エアコンの掃除は意味がない?子供に安全な涼しさを届けるために重要なこと!

スポンサードリンク

寒い冬が終わり、ぽかぽか春らしい季節になりましたね。
お花見をしたり、イチゴ狩りに行ったり春を満喫しているうちに、
あっという間に暑い暑い夏が来ますね。
少し遊んだだけでも汗びっしょりになっていたり、
寝ている間にも寝汗をかいたり暑くて寝苦しいなんてことも、
よくあるのではないでしょうか。

子供は大人よりも基礎体温が高いと言われており、
小さな子供がいる家庭では、夏場のエアコンは必須です。
そこで気になるのがエアコンの掃除について。
毎年掃除はしているとは言っても、フィルターを見てみると、
埃がびっしり溜まっているものです。
そこを通って出た空気を子供が吸うと考えるとゾッとします。
では、どのようにエアコンを手入れするのが良いのでしょうか。
これからの夏に向けて、エアコンを清潔に使用する方法をご紹介します。

エアコンの掃除は意味がない?自動洗浄機能で十分?

スポンサードリンク

最近では、エアコンに自動お掃除機能がついたものが、
主流になりつつあります。
聞いた感じでは、そんなに便利なものがあるんだ!
と思われる方もいらっしゃると思います。
実際、私もエアコンを選ぶときに惹かれたポイントでありました。
しかし、勘違いしてはいけません。
この掃除機能は、、エアコン内部を清掃してくれているのではなく
エアコン内のフィルターの掃除をしてくれている
というわけです。
ですので、うちは自動洗浄機能があるからと言って安心しないでください!
また、自動洗浄で出たホコリなどの汚れも取り除く必要があります。
自動洗浄機能は、エアコン内の「フィルター」の掃除をしてくれる機能
ということを理解しておいてくださいね。

自分でできるエアコンのお手入れ方法は?

asi24 / Pixabay

では、どうやってエアコンを清潔に保てばいいの?
と思われますよね。
エアコンのお手入れに重要なポイントは2つです。
まずら一つ目は、定期的なフィルター掃除
ここで、自動洗浄機能がついているエアコンは、
自動的に行ってくれるので便利ですよね。
フィルターをはずし、ホコリを取り除き、水で洗浄するのは、
意外と手間がかかる作業でなかなか取り掛かりにくいものです。
そこをエアコン本体が自動的に完了してくれるのは、
大変ありがたいところではありますね。
そして二つ目は、表面の拭き掃除です。
部屋の空気を吸い込んで循環させているエアコンの表面には、
ホコリや菌がたくさん。
キッチンに近いところにあるエアコンなんかは、
さらに油や汚れがついています。
これらをせずにそのままにしておくと、
エアコンから出た空気によって、カビやホコリ、ウイルスを吸い込んでしまう
ことになりますので、最低でも月1.2回の掃除をオススメします。

エアコン内部の掃除は業者にお任せが安心

フィルターと表面の掃除については、簡単に自分ですることができますが、
内部ともなればそうはいかないものです。
一般の方がしようとすると、部品が細かいため故障の原因になったり、
汚れが残ってしまっていたり、さらには感電などの危険があります。
エアコン内部の清掃は業者の方にお願いするのがよいでしょう。
頻度は年に1回くらいでかまいません。
価格が平均して1万円〜2万円程度かかってしまいますが、
子供たちに安全な涼しさを届けるためにも、ぜひご検討いただきたいですね。
(金額の差は、エアコンに自動洗浄機能があるかないかによって差があります。
自動洗浄機能がついていると少し高いです。)

まとめ

エアコンの掃除は慣れるまではめんどくさい作業ではあります。
が、子供をウイルスや菌から守るためにも、
習慣的に行うことをオススメします。
エアコンを入れて少しでも臭いを感じるようでしたら、
それはカビや菌が原因ですので夏までには掃除をしましょう!
気持ちのいい空気で、赤ちゃんとの時間を過ごしてくださいね^^

また夏は湿気も気になりますよね。
湿度が高い時には除湿機を上手く使って赤ちゃんにとって
快適な空間を作ってあげたいものです。
除湿機との上手な付き合い方についてもまとめましたので、
是非こちらも読んで下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする