青柏祭2019の日程や駐車場!日本最大の曳山行事を子どもと楽しもう!

スポンサードリンク

今年のGWは10連休になると話題になっていますよね。
そこで、ちょっと遠出してみませんか?
毎年15万人もの人が楽しみにやってくるお祭りがあるのです。
それは石川県の七尾市で行われる青柏祭です。
地元から出ていってしまった若者たちでも、
青柏祭の時には地元へ帰ってくる人がいると言われるほど、
青柏祭は七尾市の人たちにとっても大切なお祭りなのです。
七尾市の人たちが大切に守ってきたお祭りを、
これからの時代に残していく為にも、
若い人たちがお祭りに参加することには意味があるのです。
そんな青柏祭へ行ってみませんか?
大きな山車が見られるのが特徴で、
その大きさに初めて見る人は、言葉を失ってしまうかもしれませんね。
子どもと一緒に青柏祭にいって、GWの楽しい思い出を作ってみませんか?

青柏祭2019の日程や場所は?

青柏祭は毎年5月3日~5月5日まで行われるお祭りです。
今年2019年は、5月3日(金曜日)~5月5日(日曜日)
まで行われます。

場所は、石川県七尾市にある大地主神社、七尾市内にて行われます。
住所:石川県七尾市山王町1-13

青柏祭2019の曳山行事スケジュール

スポンサードリンク

5月1日 むしろ山

むしろ山とは骨組みが出来上がり、
むしろをかけたままの状態のでか山を試しに動かすことです。
まだ試しの状態なので、でか山には飾り付けも幕もありません。
このむしろ山を行うことでお祭りが近づいている、
という感覚になるそうですよ。
青柏祭が楽しみになってくるのがこのむしろ山なのです。
青柏祭ででか山を動かすことは、簡単なことではないことが、
これらの行動からも分かるのです。
お客様も多く、でか山の大きさから何かトラブルが起きてからでは大変です。
お祭りが無事に行われるようにと念入りに点検なども行われるのですよ。

5月2日 人形見

でか山に飾られる人形を民家や会館などに飾ることで、
人形のお披露目をするのです。
人形宿と呼ばれて、一晩人形を見ることができるのです。
人形はただ飾られるだけではなく、花や盆栽などが飾られたり、
鯛や赤飯などが一緒に備えられます。
一般のお宅でも人形宿になることができるのです。

人形宿を引き受けることは、
名誉あることだと言われているのです。
それくらい、青柏祭は地域の人たちの生活の中に溶け込んでいるのですよ。
実は、人形は見るだけではないのです。
人形宿を巡り、人形を見ることで、
日々の生活の中に生まれてしまった罪が、
人形に移るとされているのです。
そして、人形がでか山に飾られることで、
清祓いがされると言われているのです。

5月3日 宵山

青柏祭のはじまりを意味します。
鍛冶町のでか山を奉納するために、引いて移動していくのです。
木遣りの人たちが木遣り台にのぼり準備を始めます。
でか山が引かれて動き始めると青柏祭の始まりです。
でか山は深夜の0時頃に大地主神社の境内に奉納されるのです。

毎年、青柏祭のでか山を一目見ようと、
多くのお客さんが集まってくるといいます。
その為に、でか山を引く人たちは、
周りに危険が及ばないようにと気を配りながら
お祭りを進めていくのです。
もちろん、お祭りを見に行った人たちの配慮も大切になります。
でか山を近くで見たい気持ちも分かりますが、
事故が起きてからでは意味がありません。
お祭りが安全に行われるように、
お祭りを見に行った人たちも気をつける必要がありますね。

5月4日 朝山

深夜1時頃、花火があがります。
この花火が合図となり、府中町からでか山が移動していくのです。
深夜から移動していったでか山は、
明け方には大地主神社へ奉納されます。

夜中にでか山を引いていくのも大変です。
昼間よりも神経を使いながらでか山を動かしていくのです。
灯りがあるとはいっても、夜であることには変りません。
周りの安全を確保しながらでか山は深夜の街を移動していくのですよ。

5月4日 本山

朝8時頃、魚町からでか山が移動していきます。
昼間に見るでか山は迫力があります。
多くの人がこのでか山を一目見ようと集まってくるのです。

5月4日 本祭

5月4日の昼頃には3基のでか山が大地主神社に集まります。
ここで、青柏祭奉幣の儀式が行われるのです。
大地主神社での神事が一通り終わると、
次は地元の人たちのお祭りになります。
これが“でか山禯”と呼ばれるものです。
お祭りを楽しみながらそれぞれのでか山が、
自分たちの町へと帰っていくのです。

5月4日 送り山

鍛冶町では、魚町のでか山、府中町のでか山を見送ります。
そして、最後に鍛冶町のでか山が帰っていくのです。
この見送りを“送り山”と呼ぶのです。

5月5日 裏山

青柏祭の最後の日になります。
でか山が3基そろって、七尾市街地西方面に集まってくるのです。
朝早くからでか山が移動していくのです。
3基が揃うのは七尾駅前方面に向かった交差点の辺りです。
3基揃ってでか山を見ることができるのは、
限られた日時とポイントのみです。
気になる人は青柏祭のでか山のルートをチェックしてみてくださいね!

午後4時頃になると、でか山はそれぞれの町へと帰っていくのです。
それぞれの町に戻り、“曳き込み唄”がはじまると、
でか山の見納めになります。
また1年間でか山を見ることができないのです。
楽しかった青柏祭も終わりを迎えます。
最後はお祭りの関係者だけではなく、
お客さんなどお祭りに着た人たち全員で七尾まだらを歌うのです。
この歌がお祭りの終わりを意味するのです。

七尾まだら
~目出度 目出度の若松様よ
枝も栄える 葉も茂る~

七尾まだらは手拍子をしながら歌われる歌なのです。
お祭りや宴の席、催事などの席にて歌われてきた歌なのですよ。

青柏祭の駐車場や交通規制は?

青柏祭が行われる間は、
金沢駅から臨時の快速列車が運行されます。
道路も交通規制が行われるので、渋滞も起こります。
青柏祭には公共交通機関を利用するように呼び掛けられているのですが、
車で来る人も多いのです。

交通規制が行われる通りは、お祭りのメインの通りとなる、
七尾駅から府中町にかけておこなわれます。
そして、他にも交通規制が行われます。
車が通れない道がいくつもあるので気をつけてくださいね。
詳しくは青柏祭の公式のHPにてチェックしてください。
お祭りの日にちで交通規制が行われる道も違うので注意が必要です。

青柏祭に無料駐車場はある?

青柏祭が行われている間は、七尾港や七尾市役所周辺などに、
臨時の駐車場が用意されるのです。
毎年1500台ほどがとめられる駐車場が用意されます。
詳しい駐車場の場所は青柏祭のHPにてチェックしてください。
臨時駐車場は無料にて利用することができるのでどこも混雑します。
いくつか駐車場を把握してから、お出かけしてくださいね!

青柏祭に近い駐車場や穴場の駐車場は?

青柏祭が行われている間は駐車場がどこも混雑します。
少しでも混雑を避けたい場合は、
“パトリア駐車場”に車をとめるといいでしょう。
ここは七尾駅から歩いて1分ほどの場所にあります。
500台がとめられる大きい駐車場なので、
穴場ではないのですが車をとめられる可能性が高いでしょう。
駐車料金:3時間まで無料
3時間以降は300円/1時間、それ以降は150円/30分

5月4日の夜にでか山を見たいという人は、
24時間営業している駐車場を利用しましょう。
“ミナクル駐車場”は24時間利用できる駐車場です。
駐車場には100台ほどの車がとめられます。
ミナクル駐車場は普段は、商業施設と公共施設の駐車場となっています。
駐車料金:3時間無料

青柏祭へのアクセス

車の場合

能越道七尾城山ICにております。
そこから車で10分ほどで着きます。

電車の場合

JR七尾線に乗ります。
七尾駅にております。
七尾駅から歩いて10分程度で着きます。

青柏祭2019の見どころは?でか山って?

でか山と呼ばれているのは山車のことです。
青柏祭では大きな山車が3台、奉納されるのです。
でか山の大きさはとても大きく、高さが12mほどあります。
そして、長さも13mほどあり、横幅も4.5mほどあるのです。
車輪の大きさは2mもの大きさがあるのですよ。
でか山の重さは20tほどになるそうです。
この巨大なでか山をかけ声をかけて移動していくのです。
かけ声があるのですが、それがちょっと聞きなれないかけ声なのです。
かけ声は“エンヤ、エンヤ”というかけ声なのですよ。
大きなでか山が移動していく姿は迫力があります。
見ているだけでも楽しいですよ。
3つの町からでるでか山には、それぞれ“山紋”があるのです。
魚町:丸に二つ引き
府中町:右三つ巴
鍛冶町:丸に山の字

でか山には、進む方向を決めるカジもなければ、
ブレーキなどもありません。
でか山を進めていくのには、
昔からの知恵と経験が受け継がれてきているのです。
これがなければでか山を動かすことができないほどなのですよ。
お祭りと一言でいっても、それを守っていく為には、
多くの人たちの努力が必要なのです。
歴史あるお祭りであればあるほど、
それを受け継いでいってくれる人たちの存在が必要なのです。
言葉だけではなく、行動して、お祭りを行っていけるように、
地元の人たちの心も大切なのです。
これからも歴史ある青柏祭を次の時代へと
受け継いで残していってほしいですね。

青柏祭の見どころは、でか山が3基とも集まったときも
見ごたえ抜群ですよ。
3基揃うタイミングはいくつかあります。
4日のお昼すぎくらいに、神事が行われるために大地主神社に集まるのです。
他にも、5日には11時過ぎから14時頃まで、
七尾駅前にある御祓川大通りで3基揃って見ることができますよ。
あまりに大きいでか山なので3基揃うと迫力がありますよ。
多くの人がでか山が3基揃うところを見たくて集まってくるのです。
でか山の飾り付けはそれぞれ違います。
もちろん、毎年内容が少しずつ変えられているのですよ。
毎年、題目が決められていて、それにあった舞台の場面が作られているのです。
毎年違った姿を見せてくれるでか山を見るのも楽しいですよ。
青柏祭ではでか山に乗って唄ってくれる人や、
子ども達による踊りなどもあります。
子ども達が躍る姿は可愛いですよ。
見どころがいっぱいある青柏祭を楽しんでくださいね。

でか山を動かすことに参加できる!?

青柏祭ではでか山を一緒に動かすことができるのです。
法被を着た男の人たちに混じって、お客さんたちも一緒に、
でか山の綱を引っ張って動かすことができるのです。
もちろん子どもたちも一緒に参加できるので、
でか山を見に行ったらでか山を一緒に動かしてみましょう。
一つ、注意したいのは縄を引くのは大変です。
素手で縄を引っ張ってしまうと手をケガすることもあります。
軍手を忘れないようにしましょう。
お祭りは見るもの楽しいですが、一緒に参加することで、
もっと楽しむことができますよ。
子どもと一緒に青柏祭のお祭りに行った記念に参加してみてくださいね!
一緒に参加するのに予約などは特に必要ありません。
お祭りを盛り上げている地元の人たちと一緒に、
でか山を引っ張ってお祭りを楽しんでくださいね。
軍手も必要だと伝えましたが、靴にも気をつけてくださいね。
でか山の綱を一緒に引っ張る場合には、
スニーカーなどの歩きやすい靴で行くようにしましょう。
ピンヒールなどの靴を履いてきてしまうと、
足がもつれてしまいコケて怪我をしてしまうこともあります。
お祭りに参加している周りの人たちも
一緒に巻き込んでしまう可能性もあります。
お祭りに一緒に参加する場合には歩きやすい靴を履いていきましょう。
子どもにも履きなれたスニーカーなどを履かせてあげてくださいね。
お祭りに行くといってもいっぱい歩くことにもなります。
青柏祭へ一緒に参加することを考えると、
怪我をしてしまってはお祭りも楽しむことができませんよね。
足元の美しさを気にする人もいますが、
それよりも子どもと一緒に楽しめる靴を履いていってくださいね!

青柏祭の曳山行事では木遣りがあげられる!

でか山を動かすために必要になってくるのが“木遣り”です。
きやりと読みます。
これは、でか山の方向を変える為に木遣りが必要なのです。
木遣りの台にのぼる為には、お祭りが行われるまで、
稽古が何日も続けられるのです。
それくらい木遣りの台にのぼることは大変なことなのです。
でか山を見に行ったら、木遣りの台に乗っている人たちにも注目してみてくださいね。
この人たちがいるからこそ、でか山を動かしていくことができるのですよ。

青柏祭のでか山の辻回しは必見!よく見えるスポットは?

でか山の辻(つじ)回しも迫力があり、
お祭りの中でも是非見ておきたいポイントなのです。
でか山はただまっすぐに引っ張って進んでいくだけではないのです。
七尾市の街の中には狭い道路や看板などがあり、
でか山が通るにはスレスレの場所があります。
そして、進行方向を変えることが必要な場所もいくつもあるのです。
でか山は長さが13mほどあるので、方向を変えるのも一苦労なのです。
でか山の方向を変えるためには、大梃子(おおてこ)と呼ばれる道具を使って、
でか山の前の車輪を浮かせるのです。
そして、地車(じぐるま)と呼ばれるものを入れて進む方向を変えていくのです。
辻回しには昔から引き継がれてきた技術が必要になります。
大きな掛け声をかけることで、息を合わせて辻回しを行うのです。
この迫力ある辻回しを見るのも楽しいですよ。
お客さんたちの歓声もあり、お祭りの雰囲気が高まっていく瞬間なのです。

青柏祭では花火もあげられる!

青柏祭では花火があがるのです。
この花火はでか山が出発する合図にもなっているのです。
5月3日の21時半頃に1回目の花火があがります。
これは鍛冶町からでか山が出発する合図なのです。

5月4日の深夜1時頃に2回目の花火があがります。
この花火は府中町からでか山が出発する合図なのですよ。

花火は5分間ほどあがります。
しかし、1つだけ注意したいことがあります。
青柏祭は雨でも行われますが、花火は雨の場合は中止になるのです。
その為、青柏祭で必ず花火が見られるわけではないのですよ。
GWの期間に花火を見られるのは全国でも少ないのです。
青柏祭に行ったら、綺麗な花火も見て来てくださいね!

青柏祭の花火がよく見えるスポットは?

5月3日21時半頃、鍛冶町にて花火があがります。
5月4日深夜1時頃、府中町にて花火があがります。
注意したいのは、魚町では花火の合図がありません。
花火を見るなら、鍛冶町か府中町に行って見てくださいね。
あくまでも花火による合図なので、アッという間に終わってしまいますよ。
花火大会のような長い時間花火があがるわけではないので気をつけてくださいね。

青柏祭の由来や歴史は?

青柏祭は国の重要無形民俗文化財にも指定されているお祭りなのです。
青柏祭は農作業や外での仕事など、季節の変わり目とされる頃に、
行われてきたお祭りです。
神様と人々が交わり合い、能登路の春に彩を添えてくれるお祭りなのです。
青柏祭と呼ばれている理由は、神様へのお供え物を青柏にもって、
お供えしたことから青柏祭と言われているのです。
大地主神社へそれぞれの山町から3台のでか山が奉納されるのです。
青柏祭のはじまりは、中世能登守護職、
畠山義統の時代から行われていると言われているのです。

青柏祭に屋台はでる?

青柏祭には屋台もあります。
たくさんの屋台が並びますよ。
何を食べようか迷ってかもしれませんね。
青柏祭の屋台でいつも人気なのがベビーカステラの屋台なのです。
倉田商店さんが行っている屋台なのですが、
ここのカステラが美味しいと人気なのですよ。
いつ行っても行列ができているほどなのです。
気になった人は是非、
倉田商店さんのベビーカステラを食べてみてくださいね!
<center.

屋台とはちがうのですが、
この青柏祭が行われる時期にしか作られないお菓子があるのです。
それが“長まし”と呼ばれる和菓子です。
小判のような形をした饅頭のようなものです。
長ましのお菓子は七尾国畠山氏の頃から作られていたものです。
お祭りを楽しむ1つとして、長ましも食べてみてくださいね。

青柏祭では能登食祭市場が楽しい!

能登食祭市場は道の駅です。
住所:石川県七尾市府中町員外13-1
営業時間:8時半~18時まで
ここでは、
見る&食べる&買う
ことができる市場となっています。
能登の魅力を知るにはこの能登食祭市場にいくといいでしょう。
ここでしか手に入らない特産品も買うことができるのです。
もちろん、海の幸を味わうのもいいでしょう。
生鮮市場もあるので、新鮮な魚を買うこともできますよ。
青柏祭を楽しんだ後は、能登食祭市場でお土産を
買って帰るのもいいかもしれませんね。

青柏祭のトイレやオムツ交換の場所は?

青柏祭では、トイレの場所も何か所もあります。
しかし、お祭りに来る人も多いのでどこのトイレも混雑してしまいます。
小さい子どもを連れていく場合は、
早めにトイレに行くように促してあげてくださいね。
青柏祭のトイレの場所は公式HPの運行図などに載っています。
例えば、

  • JR七尾駅
  • 花嫁のれん館
  • 七尾商工会議所
  • 七尾マリンパーク
  • 漁村センター
  • 大地主神社
  • 石川県能登中部保健福祉センター

などです。
もちろんこれらの場所以外にもトイレはありますよ。

オムツ交換ができるトイレももちろんあります。
しかし、オムツが交換できるトイレは、
1つの場所に1か所だったりと数が少ないのです。
オムツ交換の場所は混雑が予想されます。
お祭りにでかける前にオムツを交換して出かけるようにしてくださいね。
車で出かけた場合は駐車場にとめてから、
車の中でオムツを交換してからお祭りに行くといいでしょう。

青柏祭が開催される七尾市周辺の観光スポットは?

青柏祭は毎年GWにお祭りが行われます。
その為に、石川県の県外かもお客さんが多く集まってくるのです。
青柏祭を楽しんだ後は、七尾市にある観光スポットにも
足を運んでみてくださいね!
家族と素敵なGWの思い出を作ってください。
オススメの観光スポットは…

のとじま水族館

住所:石川県七尾市能登島曲町15-40
営業時間:9時~16時半
料金:一般 1850円、中学生以下 510円
その他、団体割引などあります。
詳しくは公式のHPにてチェックしてください。
のとじま水族館では色々な魚や生き物をゆっくりと見ることができるのです。
小さい子どもを連れていっても楽しめる水族館ですよ。
オオサンショウウオを近くで見ることができたりするのです。
展示されている生き物が近くで見れるように工夫されているのです。
イルカショーも行われていますよ。
授乳室があったり、ベビーカーの貸し出しも行われています。
困った時には受付にて確認してみてくださいね。

のと里山里海号

普段とは違う観光列車に乗ってみませんか?
この電車に乗るには事前に予約が必要です。
インターネットか電話にて予約することができます。
のと里山里海号に乗るとこんな特典があります。
・記念乗車証のプレゼント
・専任のアテンダントによるガイド
・ゆっくりと走行
・沿線自慢のスポットでは一時停車
・鉄道郵便車“オユ10”の見学ができる
コース&料金
・ゆったりコース
料金:大人 1500円、子ども 1000円
・カジュアルコース
料金:普通運賃+乗車整理券300円

運行日時など詳しくはのと里山里海号の公式のHPにて確認してくださいね。

観光には手ぶら観光サービスが便利!

観光するのに荷物をたくさん持っていくのは嫌!!という人もいますよね。
そこで、七尾市の観光案内サービスで行われているのが、
手荷物預かりサービスと手荷物配送サービスです。
赤ちゃんや小さい子どもを連れて観光する場合には、
利用してみるのもいいかもしれませんね。

・手荷物預かりサービス
荷物を預かってくれるサービスです。
料金:500円/1個
受付時間:9時~15時半まで
・手荷物配送サービス
和倉温泉のホテル、旅館へ手荷物を運んでくれるのです。
料金:1000円/1個
受付時間:9時~12時
荷物到着時間:17時頃

七尾市周辺のおすすめランチ3つ!

七尾市には美味しいランチが食べられるお店がたくさんあります。
その中でもイチオシのお店を紹介しますね。
七尾市にきたら是非、足を運んでみてくださいね!

幸寿し 本店

住所:石川県七尾市相生町30-1
営業時間:11時半~23時
定休日:月曜日
人気のお寿司屋さんです。
週末に行こうとするなら予約が必須のお店です。
美味しいネタのお寿司が食べられますよ。

ごはん処 一歩

住所:石川県七尾市小島町大開地3-8
営業時間:ランチ 11時半~13時40分、ディナー 17時半~21時40分
定休日:木曜日
七尾市では人気の定食屋さんです。
安くてボリューム満点で美味しい定食を
食べられるところが人気のポイントです。
お腹いっぱいランチを食べてくださいね!

かき処 海

住所:石川県七尾市中島町浜田ツ21
営業時間:11時~16時
定休日:木曜日、5月中旬~10月上旬、年末年始
カキの養殖をしているお店が開いているごはん屋さんです。
カキの専門店なのです。
美味しいカキが食べられると人気のお店です。
注意したいのは、夏の間は営業していないことです。
夏の定休日が長いので気をつけてくださいね。

まとめ

毎年多くの人が青柏祭を楽しみに集まってきます。
子どもを連れていっても楽しめるお祭りですよ。
子どもがはじめて大きなでか山を見ると、
その大きさにビックリするかもしれませんね。
GWの楽しい思い出作りに是非、青柏祭に行ってみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする