初節句のお祝いのお返しはどうしたらいい?お返しの相場やマナー!

スポンサードリンク

初節句には、お雛様や五月人形、こいのぼりといった品や、
お祝い金をいただくことがあるかと思います。
初節句でお祝いをもらったときのお返しについては、
分からないことがたくさんありますよね。
食事会をした方がいいのか、お返しの相場やいつまでにするのか・・・。
初節句のお返しの様々な疑問についてご紹介します。

身内へのお返しは食事会を開くのがベター

スポンサードリンク

初節句のお祝いには、両家の祖父母など、
身内を食事会に招待するのが、そのままお祝い返しになります。
自宅に呼んでホームパーティにしたり、
お店を予約したりと食事会の形式は様々です。
女の子なら、桃の節句の定番メニューといえば、
ちらし寿司・はまぐりのお吸い物・白酒・ひしもち・ひなあられ、です。
男の子の端午の節句の定番といえば、ちまきと柏餅ですね。

自宅でパーティをする場合、お祝いにもらったお雛様や、
五月人形を飾ることでさらに華やかになりますね。
食事をみんなで囲んで、赤ちゃんの成長をお祝いすることが、
もらったお祝いに対する何よりのお返しになります。

基本的には、食事会に招待すればそれがお返しになりますが、
お土産を用意する場合もあります。
赤ちゃんの写真が入ったお菓子やお米、
節句にちなんだ食べ物などです。

女の子の初節句には桜餅、男の子の初節句には柏餅を
お返しとして用意する地域もあります。
女の子の初節句のお返しは桜餅
男の子の初節句のお返しに込められた意味は?

食事会をしない場合のお返しはどうする?


食事会に招待出来なかった方や、招待したけれど、
参加出来なかった方などへのお返しは、どうすればいいのでしょう?

頂いたお祝いの半額~3分の1程度

頂いたお祝いのお返しは、内祝いとして、
半額~3分の1程度の品物を贈るのが一般的です。
お米や鰹節、バームクーヘンなどのお菓子、といった縁起物がいいでしょう。
詳しい品物の選び方は別記事にしたので読んで下さいね。
内祝いに送って喜ばれるものとは?
品物をおくる時には、節句の飾りと一緒に撮った写真や、
メッセージカードを添えると喜ばれます。

しかし、高額なお祝いをいただいたときは、
半額にしようとすると返す方も大変です。
そういった場合は、値段よりも「気持ち」で返すことを重視しましょう
お返しが高額過ぎても失礼にあたりますので、
2万円程度までにとどめておいて、写真を一緒に同封したり、
こまめに電話や連絡をしたり、と感謝の気持ちを表すように心がけるのがいいでしょう。

初節句から一週間以内。遅くともその月のうちに贈ろう

お返しを贈る時期ですが、食事会をしていないなら、
節句の日から一週間以内が良いでしょう。
遅くとも、その月のうちに贈るのがマナーです。
つまり、女の子なら3月中で、男の子なら5月中、ということになります。

お祝い返しはどんなものがいい?

お返しの品物は、なるべく縁起の良いものにすると良いでしょう。
ただ、相手の好みや日持ちする・しないなどもあると思います。
一般的には、タオル類やカステラ、バームクーヘンなどのお菓子、
お米、商品券などでしょう。
いまは節句のお返し用に赤ちゃんの写真や、
名前が入れられるギフトがたくさんあります。
カタログギフトを贈るのもおすすめです。

初節句のお祝いをくれるのは、親しい人であることが多いです。
ですから、儀礼的なお返しよりも、
赤ちゃんの顔や成長の様子が分かるメッセージなどがあるととても喜ばれます。

お返しの表書きの書き方は?

お返しの熨斗は、「内祝い」もしくは「初節句内祝」とします。
お祝いをもらったのはあくまで子供なので、
熨斗の名前も子供の名前で贈りましょう。

まとめ

初節句は生まれてきた子供の成長を願うものです。
初節句でお祝いをしてくれるのは、身内であることがほとんどだと思います。
あまりかしこまらず、お祝いをいただいたことへの感謝を表すのが大切です。

とくに、おじいちゃんおばあちゃんは、
孫が元気に成長してくれることが何よりなのです。

お子さんの初節句を素敵にお祝いしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする