クリスマスプレゼントは子供の希望を聞くべき?プレゼントが買えない場合の対応策は?

スポンサードリンク

クリスマスの季節が近づいてくると、ママやパパたちの頭を悩ませるのが、
我が子へのプレゼント。
「サンタさん、来るかなぁ?」と、楽しみにしている子どもの姿は可愛いもの。
子どもの欲しいものが分かっているときは、プレゼント選びもそれほど苦労しませんが、
分からないときって困りますよね。

そこで今回は、子どものクリスマスプレゼントの希望の聞き出し方や、
買うときの注意点、希望のものがないときの対処法をまとめてみました。

クリスマスプレゼントの希望をどうやって聞き出す?

スポンサードリンク

ストレートに聞いてみる

子どもに直接聞いてみましょう。
ただし、聞き方をひと工夫します。

「サンタさんにママから連絡するから。」または
「サンタさんには、今年は何をお願いするの?」
と言って聞き出すのです。

サンタさんに連絡するから、と言う場合は、
「サンタさんはママたちに聞いて、良い子にしてるか調べているんだよ」
と付け足すといいでしょう。

サンタさんへのお手紙を書かせる

文字や絵が描ける子ならば、サンタさんへのお手紙や、
クリスマスカードを書かせるのがオススメです。

サンタさんに頼むプレゼントを書くのはもちろんですが、
サンタさんとの約束も書くと、クリスマスまでをより楽しみにすることができます。

「おてつだいをがんばります」
「おかたづけをがんばります」
などのお約束ごとです。
そしてクリスマスまでは「サンタさんと約束したからがんばろうね」と言えます。

おもちゃ屋に連れて行ってみる

これは、プレゼントを買うために連れていくのではなく、
リサーチのために連れていくのです。

行く前に「今日はおもちゃは買わないよ。見るだけだよ」と、
言い聞かせておきましょう。
そして、お店での子どもの反応を見て、
テンションが上がったものをメモしておきます。

この方法は、実際におもちゃ屋に連れていかなくても、
おもちゃのカタログを見せるのでも出来ますよ。

いずれの方法にしても、子どものテンションが上がったものが何だったかを忘れないように、
しっかりメモしておきましょう。

ケータイのメモ機能でもいいですし、楽天やアマゾンなど、
通販サイトのお気に入りに入れておくのもオススメです。

クリスマスプレゼントは11月中か12月上旬に買っておく

プレゼントの希望が分かったら、早めに購入しておきましょう。
子どもの気が変わるかもしれないから・・・と、12月半ばまで購入しないでいると、
買えなくなる可能性があります。

12月に入ると、おもちゃ屋の在庫もどんどん少なくなり、
どこに行っても買えない!という事態になるママ・パパが多いのです。

しかも、クリスマス直前にお店で買おうとすると、
レジの長ーい行列に並ばなくてはいけません。

人気のものや、ブームのおもちゃは、あっという間に売り切れてしまうので、
早めにゲットしておきましょう。
早いうちから探しておけば、万が一生産終了しているものであっても、
どうにか探す時間もあります。

「でも、子どもの欲しいものなんてコロコロ変わるから、早く買うなんてムリ!」
というのも分かります。

そういったことにも備えて、

  • クリスマスプレゼントの希望は2~3個聞いておくこと
  • お手紙やカードに書いたら、変更不可であること

を子どもに伝えておきましょう。

子どもが欲しいプレゼントが買えない場合の対処法

子どもたちは「サンタさんは、なんでもプレゼントを持ってきてくれる」
と思っている子も多いです。

なんでもOKと思っていると、予算よりもはるかに高いものや、販売終了しているもの、
そもそも商品化されていないものなど、とんでもないものを欲しがることも。

予算オーバーの場合

困ったときは、サンタさんに助けてもらいましょう。

「サンタさんから連絡があってね。◯◯ちゃんの欲しいもの(商品名)が
手に入らないんだって。別の欲しいものを教えて欲しいって」
直接子どもに伝えてもいいですし、サンタさんからのお手紙としても良いでしょう。

他にも、似たような理由として、
「サンタさんは、みんなにプレゼントを用意しなくちゃいけないから高いのはムリだよ」
「サンタさんも、プレゼントに使えるお金が決まっているの。一人に高いものをあげると、
プレゼントがもらえない子も出ちゃうよ。それでも良い?」
などがあります。

生産終了・販売終了している商品の場合

いったん、子どもの希望を受け取っておき、ネットショップや、
オークションサイトなどで探してみましょう。
案外、出品されているかもしれません。

オークションサイト等でも売ってない、売っていても高額で手に入らないという時は、
「もうお店で売られていないから、サンタさんでもムリだよ」
と伝えて、プレゼントの希望を別のものに変えてもらいましょう。

まとめ

クリスマスプレゼントに、子どもの希望を無理に聞くことはありません。
もしも、子どもに無理なお願いをされても、断ったり、
希望のプレゼントを変えてもらったりしたら良いのです。

なるべく子どもの願いを聞いてやりたい気持ちは親なら誰でもあるものですが、
無理はしないこと。

サンタクロースを上手に使って、子どもも、パパもママも
楽しいクリスマスにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする