踏切を子供が好きな理由は?電車や踏切好きになる子供の傾向!

スポンサードリンク

男の子って、どうして電車や踏切好きな子が多いのでしょうか?
鉄道ファンの子どもを「子鉄」とか、
踏切好きの人を「フミキリスト」とか、
乗り鉄、音鉄、撮り鉄、ママ鉄なんて言葉も。

子鉄が喜ぶスポット、リニア鉄道館について別記事で書いています。
お出掛けの前には是非チェックしていってくださいね。

ママにとって電車とは、単なる公共交通機関、
乗り物のひとつ、くらいにしか思えず、
電車の何が面白いんだろう、と感じる人も少なくないです。

私の子どもも、男の子なのですが、歩き始める前から
電車や踏切が大好きで、どこかへ出かけても必ず踏切があると
しばらく眺める時間が必要なので、かなり時間に余裕をもって出掛けています。

ママとしてはチャッチャと用事を済まして帰りたいのに、
なかなかそうはいかないですよね。

でも、子供が電車が好き、踏切が好きというのには、
ちゃんと理由があったのです。
しかも、鉄道好きは親の関わり方次第で、
子どもの知性を伸ばすことができるのですよ!

電車や踏切好きに男の子が多い理由は?

スポンサードリンク

男性脳はシステマティックなものが好きです。
赤ちゃんはそもそも、動くものにとても興味を惹かれます。
そして、男の子は胎児の時に男性ホルモンの一種である
「テストステロン」を多く浴びます。
テストステロンの量が多いとシステム化が得意な脳になります。
電車は特に規則的な動きをするシステマティックなものなので、
男の子が好きになりやすいのです。

また、男の子の方がモノの名前をたくさん覚えたり、
ものを集めたりする「所有欲」が強いとも言われています。
電車は、色や形、路線、年代によって様々で、
おもちゃもたくさんあるので、男の子の所有欲を刺激しやすいのでしょう。

鉄道は身近にあって楽しみ方は様々
電車は私たちの生活の身近な乗り物です。
ただ電車好きと一口に言っても、その楽しみ方は人によって様々です。
電車に乗ることを楽しむ乗り鉄、写真を撮る撮り鉄、車両に興味を持つ車両鉄、
アナウンスや発車メロディーが好きな音鉄、踏切が好きなフミキリスト・・・などなど。
電車には興味をひく要素がたくさんあるのも、
男の子が鉄道好きになる理由のひとつでしょう。

乗り鉄になった場合、できればあちこち連れて行ってあげたいですよね。
でも電車賃も気になるところ、そこでいつから子供料金が必要で、
いつまではいらないか、不正運賃で乗っていることがバレたらどうなる?など、
まとめておきましたので、チェックしてから出掛けるようにして下さいね。
子供運賃でいつまで乗れる?運賃の約束事を再確認!

踏切や電車が大好きな子供に親がしてあげるべきこととは?

子どもと一緒に夢中になってみる!

子どもは好奇心旺盛で、知識をどんどん吸収していきます。
せっかく芽生えた子どもの好奇心を伸ばしていくには、
子どもの「好きなこと」を大切にしてあげましょう。
なにかに夢中になることがとても大事で、
親が求めるものと違っていても、子どもの好奇心をさえぎってはいけません。

ママにとっては、電車や踏切といったものは未知の世界です。
何が面白いの、と思うこともあります。
しかし、子どもが興味を示したものに、ママが無関心であると、
子どもの興味もそこで止まってしまいます。
「電車は速いね。これは◯◯線の特急だね。」
「◯◯くんの好きな踏切だね。どんな音がするかな。」
といったように、親がきちんと応えることが大切なのです。

仕方ないから付き合ってあげよう、ではなく、
ママも一緒に夢中になってみる。
子どもと一緒にママも夢中になることは、
子どもの発達をうながすだけでなく、親子関係にも良い影響を与えてくれますよ。

私も初めは電車なんて全く興味がなかったのに、今では一番見たいものは
「はやぶさとこまちの連結部分」になってしまいました・・・。笑

親の声かけと意識づけで知的能力を伸ばせる!

電車は実生活と結びつけやすく、親の声かけや意識づけの仕方によって、
子どもの能力を伸ばすことができます。

★違いを認識する力
認識力は、ものの形や数、色の違いを認識し理解する力で、
何かを学ぶときの基礎となります。
電車はそれぞれ名前が違いますし、路線などによって、
車両の形や色も微妙に違います。
その違いを見分けるのが認識力につながるのです。
外で本物の電車が走るのを見る、そして家に帰って、
おもちゃや本を通して本物の電車を思い浮かべる。
現実とおもちゃがつながることで、認識力はさらにのびます。

★知性を働かせ記憶する力
電車に関する知識は様々です。
駅名、路線、車両の名前など覚えることがたくさんあります。
覚えたことがそのまま役立つ、というよりは、
「知性を働かせて記憶する」という力が養われます。
それは将来、勉強をする上で大きな力になります。

★距離や時間の感覚を身につける力
電車に乗り慣れている子は、距離や時間の感覚が身につくのが早い、
とも言われます。
路線図を見て距離感を想像したり、駅の数や乗車時間など、
実際に体感していることが役に立つのでしょう。
ホームの数字や、時刻表、列車の案内板などから、
数字も覚えていく子も多いですね。

まとめ

電車や踏切を見てたって、なんの役にもたたない、
ということはありません。
むしろ、電車や踏切など鉄道には、
子どもの成長をうながすポイントがたくさんあります。

また、子どもの頃に夢中になったことというのがきっかけとなって、
将来の職業にもつながっていきます。
どんなことに興味をもつのか、何に夢中になるのか、
というのはとても大切なことです。

お子さんの、電車好き、踏切好きを否定しないで、
むしろ一緒になって楽しんでみてください。
ママが一緒になって楽しんでくれるというのが、
子どもにとっては一番ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする