子供の片付けっていつからしつければいい? 子供はいつから片付けができる?

スポンサードリンク

子供の片づけは小さなうちから始められます!
小さい頃から始めるほうが断然楽ですよ!
普段から 『置く場所が決まっている』 環境で育つことは
片づけができる子に育つ第一歩で、赤ちゃんが生まれた時から
その認識は始まっていると私は思います。
『しつけ』 と聞くと、作法を教え込むと思いがちですが
厳しくしつけることにこだわると、逆効果であることが
最近色々な研究で分かってきていますね。

片付けのしつけのコツ

おなじみ環境づくりから
うちの子、片づけられないの…というお母さん
まずは家の環境を見直してみて下さい。
おもちゃで遊びだしたら,おもちゃ箱を用意してあげましょう。
お人形が好きで人形で良く遊ぶお子さんには
お人形箱と他のおもちゃ箱のように、分けてあげると喜びます。
おもちゃが増えてきたら、箱を増やしていくと便利です。

ここまでは、そんなことはもうやっているという方が大半ですね。
この時、なんとなく分けてしまっている・・・
というのは逆効果になるので要注意です!
箱じたいの置き場所が決まっている事も大事です。
箱をまちがえたり、その辺にほっぽり出したりしておくと
大事なお人形が人形箱の中にない!
ほしい時直ぐに見つけられない! といった経験をしながら
子供なりに整頓されていると物事がスムーズに進むことを
覚えていきます。

飽きっぽくて移り気な? 好奇心旺盛な? 子供たち

周りにおもちゃがたくさんあると、どうしてもあるだけ出したくなるものです。
なので遊ぶ場所と、しまう部屋を別にして
部屋がぐちゃぐちゃにならない状況を作ってあげるのも一つの手です。

遊ぶおもちゃだけを出してきて遊ばせる
次のおもちゃを出すときは今遊んでいたものを片づけて
新しいおもちゃを取りに行く際、今まで遊んでいたものを持っていかせる。
もちろん片付けは一緒にしてあげてください。
2,3歳ぐらいまでは 『自分で片づけさせる』 にこだわらず
ゲーム感覚で一緒に片付けをするよう心がけて下さい。
片付けが楽しいものであると、子供は出すことと片付けることを
セットにしてする行動と覚えることができます。

『片付けイコールやらなければならない面倒なこと』
という印象をなるたけ与えないようにする事が大事です。
怒鳴る、怒るといった 「やらせる」 につながる
態度で接すると逆効果です。
「やらせる」 は親が言うからやる。親の為にやる。
という間違った観念を植え付けがちです。
これでは中学生くらいになると全く片付けない子になりかねません。

心理学を利用します

3歳頃から子供の 『遊びたい』 という気持ちを利用して、
おもちゃを出したり、探したりする時こそ
一人で探させることを習慣づけましょう。
大人もそうですが、物事を始めるときは
準備や探し物にかかる時間も片付けより苦になりませんね。
この心理を上手に利用してみて下さい。
片づけられる子にしつけるコツは
探させる! です。
あるべき場所に物があると、見つけやすい事を
実感させることが大切です。

「ママが片づけてくれる?」
「いいけど…ママが片づけたら
次に探すとき何処にあるかわからないんじゃない?」
と返答してみて下さい。
「自分でしなさい」 と頭ごなしに言われると
反発してしまう子供も
選択をさせる、自分で考えさせる事によって
何気ない会話ですが、しっかり 『実感させる』 につながっていきます。

まとめ

玩具の他、うちでは靴箱も
引き出しになっているものを作りました。
家に帰ってくると、玄関で靴を脱ぎ
引き出しを開けて自分で靴を入れる。
2歳半ごろには一人でできるようになりましたよ。
小さな頃から少しずつ 『出来ることがふえる』を利用して
毎日の積み重ねていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする