庄川峡桜まつりの駐車場や日程は?子ども連れでの楽しみ方大公開!

スポンサードリンク

少しずつ暖かくなってきたかと思っていると、
突然寒い日がやってきますよね。
春はまだちょっと先のようですね。
暦の上での春“立春”はもうすぎましたが、
まだまだ寒い日が続いています。
早く暖かくなって満開の桜を見ながら花見をしたいですよね。

仕事仲間とする花見ももちろん楽しいのですが、
ちょっと気を使ったりしますよね。
そこで、今回は赤ちゃんや小さい子どもを連れて花見にいく
オススメのスポットを紹介したいのです。

富山県にある庄川水記念公園です。
庄川水記念公園では桜が咲く頃になると“庄川峡桜まつり”が行われるのです。
綺麗な桜を見ながら公園内をお散歩するのは楽しいですよ。
そして、庄川水記念公園には子どもが遊べる遊具もあるので、
もし花見に飽きてしまっても大丈夫なのです!
子どもと一緒に花見をしにいってみてください。

庄川峡桜まつりとは?

スポンサードリンク

富山県にある庄川水記念公園のあたりで開かれるお祭りです。
毎年4月頃に美しい桜を見ることができるのです。
ここの桜は富山県でも人気の花見スポットなのです。
そのために、庄川峡桜まつりには多くの人が集まってきます。
庄川水記念公園の周辺にある桜は9種類以上の桜があります。
そして、500本以上の桜が植えられているのです。
庄川峡桜まつりが行われる場所は、桜だけではなく、
山、川も一緒に美しい景色を楽しむことができるのです。

庄川峡桜まつりの駐車場はどこにある?

庄川水記念公園には駐車場があります。
300台ほどとめられます。
無料の駐車場なので、庄川峡桜まつりが行われている間は、
駐車場がすぐに満車になってしまいます。
庄川水記念公園の営業開始時間は9時からなので、
なるべく早く行くことをおすすめします。

庄川峡桜まつりのへのアクセス方法


庄川峡桜まつりが行われる場所は、
庄川水記念公園、船戸公園、遊歩道にて行われます。

住所:富山県砺波市庄川町金屋1550

庄川水記念公園へは車を利用していくと便利かもしれません。
バスは運行している本数も限られていて、
バスに乗っている時間も長いので、
赤ちゃんや小さい子どもを連れていくには、
ちょっと大変かもしれません。

車でのアクセス方法

北陸道自動車道、砺波ICにております。
そこから車で10分くらいで着きます。

電車やバスでのアクセス方法

JR城端線、砺波駅でおります。
砺波駅で砺波市営バスに乗ります。
35分くらいバスに乗ると、水記念公園前に着きます。
水記念公園前からすぐのところで
庄川峡桜まつりの会場があります。

庄川峡桜まつりの日程は?

庄川峡桜まつりは毎年4月上旬くらいに行われています。
2019年の日程は桜の開花時期によって違ってきます。
庄川水記念公園のHPで正式な日程が、
発表されるのを待ってくださいね!

ちなみに、これまでの庄川峡桜まつりが行われてきた日程は、
2018年4月1日~4月15日まで
2017年4月2日~4月16日まで
2016年4月3日~4月17日まで
2015年4月4日~4月12日まで
2014年4月5日~4月13日まで
2013年4月6日~4月21日まで
このような日程で庄川峡桜まつりが行われているのです。
2019年の日程が発表されるまでもう少し待ってくださいね。

庄川峡桜まつりの見どころは?ライトアップもある!

庄川峡桜まつりでは、色々な桜を見ることができます。
桜と一言でいっても種類がいっぱいあるのです。
カンザン(関山)
コシノヒガン(越の彼岸)
コヒガン(小彼岸)
ソメイヨシノ(染井古野)
タイハク(大白)
フゲンゾウ
ヨウコウ(陽光)
ウコン
エドヒガン(江戸彼岸)

庄川峡桜まつりではこれらの桜を見ることができますよ。
ゆっくりと庄川水記念公園のまわりを散歩して、
美しく咲き誇る桜を見て楽しんでくださいね!

庄川峡桜まつりが行われている間は、
夜になるとライトアップも行われます。
庄川と朱色の橋と桜がとても綺麗で、
ライトアップされることで、さらに妖艶な美しさがありますよ。
ライトアップは18時~22時まで行われます。

庄川峡桜まつりのイベント日程

庄川峡桜まつりは子ども連れでも楽しめるイベントが、
あります。
庄川峡桜まつりは桜を見るだけではありません。
他にも楽しめるイベントがあるのです。
子どもを連れて一緒にイベントに参加してみてくださいね!

庄川峡桜まつりで行われているイベントの一例です。
例えばこんなイベントが行われているのです。

足湯

桜を見るのにいっぱい歩くと足も疲れてきますよね。
そこで、オススメしたいのが、ウッドプラザにある足湯です。
足湯にゆっくり足を入れて、足の疲れを癒してくださいね!
子どもと一緒に足湯に入ってゆっくりするのもイチオシです。

足湯は無料で入れるので、是非入ってきてくださいね!
もし、昼間の暖かい時間帯なら足湯に入りながら、
名物のゆずソフトを食べてみてください。
ゆずの香りがするソフトは美味しいですよ。

チンドンさんとそぞろ歩き

チンドンさんたちと一緒に公園を歩いて桜を楽しむことができます。
ゆっくりと公園内を歩いていくのです。
子どもたちはチンドンさんの後に続いて
歩いていくのが楽しいみたいですよ。
ちょっと違った楽しみがあると、
子どもと一緒でも花見を楽しんでくれますよ。

ライブ

ライブが行われます。
もちろん観覧は無料ですよ。

茶席

ふれあいプラザにて茶席が用意されます。
身近にお茶を楽しむチャンスです。
お金は必要ですが、桜を楽しみながら、
お茶を飲むのも最高ですよ。

スタンプラリー

庄川水記念公園の中にいくつかスタンプスポットが設置されます。
スタンプスポットを回り、全部のスタンプを集めると、
オリジナルグッズがもらえるというものです。
子どもにとっては、ただ桜を見て散歩するよりは、
お楽しみがあった方がいいですよね。
スタンプを集める為に散歩するのは、
子どもにとっても楽しいことなのです。

ガラポンの抽選会

水記念公園ウッドプラザで買い物金額により
抽選券をもらえます。
豪華な景品がもらえるチャンスなので、
買い物をして抽選会に参加するのもオススメですよ。
景品は毎年違いますが、例えば…
庄川遊覧船無料乗船券、お食事券、
庄川温泉郷入浴券などです。

フォトコンテスト

庄川と桜などをテーマにしたフォトコンテストです。
美しい写真をとって、コンテストに応募してみてくださいね!

もちろん、その年によって行われるイベントは違います。
2019年のイベントについては、庄川峡桜まつりの詳細にてイベントを確認してくださいね。
子どもを連れて行っても楽しめるイベントです。
子どもと一緒に庄川峡桜まつりにいって楽しんでくださいね!

庄川峡桜まつりはベビーカーは使える?抱っこひもの方がいい?

赤ちゃんや小さい子どもと一緒に庄川峡桜まつりに行く場合は、
ベビーカーも持っていくといいでしょう。
公園内やその周辺を歩いてまわるのに、ベビーカーがあると便利です。
庄川水記念公園やその周辺に桜が咲いているので、
ある程度歩くことになります。
抱っこひもだけで歩き回るのは大変かもしれません。

場所によってはベビーカーだと多少不便と感じる場所もあるかもしれませんが、
基本的にはベビーカーを問題なく使えますよ。
抱っこひもとベビーカーの両方を持って、上手く使い分けてくださいね!

トイレやオムツ交換ができる場所を知っておこう!

トイレは公園内にいくつかあります。
ウッドプラザ内にもトイレがあります。

オムツ交換ができる屋外のトイレは、
ちびっこ広場にあるトイレしかありません。
オムツ交換ができるトイレは、
ウッドプラザ内のトイレです。
ウッドプラザ内のトイレは2016年に、
リニューアルされているので、綺麗なトイレですよ。

オムツ交換できる場所は限られているので、
どこにあるか場所を確認しておくといいでしょう。
トイレも公園内にはいくつかありますが、
庄川峡桜まつりが行われている間は人が多く、トイレも混雑します。
子どもを連れている場合には、
親が子どもに早めにトイレにいくように促してあげましょう。

庄川水記念公園には子どもが遊べる場所もある!

庄川水記念公園には子どもが遊べる広場があるのです。
場所がちょっとわかりにくいところにあるので、
はじめての人は気づかないかもしれません。
ウッドプラザがある裏の高台にちびっこ広場があるのです。

子どもが遊べる遊具がいくつかあります。
滑り台やロープ渡り、ロッククライミング、
はしごなどがあるのです。
そんなに大きなちびっこ広場ではないのですが、
子どもが遊びまわるにはピッタリです。

ちびっこ広場にあるトイレはこども用のトイレがあります。
もちろんオムツを交換できる場所もあります。

駐車場のすぐ横にもブランコがあります。
ブランコ以外の遊具はありませんが、
帰る前にブランコで子供と遊んでいくのもいいですよ。

赤ちゃんや小さい子どもを連れて庄川峡桜まつりに来るなら、
レジャーシートを持って、お菓子やお弁当をもってくるのもいいですよ。
レジャーシートを広げてお菓子を食べたり、お弁当を食べるのも楽しいですよ。

公園内にはレジャーシートを広げてゆっくりできる場所もあるので、
飲み物や食べ物、その他にも必要なものを持って遊びにいってくださいね!
特に小さい子どもを連れていく場合は、
普段から使いなれているマグなどに飲み物を入れて持っていくようにしましょう。
自販機でペットボトルの飲み物を買っても飲むことができないかもしれません。
子どもの飲み物やちょっと食べられるお菓子、ウエットティッシュやオムツなど、
最低限の必要なものは忘れないように持っていくようにしてください。
お菓子や飲み物があったら、子どもがグズってしまってもごまかせますよ。

庄川水記念公園には美術館や資料館もある!

庄川水記念公園は富山県の庄川沿いにある公園です。
そして、公園内には庄川特産館、庄川ウッドプラザ、
庄川ふれあいプラザ、松村外次郎記念庄川美術館、庄川水資料館があります。

庄川水記念公園には大きな噴水があります。
庄内水記念公園のシンボルともいえる噴水なのです。
噴水の高さは36mにものぼるのです。

鯉恋の宮では毎年、1月7日に金屋神明宮の氏子によって、
“厄払い鯉の放流”が行われます。
鯉に願いをかけて恋をかなえようと、恋のパワースポットとしても人気なのです。
鯉恋の宮には展望台があり、その展望台から見下ろす桜も綺麗ですよ。

庄川ウッドプラザでは伝統品や庄川の特産品などが、
展示&販売されているお店です。
お土産もここで買うことができますよ。
歩き疲れたらここにある足湯で足の疲れを癒してくださいね!

特産館では伝統工芸品の庄川挽物木地の、
展示&販売が行われているのです。
お祭り広場では、1年中色々なイベントが行われるのです。
気になるイベントがあったら是非足を運んでみてくださいね。

ちなみに、庄川水記念公園では1年中色々なイベントが行われているのです。
庄川峡桜まつりの桜が人気のスポットだけではないのですよ。
例えば…
チューリップの花びら足湯:4月
ウッドバザール:4月
KOI恋ウッドマルシェ:4月
庄川木工まつり:5月
庄川水まつり:8月
庄川なんでも市:10月
庄川ゆずまつり:11月
厄払い鯉の放流:1月
このようにイベントが行われているのです。
もちろん、その年によって行われているイベントが違うので、
詳しくはその年のイベントをチェックしてくださいね!

ふれあいプラザ

ふれあいプラザの中にあるカウンターからは遊歩道が見えます。
ふれあいプラザは展示や会議、セミナーなどに使うことができる施設です。

庄川美術館

庄川出身の彫刻家・松村外次郎氏の作品が多く展示されています。
他にも中村直人氏、熊谷守一氏、宮本三郎氏などの作品も展示されています。
開館時間:9時~18時まで
入館料:大人 210円
小学生&中学生&高校生 100円
休館日:火曜日、年末年始

庄川水資料館

庄川水資料館では、昭和の初期頃まで行われていた
流木作業の様子を知ることができます。
水の歴史や、庄川流域の資料などが紹介されているのです。
開館時間:9時~18時まで
入館料:大人 210円
小学生&中学生&高校生 100円
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始

まとめ

庄川水記念公園はのんびりと赤ちゃんや小さい子どもを連れて、
散歩するにはピッタリの場所です。
数は少ないですが、赤ちゃんのオムツを交換できる場所もあるので安心です。
庄川峡桜まつりが行われている間には、
イベントも色々と行われているので、子どもと一緒に参加してみてくださいね!
花見に飽きてしまっても子どもが遊べる遊具もあるので、
子どもがぐずりだしたら、ちびっこ広場にある遊具で遊ばせてあげてくださいね!
庄川水記念公園に咲く綺麗な桜を是非見てくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする