電車は子供料金でいつまで乗れる?運賃のルールを再確認!

スポンサードリンク

子どもと一緒に電車やバスに乗っていると、
子ども料金はいつまで?と疑問に思うことがありますよね。
電車やバスの子ども料金について、案外知らないもの。
そこで今回は、電車やバスの子供料金はいつまでなのか?
運賃のルールについて調べてみました。
その時になって焦らなくても良いように確認しておきましょう。

電車の子供料金はいつから?小学生からがこども?

スポンサードリンク

そもそも電車の子供料金はいつから必要になるのでしょうか?

JRを例に挙げると、運賃は「おとな」と「こども」に分かれています。
おとなとこどもの区分は下のようになっています。

おとな 12歳以上(中学生以上)
こども 6歳~12歳未満(小学生)
幼児 1歳~6歳未満
乳児 1歳未満

小学校に入学する前の「幼児」と「乳児」は、
基本的に乗車券は必要ないですが、
次の場合は「こども」の切符を買う必要があります。
★「おとな」または「こども」1人に同伴する「幼児」が3人以上の場合
大人1人につき、こども2人までは無料で乗車することができますが、
3人目からは「こども」の切符が必要になります。
★「幼児」「乳児」が1人で指定席やグリーン席(自由席グリーン車は除く)、
寝台等を利用する場合
幼児や乳児であっても、特急列車や指定席で座席を利用する場合は、
料金を払う必要があります。
大人の膝の上であれば、料金はかかりません。
★旅行等「幼児」が単独で乗車する場合

6~12歳の「こども」は「おとな」の料金の半額になります。
大人料金の半額にすると、端数が出ることがありますよね。
この端数の処理については、電車やバスの会社によって違います。
10円未満は切り上げ、5円以下は切り捨て、単位未満は四捨五入・・・などあるので、
利用する会社がどうなっているかを確認してくとよいでしょう。

ただ、気を付けたいのが、切符を購入するのと、ICカードを利用するのとでは、
端数の処理の仕方が違うために、運賃が変わることがあります。
JRですと、切符でのこども料金は5円以下は切り捨てですが、
ICカードでは1円以下が切り捨て、となっています。
数円の差ですが、その数円が気になることだってありますよね。
事前に確認しておくと安心ですね。

電車に乗るために改札を通るとき、駅員さんが見ていますよね。
子ども料金の切符のときは改札のランプがつくようになっているのを知っていますか?
JRだと「ピヨピヨ」と音が鳴るようにもなっています。
改札のランプと音、そして駅員さんの目でしっかりと見られていますよ。

乳幼児は料金がいらないので、気軽に電車に乗れますが、グズったらどうしようという
心配はつきものですよね。
せっかくの楽しいお出掛けも、電車内でぐずられると周りのお客さんの目も気になります。
そこで、電車でぐずった時の対処法をまとめましたので参考にして下さい。

電車に子供料金で乗るとバレる?バレたらどうなるの?

電車やバスの運賃は中学生から大人料金になります。
ですが、バレないだろうと思って子ども料金で乗車していませんか?

上にも書いたとおり、子ども料金の切符で通ろうとすると、
ランプや音、そして人の目でしっかりと見られています。
小学生には見えないのに、子ども料金で通ろうとすると、
声をかけられることがあります。
駅員さんが見ていなくても、私服の警備員が近くで見ていることもあります。

小学生でないのに、子ども料金の切符だとバレたらどうなるのでしょうか?

中学生以上なのに子ども料金で乗車するのは、
「不正乗車」で「詐欺罪」にあたります。
不正乗車がバレたときの対応は人によって差があるようです。

★その場で怒られて、不足分の料金を払った
★正規料金の3倍の料金を払った上で、親や学校に連絡がいった
★警察署に保護者とともに呼び出され、事情聴取を受け、始末書を書かされた
★交番に連行され、書類を書かされ、写真と指紋をとられた

不正乗車はれっきとした犯罪ですから、バレれば厳しい処罰を受けることになります。
中学生以上なのに、子ども料金で乗車するのは犯罪行為であることを、
しっかり認識しておかなくてはいけません。

まとめ

電車やバスの子ども料金については、運営会社によってルールが変わります。
子どもの人数や年齢、利用する電車の種類(特急列車や指定席など)を踏まえて、
事前に確認してからいくのが安心ですね。

また、不正乗車は犯罪ですから絶対にやめましょう。
電車やバスには、青春18きっぷや回数券、乗り放題きっぷなどお得なきっぷがあります。
そういったきっぷを利用すれば、少し安くなりますから、
そういったお得な切符も利用しながら電車やバスを使ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする