夏休みの工作で低学年の女子向け!手間なく簡単にできる方法を紹介!

スポンサードリンク

楽しい夏休みに必ずついてくる宿題。
ドリル、習字、読書感想文に自由研究、、。
計画を立てていても毎日計画通りにこなしていくのも難しいもので、
気がつけば夏休みがあと一週間で終わってしまう!
なんてことを経験したことのあるママも多いのではないでしょうか。
そこで、夏休みの宿題にあることが多い工作についてご紹介します。
最近では、工作の宿題では小学校低学年の子どもさん向けに出されています。
たくさん宿題をしなければならないし、元気に遊ぶことも大切だし、
小学生も毎日大忙しですよね。
工作に時間をかけてられないという方へ、
今回は低学年女子向けの工作の種類をご紹介していきます。
低学年男子向けの工作はコチラの記事です。

夏休みの工作で低学年の女子向け!身近なものでできる工作3つ!

スポンサードリンク

①ペットボトルの風鈴

飲み終わったペットボトル一本で作成可能な風鈴。
ペットボトルの底が風鈴の本体となるように切り離します。
底の形で風鈴の可愛さが変わってくるので、
ペットボトル選びが重要となります。
丸みをおびているペットボトルが優しい風鈴の印象になると思います。
底の中心に穴をあけ紐を通します。
紐の先端を輪っかになるように結び、反対側には鈴をつけます。
これで風鈴の形が出来上がりますので、あとはカラーテープやマジックで、
可愛くデコレーションすると完成です。
夏にぴったりの作品になること間違いありません。
ペットボトルを切り離す作業だけはとても危険ですので、
ママがお手伝いしてあげることをオススメします。

②牛乳パックで作る机

飲み終わった牛乳パックが4〜10本程度と、
空のペットボトル4本があれば作成できます。
牛乳パックの中に砂を詰めたペットボトルを錘のかわりにしていれます。
これをいれることによって、つぶれにくい耐久性に優れた机の脚を作ることができます。
そこへ空のペットボトルを横向きに繋げ、テープでぐるぐる巻きにして固定します。
ペットボトルの本数で机の大きさが調整できます。
固定されて机の形になったものに画用紙や折り紙を貼り付けて、
可愛く飾りつけると完成です。

③デコレーションワイヤーハンガー

クリーニングなどで返ってきたワイヤーハンガーに、
100円均一で買えるリボンを巻き付けるだけの、
簡単なのに可愛い工作です。
ポイントでモールを巻き付けてみたり、フェルトをつけたりと、
オリジナル感たっぷりのデコレーションをするのも楽しいですね。

夏休みの工作 低学年の女子向けの工作キット3つ!

①マイカップ

マグカップと専用のペンがセットになっているキット。
難しい作業は一切なく、付属のペンで好きな絵をマグカップに描いて、
お湯を入れたらあっという間に完成です。
糊やカッターなども使わないので、
細かい作業が苦手な子でも簡単に作成できます。→ペンカップキット

②マイ箸

箸、箸おき、紙やすり、ペンがセットになっているキット。→工作キット
なんてことないお箸を紙やすりで自由に削り、
凸凹にしてみたり絵を描いて作成します。
毎日の食事で使うお箸なので、お気に入りのマイお箸があるのも素敵ですね。
作成時、夢中になりすぎてお箸の先で目などを突いてしまうと、
大変危険ですので、ママと一緒に作業することをオススメします。

③動物ポンポン

ポンポンメーカー、動物ポンポンの本、はさみがセットになっているキット。
カラフルなぽんぽんを自由に組み合わせて可愛いぬいぐるみが作れます。
動物だけでなく、ツムツムなど可愛いキャラクターも作ることができるので、
様々な種類で楽しめます。
付属のボンドで接着するだけですので、危険な作業がなく安心して作成できます。
少し高価ですが、夏休みの宿題だけでなく普段の遊びにも使えますよ。
ポンポンキットはここで買えます→クラフトショップ ポピー

まとめ

このように時間がなくても、細かい作業が苦手であっても、
短時間で簡単に、さらに楽しく工作をすることができます。
キットを使うとクオリティは高い作品にはなりますが、
そのぶんお金はかかってしまいますので、
お子さまと一緒に楽しめるものをお選びくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする