お下がりはいらない!きっぱり断れなかった時の対処法3つ!

スポンサードリンク

子どもはあっという間に成長するので、
洋服もすぐにサイズアウトしてしまいます。
まだこの洋服着れるから…と捨てずにおくことはよくありますね。
その捨てずにおいた子供服を「お下がり」として人にあげたり、
もらったりすることも少なくないです。

気の置けない親しい友人からのお下がりならともかく、
義姉やママ友からのお下がりは実は迷惑に感じてしまいますよね。
洋服は好みやセンス、こだわりなんかもあります。

「いらなかったら、捨ててもらっていいから!」
なんて言われ、仕方なく受け取ってしまうことも。

いらないお下がりを断るにはどうしたら良い?
もらったお下がりはどうしたら良い?

子供服のお下がり問題解決法をご紹介します。

お下がりがいらない時の断り方

スポンサードリンク

「まだ着れる子供服がたくさんあるの!お下がりであげようか?」
こんな風に言われたことありませんか?
お下がりをくれる人は、好意で言っている人がほとんどです。
その好意を断るのは勇気がいること。

人の好意・善意を無下にしてはいけない…
善意で言ってくれているのを、断る方が悪い…

日本人はなぜか、こんな風に思ってしまいがちなんですね。
断るのは悪いこと、と言葉をにごしていると、
押し切られて結局お下がりをもらうハメになりかねません。

断るときに大事なのは2つ!
・言葉を言い切ること
・ウソも方便
です。

言葉を言い切るのは、もらえない、ということを、
ハッキリと言葉にするということ。
いらない、と言うのではなく、
「◯◯◯だから、もらえないの」
「私はもらえないけれど、他の人にまわしてあげて」
と受け取れないことをハッキリ言い切るのです。

そしてもう一つ。ウソも方便。
ウソをつくことは悪いことだけど、時と場合によってはウソも必要となります。

  • 「他からたくさんもらったばかり」
  • 「もう子供服をしまうスペースがない」
  • 「(義)祖父母が買ってくれる約束なの」
  • 「夫(義母、実母)がお下がりを嫌がる」
  • 「子どもにこだわりがあるから」

など、ポイントは「もらってあげたいんだけど、無理なの~」
という雰囲気を出すことです。
「あなたの気持ちはうれしいし、ありがたい。だけど・・・」と、
相手の好意をきちんと尊重した上で、お断りするのがよいでしょう。

断り切れなかったお下がりの子供服はどうする?


それでも断りきれずに、お下がりの子供服を受け取ってしまうこともあります。
まず、受け取る時に確認しておかなければならないことがあります。

それは、もらった子供服が不要になったらどうするか?
こちらで捨ててしまってもよいのか、返した方がよいのか。

返す必要があるものなら、それなりの扱い方になります。
しかし「捨ててもいいよ~」と言われていれば、あとはもらった人の自由です。

お下がりでもらった服の使い道は

  • 使えそうな服だけ、子どもに着させる
  • ネットオークションやフリマアプリを使って売る
  • 泥遊びや水遊び用にして、1度着せて捨てる
  • はさみで切って、掃除用に使う
  • 寄付する
    など。

無印良品やユニクロ、GAPなどでは、着なくなった子供服を、
回収してくれるサービスを行っているところあります。
ブランドが分かれば、そういった回収サービスに持っていくのもひとつの方法です。

「お下がりであげた服どうしてる?」と聞かれたら・・・

子供服のお下がりをもらった後に、ひとつ注意したいことがあります。
それは、「あの服、着た?」と聞かれることがある、ということ。

あげた方としては、着てくれてるのかな~と、気になる気持ちは分かりますが・・・。
念のため、聞かれた場合の返し方もご紹介します。

  • もうサイズアウトしてしまった
  • 子どもが気に入った服ばっかり選ぶの
  • 汚れてしまったので捨てた
    (ウンチが…、食べ物のシミが…、吐いちゃって…など)
  • 破れてしまったので捨てた
  • 幼稚園、保育園によく着ていくの

こんな返し方が無難ですが、サイズアウトしてしまったというのが、
一番角が立たないかなと私はよく使っています。

まとめ

お下がりの子供服を喜ぶ人もいれば、迷惑に思う人も当然います。
しかも、人の好意を断るのには、なかなかの勇気がいるものです。
「ありがたいのだけれど、ごめんなさい。もらえないの。」
という気持ちをアピールすれば、相手の人も不快にならずに済みます。

断ることは決して悪いことではありません。
ウソも上手に使いながら、気持ちよくおつきあいができたらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする