝垂
  • 緑萼枝垂
  • 玉垣枝垂
  • 紅枝垂
  • 一重緑萼枝垂
  • 唐梅枝垂
  • 藤牡丹枝垂
  • 難波枝垂
  • 満月枝垂
  • 千鳥枝垂
  • 緋の司枝垂
  • 白滝枝垂

これらが梅の種類になります。
しだれ梅まつりにいったら、全部見つけてみてくださいね!

名古屋市農業センターしだれ梅まつりの専用駐車場は?

名古屋市農業センターには駐車場があります。
第1駐車場
190台ほどの車がとめられます。
第2駐車場
34台ほどの車がとめられます。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりの期間中は
駐車場の料金が有料となります。
料金:500円/1日
(イベントやお祭り等が行われている期間以外は
駐車場が無料で利用できます。)

名古屋市農業センターの梅まつり 近隣駐車場は?

名古屋市農業センターの近隣の駐車場は、
コインパーキングなどもありますが
離れた場所にしかありません。
名古屋市農業センターのしだれ梅まつりの期間中は
第1駐車場、第2駐車場以外にも臨時の駐車場が設けられます。
詳しい場所は農業センターに確認してくださいね。
農業センターまで直接行っても案内してもらえますよ。

しだれ梅まつりが行われている間は多くの人が一目梅を見ようとやってきますが、
平日は駐車場が全く止められないというほどではないでしょう。
多くの人が梅を見て少しぶらぶらと歩いて帰っていく人が多いのです。
そのために、農業センターでの滞在時間がそこまで長いわけではないので、
駐車場が空くのをまっていてもそんなに時間はかかりませんよ。

しかし、土日は人も多く、駐車場も長い行列ができるほどです。
ちなみに去年の3月の日曜日は朝9時半にもかかわらず、
すでに満車で、駐車場をとめるのに2時間ほど待ちました。
もし、土日にしだれ梅まつりに行く場合は、
公共交通機関を利用することを強くお勧めします。

名古屋市農業センターの梅まつりへのアクセス方法


住所:愛知県名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3

車の場合に気になる混雑状況は?

名二環の植田ICにております。
県道56号線を経由していきます。
植田ICからは3㎞ほどなので10分もあれば着けます。

電車の場合はバスが便利!

地下鉄鶴舞線の平針駅にております。
そこから歩いて20分ほどで着きます。
平針駅からバスも出ています。
市バスの地下鉄原行きに乗り、農業センターにております。
そこから歩いて5分ほどで着きます。

地下鉄鶴舞線の赤池駅にております。
そこから歩いて20分ほどで着きます。
赤池駅からバスも出ています。
名鉄バスの祐福寺行き、または前後行きに乗ります。
荒池でおります。
そこから歩いて7分ほどで着きます。

平針駅、赤池駅から歩いて農業センターへ行く人が多くいます。
歩いても20分ほどで着くのでいい散歩になるかもしれませんね。
しかし、赤ちゃんを連れていたり、
小さい子どもを連れて公共交通機関で行く場合は、
バスを使っていくといいでしょう。

名古屋市農業センターしだれ梅まつりが行われている
3月の間はバスも臨時バスが運行しています。
詳しくは運行バスの時刻表などを確認してくださいね。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりの日程や時間は?

2019年の名古屋市農業センターのしだれ梅まつりは
2月23日(土曜日)~3月17日(日曜日)の予定です。

正式な発表は農業センターのHPにて確認してくださいね。

名古屋市農業センターの梅まつり子ども連れでの楽しみ方!

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりが行われている間は
梅を見る以外にもイベントが行われているのです。
朝市、青空市、展示会、大道芸、屋台、キッチンンカーなどがあります。
その年によってイベントの内容が違うので確認してみてくださいね。

しだれ梅まつりは赤ちゃんや小さい子どもを連れていって、
ゆっくりと散歩をしながら梅を楽しむのがピッタリですよ。
しだれ梅まつりが行われている間は人が多いといっても、
歩くのが大変なほどの混雑ではありません。
芝生が生えている場所もあるので、お菓子やお弁当を持っていって、
レジャーシートを広げて食べるのも楽しいですよ。
少しですが、屋台やキッチンカーもあるので、買って食べることもできますよ。
ジェラートなども売っているので、歩き回った後にはピッタリのデザートです。

他にも、牛や羊、鶏、ミニブタなどの動物も見ることができます。
どの動物も近くで見ることができるので、子どもには嬉しいかもしれませんね。
名古屋市農業センターはそんなに大きい施設ではないので、
子どもと一緒に全部歩き回っても半日もかかりませんよ。
ベビーカーを押して歩く場合には多少不便な場所もありますが、
基本的には問題なく使えますよ。
オムツの交換場所もあるので、安心してくださいね。
授乳室もあるので、赤ちゃんを連れて行っても安心ですよ。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりが行われている間は、
公共交通機関で来る人にとってはちょっと嬉しいサービスがあります。
ミルク工房にて、一日乗車券、ドニチエコきっぷを提示すると
ジェラートが50円引きで食べられるのですよ。
天気がいい日はポカポカして散歩するにはちょうどいいでしょう。
ちょっとした休憩にジェラートを食べてみてくださいね!
どのジェラートも美味しくてオススメです。

知っておこう!梅の花言葉

しだれ梅まつりに行くのなら、梅の花言葉を知っておくのもいいでしょう。
梅の花言葉はいくつかあります。

・高潔
心が気高くて清らかなことをいうのです。
・高貴
気品があることを指します。
・忠実
まごころを込めてよくつとめることをいいます。
・不屈の精神、忍耐
梅は寒い季節をじっと待ち、春が訪れるのを待っているのです。
そのじっと待っている姿からこのような花言葉があるのです。

梅の色によっても花言葉があるのです。
赤色の花言葉
・優美
艶やかな女性のような色気、上品な美しさ。
白色の花言葉
・気品、澄んだ心
清楚な白色は澄んだ心を表すかのようです。
ピンク色の花言葉
・清らかさ
可愛らしく、優しい雰囲気から。

このように梅の花言葉があるのですよ。
そして、梅はお正月に飾る花にも使われるほど、
おめでたい花とされているのです。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりでベビーカーは使える?

名古屋市農業センターではベビーカーを押しながら歩くことができます。
ただし、場所によっては段差があったりする場所も少しはありますが、
基本的にはベビーカーを押して歩くのに問題はありません。

しだれ梅まつりが行われている間は人が多いといっても、
ベビーカーを押して歩けないほどではありません。
赤ちゃんや小さい子どもを連れていく場合は、ベビーカーを使うといいでしょう。
ゆっくりと歩きながら、綺麗に咲き誇るしだれ梅を堪能してくださいね!

トイレやオムツ交換ができる場所を知っておこう!

名古屋市農業センターの農業指導館に入って
左手に赤ちゃんルームがあります。
そこに、オムツ交換場所、授乳室があります。
オムツ交換ができる台は2台あります。
授乳室は長椅子が用意され、カーテンで仕切られているだけの作りです。
そんなに多くの人が入ることはできませんが、
ベビーカーを押して入ることができるスペースはありますよ。
オムツ交換場所も授乳室も綺麗にされているので安心して使うことができますよ。

トイレはいくつかあります。

  • 農業指導館の中
  • ロータリーの横
  • ミルク工房の近く

このようにトイレはありますが、トイレの数はそんなに多くはありません。
しだれ梅まつりの期間中は人も多いので、トイレが混雑することもあります。
小さい子どもを連れている場合などは親が早めに
トイレに行くように促してあげるといいでしょう。

名古屋市農業センターdeleふぁーむで楽しむ!

onefox / Pixabay

名古屋市農業センターdeleふぁーむは昭和40年からはじまった施設です。
時代の流れとともに農業に触れ合う機会が少なくなってきたことから、
少しでも農業に触れ合えるようにとの願いを込めて作られた施設なのです。
農業に触れ合いながら、楽しむことができるような施設になっています。

名古屋市農業センターでは農業の技術の研究も行われています。
家畜に与える飼料や肥料の改良などを行っています。
また、名古屋市農業センターでは名古屋コーチンの雛が
多く生産されているのです。
ここで育てられた名古屋コーチンの雛が愛知県内の飼育業者へ
出荷されていくのです。

温室もあり、ベゴニアなどの花が育てられています。
温室ならではの花などを見ることができるのです。
もちろん、農業センターの中には畑や花壇もあり、
野菜や花が育てられているのです。

名古屋市農業センターdeleふぁーむでは
牛や羊が放牧されています。
色々な鶏が展示されていて、鶏舎があり、
鶏の赤ちゃんがふ化するところも見ることができます。

delaふぁーむ

名古屋市農業センターの愛称である“delaふぁーむ”の意味
があるのを知っていますか?
これは、
Delicious(おいしい)
Enjoy(楽しい)
Learn(学ぶ)
Agriculture(農業)

これらの頭文字をとったのが、delaなのです。
そして名古屋弁の“でら”という言葉を掛け合わせているそうです。
そこから“delaふぁーむ”という言葉がうまれたのです。

名古屋市農業センターdeleふぁーむ内の施設

お店

ミルク工房があり、名古屋市農業センターでしぼられた乳を使った牛乳、
ジェラートの販売が行われています。

売店“なごやか市場”があり、野菜や果物、
名古屋コーチンの卵、肉などが販売されています。
売店で販売されている名古屋コーチンの卵は人気なので、
早めの時間に行かないと売り切れてしまっている場合があります。
ここで販売されている牛乳も濃厚で美味しくてオススメです。

レストランもあります。
小さいレストランですが、軽食やお茶を楽しむことができます。
ここのレストランでは名古屋コーチンを使ったコロッケや
親子丼を食べることができるのです。
名古屋コーチンを使っているのにお値段も手頃なのですよ。
気になったら是非食べてみてくださいね!

市民菜園

市民の人が使うことができる貸し出しの農園です。
80区画あり、利用期間は1年間となっています。
はじめて野菜を作る人でも安心してはじめられるように、
相談コーナーもあります。

他にも市民農園の利用者の講習会を行っているのです。
1区画は10平方メートルとそこまでは広くはないのですが、
野菜を作ってみると、色々な野菜を作ることができるのですよ。
市民菜園には水道や農具などがあり、使うことができます。

利用料:8500円/1年間
利用できる日:農業センターが空いている時間帯に利用可能
です。
毎年2月頃に募集がはじまります。

市民菜園は抽選により決定します。
応募方法など詳しいことは名古屋市農業センターまで
問い合わせてくださいね!

名古屋市農業センターdelaふぁーむの営業時間は?

開園時間:午前9時~午後4時半まで
休園日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は翌日に振替)
年末年始(12月29日~1月3日まで)

入園は無料となります。

名古屋市農業センターdelaふぁーむで開催されるイベント

名古屋市農業センターでは色々なイベントやお祭りが行われています。
2月~3月にかけて行われるのが“しだれ梅まつり”です。

11月に行われるのが、“農業センター秋の収穫祭”
秋の収穫祭では、朝市、青空市、野菜の収穫体験、
工作、クイズラリー、大道芸などが行われます。
その年によって内容が違うので確認してくださいね!

他にも、講習会や体験教室、セミナーなどが開催されています。
名古屋市農業センターのFacebookやTwitterでも色々と紹介されています。
もし、気になった人はチェックしてみてくださいね!

名古屋市農業センターdelaふぁーむはペットも同伴できる?

農業センターでは羊や牛などの家畜を育てています。
その為、ペットと一緒に入園することができなくなっています。
ペットを連れて行こうと考えていた人は注意してくださいね!
ペットを預かってくれる場所もないので、
連れて行かないようにしてください。

まとめ

梅は可愛らしい花を咲かせてくれます。
名古屋市農業センターでは700本もの
しだれ梅を見ることができるのです。
そこまで大きすぎる施設ではないので、
赤ちゃんや小さい子どもを連れてお散歩するにはピッタリの場所ですよ。

名古屋市農業センターにはオムツの交換場所や授乳室もあります。
安心して赤ちゃんや子どもを連れて遊びに行くことができるのです。
しだれ梅は間近で見ることができます。
手を伸ばしたら届いてしまうほど近くで見ることができるのです。
もちろん、触ったり、とったりしてはいけませんが、
子どもにしだれ梅の花を見せるいい機会ですよ。
お菓子やお弁当、レジャーシートを持ってしだれ梅まつりに行ってみてくださいね。
のんびりとした場所で、子どもと楽しむことができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする