オムツはジップロックに入れれば臭わない?専用のオムツポーチは本当に必要?!

スポンサードリンク

出産し子育てをしていく中で、
本当に必要だから高くても購入するもの、
できれば安く済ませたいもの、
購入しなくても家にあるもので代用できるかもしれないもの。
例えばミルク、オムツであったり、母子手帳ケース、スタイ、肌着などなど。
育児に必要なアイテムはたくさんあると思います。
子育てにはなにかとお金がかかるため、
「できるだけ安く購入したい」
「買わなくてもいいのであれば他のもので代用したい」
が本音のママさんも多いのではないでしょうか。

その数ある育児用品の中でも、
今回はほとんどのママが持ち歩いているであろう
オムツポーチに注目していきたいと思います。
オムツがはずれるまでには個人差がありますが、
オムツを使用している子どもさんとのお出かけには、
忘れてはならない必需品ですよね。

そこで、オムツを持ち歩く際のオムツポーチを購入するべきか、
それとも家にあるもので代用できるのではないかと迷っている方に、
オムツポーチが必要派の方の意見といらない派の意見を、
いくつかご紹介していきます。

オムツをジップロックに入れれば臭わない?

スポンサードリンク

オムツポーチはいらない派の意見では、

  • 「ジップロックで代用できているから」
  • 「オムツの大きさによってはオムツポーチに入らないときがある」
  • 「オムツポーチには入る枚数が限られている」
  • 「その日の気分で可愛いポーチを使いわけたい」

と言う声が多かったです。
ジップロックであれば100円均一で購入することもできます。
また、ジップロックの大きさによっては、
軽く20枚は入る!という声も。
これだと、旅行の際やお出かけの際に、
オムツの枚数が必要なときに大変便利ですよね。
実際ジップロックはベビー服の管理にとても便利です。
知らなきゃ損する!ベビー服はジップロックで保管せよ!

でも使用後のオムツを入れる場合、
心配になるのが臭いの面です。
オムツポーチには消臭機能付きのものがありますが、
ジップロックだと心配な方も多いと思います。
やはりジップロックでは臭いが漏れたりすることがあるようで、
ナイロン袋が必須というママのが多かったです。
ジップロックなどで代用する場合には、
必ずナイロン袋とセットで持ち歩くのが良さそうですね。
可愛いポーチを使い分けるときに気をつけなければならないことは、
オムツからの漏れがたまーにあることです。
お気に入りの可愛いポーチにうんちが漏れて、
ついてしまうなんてことがないように、
これもナイロン袋を忘れずセットで持ち歩きましょうね。

オムツポーチは高価だが消臭機能が優れている

逆に専用のオムツポーチ必要派の意見も見てみましょう。

  • 「鞄の中で綺麗に収納しておける」
  • 「ポケットが多くあるものは、お尻拭きやゴミ袋をきちんとまとめておける」
  • 「最近では消臭機能付きであったり機能性に優れているため」
  • 「見た目の可愛さ」

どれも納得のいく意見ですね!
必要派の意見の中でとくに目をひくのが、
消臭機能付きであるということ。

調べてみると、オムツポーチそのものの素材に、
悪臭を消す素材が使用されているとのことで、
悪臭の発生原因である細菌を抗菌、制菌してくれる効果があるそうです。

考えてみると、外出先でオムツ専用のゴミ箱がない場合、
カバンに使用済オムツをいれて持ち歩かなければならない時って
けっこうあります。
たしかにこれはありがたい機能であり惹かれますね。
ただ、ここで気になるのがお値段です。
実際にお尻ふきも入れられて消臭機能付きオムツポーチの価格を見てみると、
相場が約2000円〜3000円くらいであるようです。
消臭機能、お尻ふきが乾かないポケット付きタイプ
便利だとは思いますが、オムツポーチにこの価格は、
少し高いと感じる気持ちもわかります。

はじめのうちはジップロックなど、価格の安いもので代用しておいて、
それでも、鞄の中がまとまらない、臭いが気になるなど、
必要性を感じた場合に購入することをオススメします。

まとめ

私自身、子育てを経験した身ですが、
オムツポーチは必ず必要なものではありませんでした。
それでもやはり可愛いポーチを持っていると気持ちも上がりますよね。
第一子の出産準備で、オムツポーチの購入を迷っているママに、
少しでも参考にしていただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする