みどり楽の湯に割引で入ろう!子どもが楽しめるイベントもたくさん!

スポンサードリンク

家族で気軽に温泉気分を味わえるのが、みどり楽の湯です。
温かい温泉で温まると、とっても癒されますよね。
子連れで楽しめるのもありがたいところです。
そんなみどり楽の湯ですが、せっかくなら、
お得にお風呂も楽しみたいですよね。
そこでみどり楽の湯をお得に楽しめる割引やクーポンについて
紹介します。

みどり楽の湯に割引はある?お得なクーポンは?

スポンサードリンク

まず、みどり楽の湯の通常料金ですが、
平日は大人(中学生以上)750円、子ども(小学生)300円、
幼児(4歳以上)100円です。
土日は大人800円、子ども350円、幼児は同じく100円になります。

中学生以上の大人のみ会員登録ができ、
登録すると平日700円、土日750円になります。
会員登録は入会金に300円必要ですが、年会費などは必要ありません。
有効期限なども特にありません。
岩盤浴なども450円が400円になるため、
6回以上行く可能性がある方は会員登録をされるとお得になりますよ。
残念ながら子どもや幼児の会員登録はありません。

そして、ここからがお得になる方法のご紹介です。

回数券を使う

みどり楽の湯ではお得な回数券が販売されています。
一般の方は10回分が7000円、会員登録されている方は、
10回分が6500円です。
この回数券は土日も使用する事が可能なので、
10回とも土日に使用すると、1000円もお得になりますよ。
有効期限は2年間と長めです。

しかもこの回数券は時々、期間限定で特別販売をしている事があります。
10回分で6000円、まとめて30回分を購入すると16500円と、
かなりお得なイベントをおこなっている時があります。
一般価格が7000円として30回分だと通常、21000円もするので、
4500円も特になります。
特別販売は不定期ですが、公式HPのイベント情報のところで案内がありますので、
チェックして下さいね。
リピーターになるならこの回数券はとてもお得です。

お得な曜日を網羅する

ここみどり楽の湯では曜日ごとに、
お得なイベントをおこなっています。

月曜日

60歳以上の方が500円もになります。
またホットヨガ教室が20時から開催されており、
入線料と岩盤浴こみで2000円のプランもあります。

火曜日

館内の食事処で4000円以上になると、
入泉無料券が1枚もらえます。

水曜日

回数券で入泉された方限定になりますが、
お食事処100円もオフのチケットがもらえます。
また月曜と同様にホットヨガ教室も利用できます。

木曜日

入泉料とお食事処の御前なら何でも選べて1600円になります。
お得なホットヨガもおこなっています。

金曜日

ヤングデーとして、29歳以下の方は500円で入る事が可能です。

土曜日

家族づれにお得なキッズデーです。
有料で入泉された小学生以下のお子さんに、
次回無料で入れるご招待件をプレゼントしています。

日曜日

館内で売られているソフトクリームが100円引きです。
またビンゴ大会も行われており、
1位から25位までの方に景品が当たります。
子どもたちは楽しめますよ。

みどり楽の湯ではビンゴなど、
お子さま向けのイベントが毎週開催されています。
お風呂に来て楽しいイベントに参加できるのも嬉しいですね。
うちの子もビンゴ大会が大好きで、
楽の湯に行きたいとよく言っています。
子連れのご家族は土日に行かれると、
お得なイベントが行われているのでおすすめですよ。

Webクーポン

みどり楽の湯の公式サイトにWebクーポンがあります。
入線料、岩盤浴、お食事処で好きな御前が選べる、
タオルのレンタルの4点セットです。
クーポンなしで全てを購入すると、3000円相当のセットになるのですが、
Webクーポンを使用すると2250円になります。
使用する場合は、画面を印刷しフロントへ提出してください。
こちらは平日のみ利用可能になります。

ニフティ温泉

ニフティ温泉という温泉情報サイトに、
クーポンがある場合があります。
このクーポンを使うと、土日も平日も100円引きになります。
印刷をしなくても画面を提示すればいいので、気軽に利用ができます。
しかしこのクーポンは利用期限があり、クーポンを発行していない期間もあるため、
使用前に確認が必要です。

エポスカード

お持ちのクレジットカードの中にエポスカードがある場合は、
カードを提示するだけで50円引きになります。
カードの会員含め2人まで利用可能です。
受付でカードを見せるだけでいいので、手軽でいいですね。

JAF

こちらも同じくJAFの会員証を提示すると50円引きになります。
割引対象はJAFの会員のみになります。

みどりの湯楽の湯の営業時間や混雑具合は?

nkaminetskyy / Pixabay

営業時間は日曜から木曜日は8時から24時まで、
金曜土曜は8時から25時までになります。
最終受付はどちらも営業終了の1時間前までになりますよ。

1年に1回メンテナンスにより休館日があるようですが、
基本年中無休です。
そのため年末年始も営業していますよ。

平日は特に朝の時間から常連さんが多くいらっしゃっています。
平日の日中は比較的空いているので、
小さなお子さんを連れた方も気兼ねなくお風呂が使えるので、
おすすめです。

土日はお昼から夜にかけて多くの方で賑わっていますよ。
しかしロッカーがいっぱいで使えない、洗い場がいっぱいでら使えない、
などと言う事はほぼないので安心してください。
お風呂も人は多めですが、出入りがしづらい事もありませんよ。

みどり楽の湯で食事はできる?子供でも入りやすい?

館内には楽然(らくぜん)という食事を楽しめるところがあります。
1000円から1800円くらいの御前や丼ものなど、
取り扱っている料理は様々ありました。
1000円以下のポテトや唐揚げ、うどんなど、
低価格のものも多くありますよ。
お子様セットなどもあるため家族づれにも人気です。
子ども用の食器や椅子もそろっているので、
子連れで気兼ねなく食事ができるのでおすすめですよ。

ここのお食事処は水曜日に利用するのがおすすめです。
毎週水曜日は一般の方は5%、会員登録されている方は、
10%オフになるからです。

我が家もお風呂に入ってここで食事をするのが、
定番パターンになりました。
お風呂に入ってから家に帰った後お母さんたちは、
キッチンに立つのが大変なので、食事ができるというのは嬉しいですよね。
毎日家事や育児、仕事で忙しいお母さんも、
温かいお風呂と食事で癒されてください。

みどり楽の湯へのアクセスや駐車場は?

車の場合

国道56号線沿いに徳重方面へ走ると、
みどり楽の湯があります。
住所は、名古屋市緑区鳴海町塚笹22徳重となるのですが、
カーナビに出ない場合が多いです。
アピタ緑店で検索をすると、アピタのすぐ東側にあるので、
わかりやすいですよ。

車以外の場合

最寄りの駅は地下鉄桜通り線で「徳重駅」になります。
ここから東に徒歩10分程です。

名古屋市営バスも出ていますが1時間に2本ほどなので、
駅から徒歩で行かれた方が早い場合が多いです。
バスの場合は名古屋市営バスで「鳴海町塚笹」が最寄りになりますよ。

一番おすすめなのが無料の巡回バスです。
緑区と天白区方面、豊明方面に無料の巡回バスが出ています。
1時間に3本ほど出ており、無料なので利用される方は多いです。
特に予約などもいりません。

みどり楽の湯の駐車場

建物すぐ横が駐車になっています。
土日の夕方は込み合っている事が多いです。
そのため停めるのに少し待たなくてはならない事がありますが、
出入りが多いので少し待てば止められますよ。

みどり楽の湯のお風呂!子供に人気なのは?

露天風呂

みどり楽の湯の露天風呂はとても種類豊富です。
自然を眺めながら入る事ができ3段風呂や、
1人でゆっくり入れる桶風呂、香りがとてもいい香り湯など様々あります。
3段風呂は特にとても人気がありました。
子連れの方だと1番下の段が、温度が少し上と比べると、
ぬるめなので入りやすいようです。
桶風呂もまるで一寸法師になったようで、お子さんに人気でしたよ。
香り湯は季節限定の香りなども楽しむ事ができます。
メインの檜風呂はとても大きく檜のいい香りがする風呂でした。
ここはテレビもあるため多くの人がはいっていましたよ。
他にも寝ながら入る寝風呂や腰掛け風呂などありました。

室内風呂

室内にもいくつかお風呂がありました。
シェイプアップ風呂というジェットバスが人気でしたよ。
ジェットバスの刺激で疲れ気味なこりをほぐしてもらえます。
このお風呂は一部深くなっているところがあるため、
お子さん連れの方は気を付けてください。
今、流行りの炭酸泉もありました。
お湯の中に炭酸ガスが溶け込んでいるため、血行がとても良くなりますよ。
ここは少し乳白色のお風呂になるため、子どもたちにも人気でした。
他にも指圧風呂や水風呂、サウナなどもあります。
サウナはお子さんが間違えて入ってしまわないよう、
気を付けてあげてくださいね。

まとめ

みどり楽の湯の最大の魅力は1カ所でお風呂と食事の、
両方を楽しむ事ができることです。
毎日、食事の準備や片付け、お風呂掃除など、
お母さんたちはとても大変ですよね。
たまにはここでお風呂も食事も楽しんで、
ゆっくり癒されましょう。
また普段家では入れない、大きなお風呂や珍しいお風呂がたくさんあります。
露天風呂で外にお風呂があるだけで大喜びなお子さんは多いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする