カーネーションを折り紙で 幼児でも作れる母感激のプレゼント!

スポンサードリンク

母の日と言えばカーネーションですよね。
生のお花も嬉しいですが、子供と折り紙で作ってみるのはどうでしょう。
たとえ綺麗に折れなくても、子供が一生懸命に折ったカーネーションは、
ひときわ綺麗に感じると思いますよ。
そこで今回は、幼児でも折り紙で簡単に作れるカーネーションの作り方をご紹介します。

カーネーションを折り紙で 幼児も作れる作り方!

スポンサードリンク

ハサミを使わない折り方

まずは、ハサミを使わない折り紙で作るカーネーションの作り方です。
折り紙とノリで作れます。

いくつかパーツを作って、最後にくっつけるので、
折るのが難しければノリを付けるだけ作業を手伝ってもらったりして
子供と協力して作ると楽しいですよ。
すごく簡単な作業でも子供は「自分がやった」というところがあると、
満足して喜びますよね。
親子で思い出に残ること間違いなしですよ。

動画は手や紙の動きが見られるので、
少し難しい折り紙でも分かりやすいです。
ゆっくりやれば、ちゃんと作ることができますよ。

折り紙も、普通の紙だけではなく、
和紙など紙を変えて作ってみても面白いですね。
小さくて作りづらいという時は、
大きいサイズにして作ってみるとやりやすいでしょう。

ハサミを使ってよりリアルなカーネーションに!

もう一つは少しハサミを使う作業がある折り方です。
花びらの部分を切り取ることで、よりリアルにカーネーションを
再現できますね。


割とハサミの作業が細かいので、子供がやる場合は、
十分注意してみてあげてくださいね。

今回ご紹介した折り方は、画用紙に貼ったり出来るよう、
どちらも平面にしました。
お世話になった方へ、似顔絵の周りにカーネーションを
貼り付けたりすると、とても素敵なプレゼントになりますよ。

折り紙のカーネーションでも色には要注意!

せっかく折り紙でカーネーションを作れるようになったら、
色んな色で作りたくなりますよね。
でも、カーネーションの色には意味があって、中には注意した方が
良い色もあるんです。
それは「白」です。
白って花束でもアクセントになるし、ついつい選んでしまいがちなのですが、
白色のカーネーションは亡くなったお母さんへ贈るものとされています。
ですから元気な方へのプレゼントとして白色のカーネーションを贈るのは
避けましょう。

まとめ

今回は幼児でも作れる簡単な平面のカーネーションの作り方を紹介しました。
出来上がったらおじいちゃんやおばあちゃんにあげててもいいですよね。
孫が作ってくれた!と大喜び間違いなしですよ。

子供と一緒に折り紙で作って素敵な母の日を迎えて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする