赤ちゃんのお世話でヘトヘト!何カ月になったら楽になるの!?

スポンサードリンク

ママ、毎日の育児お疲れさまです!

赤ちゃんが生まれて、退院してから、授乳にオムツ替えに着替え、お風呂、寝かしつけ…とママは本当に大変ですよね。

特にはじめての育児だと、分からないことも多く不安な毎日。

赤ちゃんが成長すると楽になる、とはよく言われるけれど、何がどう楽になるのでしょうか。

今回は、育児が少しずつ楽になる3つのタイミングと、育児疲れのリフレッシュ法をご紹介します。

少しずつ楽になる3つのタイミング

最初は、育児の要領が分からず、つらいことも多いですね。

でも、だんだんと「ここは手を抜いても大丈夫」というポイントも分かるようになってきます。

育児が楽になるタイミングはいくつかありますが、ここでは1歳前までの3つのタイミングをご紹介します。

※赤ちゃんの成長には個人差があり、それぞれ違います。できるようになる時期も、性格も、みんな違うので、あくまでも目安としてご覧ください。

<3ヶ月>

1~2時間ごとの授乳・オムツ替えが少しずつ落ち着いてくるころ。

授乳間隔が3時間ほどあくようになる子もいます。

また、首がすわるのもこのころです。

首がすわると抱っこが楽になります。

表情も豊かになり、赤ちゃんのいる生活にママも慣れてきて、楽しみを感じられるようになってきます。

<6ヶ月>

寝返りをしたり、腰がすわっておすわりができるようになる時期です。

赤ちゃんの体重は重くなってきますが、腰がすわるとまた抱っこが楽になりますね。

生活リズムも整い、起きている時間も長くなってきます。

手や指も発達してきて、自分でモノをとったり、オモチャで遊んだりと遊びのレパートリーも増えてきます。

なんでも口に入れてしまうので、なかなか目がはなせません。

また、この頃から離乳食がスタートするので、メニューを考えたり、調理したりと手間は増えてしまいます。

市販のベビーフードを使ったり、冷凍したりと、ほどよく手抜きをしながら進めましょう。

<9ヶ月>

ハイハイやつかまり立ちができるようになる時期です。

一人遊びもできるようになってくるので、少しママも楽になりますね。

うどんを食べられるようになったり、ストローで飲めるようになったりするので、お出かけしやすくなってきます。

つかまり立ちができるようになると、浴槽のフチなどに立たせて洗えるようになるので、お風呂がとても楽になります。

赤ちゃんの成長には個人差があります。

「どうしてうちの子はまだ出来ないの!」と焦らず、その子なりの成長をしっかり見てあげてくださいね。

育児に疲れた時のリフレッシュ法

育児にストレスはつきものです。

「子育てってもっと楽しいものだと思ってた」「赤ちゃんのお世話ってこんなに大変なの?」と思うママも多いですね。

ママに余裕がないと、楽しいはずの子育ても楽しくなくなってしまいます。

育児のリフレッシュのカギは「時間」と「子供とはなれてみる」です。

自分の時間をどうやって作るか?

子どもとどうやって離れるか?

まずは一番身近なパパにお願いしましょう。

パパも父親ですから、日頃から育児参加してもらい、1~2時間でもママが子どもから離れる時間をつくりましょう。

パパ以外にも、(義)祖父母を頼ったり、一時保育を利用するのも良いでしょう。

なんでもママ一人でやる必要はありません。

周りの人やサービスなど利用できることはどんどん使いましょう。

ただ、育児は毎日のことですから、そんなに頻繁に預けるのも気が引けてしまいます。

・録画やDVDでドラマや映画を見る

子どもと一緒だと、ゆっくりテレビを見られません。

録画しておいた番組やドラマを見ながら、おつまみを食べるのも贅沢。

・ひとりでゆっくりお風呂に入る

たまには一人でゆっくりお風呂に入りたいですよね。

パパが帰ってきた後に、ゆっくりお湯につかって疲れをとるのはいかがでしょう。

・趣味に打ち込む

裁縫や編み物、読書、ゲームなど、趣味の時間を楽しもう!

・思いっきり泣く

ストレスがたまってくると、ふと泣きたくなることありませんか?

そんな時は、あえて思いっきり泣いてみましょう。

映画やドラマを見て涙を流すと、スッキリしますよ。

おわりに

育児をしていると、不安や悩みは尽きないですね。

「全部自分でやろう」「うまくやろう」と思わないことです。

本当に必要なことだけ、どうしてもゆずれないことだけ頑張ったら良いのです。

楽をすることは悪いことではありません。

上手にリフレッシュをして、子育てを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする