赤ちゃんに除湿器は必要?赤ちゃんの身体に優しい空間を保つコツ!

スポンサードリンク

雨がよく降る梅雨の季節は、部屋がジメジメとして、
大人も不快なものですが、赤ちゃんがいるとき、
除湿機は必要なのでしょうか?
今回は赤ちゃんが梅雨時期を快適に過ごすために、
赤ちゃんに優しい空間の保ち方を調べてみました。

赤ちゃんが梅雨時期も快適に過ごせる室温は?

スポンサードリンク

まず、赤ちゃんにとって快適な温度と湿度は、
どれくらいなのか?ということですが、
季節に関係なく、湿度は40~60%が赤ちゃんにとって快適です。
梅雨~夏の時期の室温は、26~28℃が適温です。

赤ちゃんは、体温調節を自分でするのが難しく、
また汗っかきです。
大人がちょうど良いと感じていても、赤ちゃんにとっては、
違うこともありますから、室温と湿度、両方に注意してあげましょう。

赤ちゃんの居るお家にはエアコンが必須です。
でもエアコンの掃除ってちゃんとしていますか?
一年使ったエアコンにはホコリやウイルスがわんさかいます!
そこを通って出てくる風は涼しいけれど赤ちゃんにとって危険がいっぱいですよ。
家のエアコンには自動洗浄機能が付いているから安心!は本当でしょうか?
エアコンの掃除には意味がないと思っている方は是非コチラの記事も
読んで下さいね。
エアコンの掃除には意味がない?安全な涼しさを届けるために大事なこと!

赤ちゃんが快適に過ごせるようにするための工夫

次に赤ちゃんが快適に過ごすための工夫をいくつかご紹介します。

温湿度計
赤ちゃんの近くに温度と湿度が測れる温湿度計を置いておけば、
ひと目で分かります。
アナログのものとデジタルがありますが、
デジタル表示の方がわかりやすいですね。

エアコン
湿度を調節するには除湿機、という方法もありますが、
エアコンの除湿・ドライ機能を使う方法もあります。
わざわざ除湿機を買わなくても、エアコンがあるならそれで十分です。
エアコンの設定温度に注意して、部屋が冷えすぎないように気を付けましょう。
外気温と室温の差が5℃以内になるのが良いですよ。
2~3時間おきに、部屋の空気を入れ替えるための換気も心がけてください。

スリーパー
エアコンの除湿・ドライ機能を使う場合、
エアコンからは冷たい空気が出るので、冷えが気になる場合は、
スリーパーを着せてあげましょう。
スリーパーというと冬のイメージがありますが、
ガーゼ素材なら通気性が良いのでムレにくく、冷えも防いでくれるのでオススメです。

梅雨の時期はカビ対策にも気を付けてください。
カビはアレルギーのもとにもなってしまうので、
窓の結露などの水分はなるべく早く拭きとり、
晴れた日には換気をするのがよいですよ。

梅雨時期の子供の服装は脱ぎ着がしやすい服装で蒸れないものを

ジメジメ、ムシムシとする梅雨の季節。
蒸し暑いのに、少し肌寒い…ということもあります。
また、子どもは汗っかきです。
汗をかいて服が汗を吸っても、部屋がジメジメしていれば、
服が濡れたままになって、風邪をひいたり、
あせもができたりしてしまいます。

服の素材も、ムレにくい通気性の良い素材のものを、
選んであげるといいですね。
通気性が良い素材は天竺、ガーゼ、フライス、メッシュです。
ボディタイプの肌着だと、お腹が出ずに冷えからも守ってくれます。

湿気が多くて蒸し暑い梅雨の時期は、赤ちゃんが汗をかいたら、
こまめに着替えさせてあげることも大切です。
着替えさせるのも、回数が多いとなかなかの手間ですよね。
スリーパーやカーディガン、パーカー、レッグウォーマー、
といったアイテムを使うと、調節がしやすいのでオススメです。

汗取りパッドを使うのもオススメです。
赤ちゃんの背中と肌着の中にいれて、汗をかいたら抜き取れるスグレモノ。
服を脱がせる必要がないというのがとってもありがたいですね。

赤ちゃんは、手足を冷たくすることで体温調節をしています。
赤ちゃんに靴下を履かせると、体に熱がこもってしまうので、
靴下は履かせず裸足でOKです。

まとめ

ジメジメとした梅雨の時期は大人でもイヤなものですよね。
赤ちゃんが快適に過ごすポイントと、服装のポイントをご紹介しました。
暑いかな?寒いかな?と気になったときは、
赤ちゃんの背中やお腹を触ってチェックしてみてください。
上で紹介したものを参考に、赤ちゃんとの楽しい時間を過ごして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする