夏祭りの持ち物は子連れだからこそ少なくしたい!これだけ持って行けば大丈夫!

スポンサードリンク

夏といえば、夏祭り!子どもたちも大好きなお祭りは、
連れて行ってあげたい夏のイベントのひとつです。
ただ、子連れだと荷物が多くなってしまうんですよね。
抱っこをせがんだり、あっちこっち行ったり、アレがしたい、
それはイヤ…その上荷物が多い、というのは本当に大変です。
だからこそ、子連れだからこそ少なくしたいのが持ち物です。
夏祭りを子連れで楽しむために、これだけ持って行けば大丈夫!
という持ち物をまとめてみました。

夏祭りの持ち物は事前の準備が肝心!

スポンサードリンク

夏祭りを安心・安全に楽しむためには、
事前の準備がカギとなります。
荷物はなるべく少なくしたいですが、
現地ではなかなか手に入りにくいものなどは、
持って行った方が安心です。

ただ、「あった方がいいかも」「あると便利かも」と、
考えすぎると荷物が多くなってしまいます。
なるべく荷物を少なくするには、
色々な使い方ができるものを持っていくことと、
嵩張らないようにすること、です。
子連れはどうしても持っていくものが多いので、
代用できそうなものは代用したり、
ミニサイズものがあればそういったもので、
サイズダウンをするのが良いです。

夏祭りの持ち物リスト一覧


それでは、子連れで夏祭りに行くときの持ち物リストをご紹介します。

  •  小銭
    お祭りの屋台では、細かいお金が必要です。
    小銭を多めに準備しておきましょう。
    お財布も小さいものにすると、さらに荷物がコンパクトになりますね。
  • 絆創膏
    虫刺されや転んだときのケガ、靴ずれなど、意外と使います。
  • 日焼け止め
  • 虫よけ・かゆみ止めグッズ
    特に、かゆみ止めは夏の必需品ですね。
  •  ビニール袋
    ゴミを入れたり、濡れたものを入れたり、敷物代わりにしたり。
  • レジャーシート・敷物
    子どもはすぐに疲れるので、座るための敷物は必要です。
  •  帽子
  • 扇子
    うちわよりも、コンパクトになる扇子がおすすめ。
  •  防寒着・羽織れる服
    昼間は必要なくても、日が暮れると冷えます。
    撥水加工の羽織りなら、小雨をしのぐことも出来ます。
  • 塩飴
    熱中症対策です。
  •  折りたたみ傘
    日傘兼用のものがおすすめ
  •  レインコート・カッパ
    人混みでは傘NGなので、雨が予想されるならば持っていきましょう。
  •  飲み物(ペットボトル)
    会場に着くまでにも必要です。
  • タオル・ハンカチ
    タオルは必需品ですが、嵩張りやすいもの。
    おすすめはガーゼタオルです。
    ガーゼタオルは薄いので嵩張りません。
  • ポケットティッシュ
    お祭り会場や駅のトイレでペーパーがなかったり、
    切らしていることがよくあります。

ここまでは、子連れでなくても、
夏祭りに行く際には必要なものです。
子連れならではの持ち物はここからです。

  • 授乳ケープ
    会場には授乳室はありません。
    授乳が必要ならば、忘れずに持って行きましょう。
  • 抱っこ紐
  • 着替え
  • マグ
  • お菓子や離乳食
    子供用の飲み物や食べ物は手に入りにくいです。
  • 使い捨てエプロン
  • おむつ
  • おしりふき
    おしりふきは、ウェットティッシュとしても使えます。
    手や口を拭いたり、ちょっとこぼしたものを拭いたりと、
    何にでも使えて便利です。
  • ミルクセット(魔法瓶に入れたお湯、哺乳瓶、粉ミルク)
  • 迷子札
    人混みは子どもが迷子になりやすいところです。
    子どもの名前と、親の電話番号を書いたメモで良いので、
    迷子札を持たせておきましょう。

まとめ

子連れだからこそ、荷物を少なくしたいところですが、
事前の準備も大事です。
身動きがとりにくい人混みでは、
できるだけ身軽にしていることも必要なので
、本当に必要なものだけにしましょう。
こういったイベントでは荷物の準備も大切ですが、
大人の手が多いとラクになります。
夫婦や友達家族、おじいちゃんおばあちゃんなど、
大人が2人以上で行くのもおすすめです。

人混みに子どもを連れて行くのは大変ですが、
とても楽しそうにしている子どもをみると、
「頑張って連れてきて良かった!」と思えます。
夏祭りが楽しいものになりますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする