赤ちゃんが冬寝る時の暖房は?つけっぱなしが正解?

スポンサードリンク

寒くなってくると、暖房器具を使うようになりますね。
特に夜、寝ているときは、赤ちゃんは寒くないか、冷えてないか気になります。
赤ちゃんの体温調節は、ママ・パパが気を付けてあげなければいけないことですね。

特に生まれて間もない新生児のころは、自律神経の発達が未熟なため、
赤ちゃんは自分で体温調節ができません。
そんな冬の寒い時に、ママたちの助けになるのが暖房器具。

赤ちゃんを夜寝かせるとき、どんな暖房器具を使ったらいいの?
どんなことに気を付けたらいいの?
24時間つけっぱなしにするべき?

赤ちゃんがいるときの冬の暖房の使い方についてご紹介します。

赤ちゃんがいる家庭におススメの暖房器具とは?

スポンサードリンク

赤ちゃんが冬に室内で過ごすときは、
[室温]20~23度
[湿度]40~60%
に保たれているのが快適な環境です。

大人にとっては、少し肌寒く感じるくらいがちょうどいいでしょう。
赤ちゃんがいるおうちにオススメの暖房器具といえば、
「エアコン」と「オイルヒーター」です。

1.エアコン
今やほとんどの家庭にあるので使いやすいですね。
リモコンひとつで、温度設定や風量などコントロールしやすい点も良いです。
また、エアコンは手の届かない所にあり、ヤケドなどケガの心配もいらないです。
ただ、空気が乾燥しやすいので、加湿をして湿度に気をつけましょう。

2.オイルヒーター
本体の中にあるオイルを温めて放熱することで、
部屋全体をじんわり暖めるのがオイルヒーターです。
温風が赤ちゃんに直接当たらず、室温を保てるので、
エアコンよりもオススメされることも多いです。
音も静かなので、寝ている赤ちゃんがいても安心です。

ただ、部屋があたたまるまでに時間がかかることと、
エアコンよりも電気代が高いことがデメリット
のようです。

サーキュレーター
サーキュレーターは、それ単体で使うというより、
エアコンやヒーターにプラスして使うのが良い器具です。
暖かい空気は、部屋の上に集まりやすいので、サーキュレーターを使って
あたためた空気が部屋全体を循環するようにします。

暖房器具は、子供が小さいうちは24時間つけっぱなしという家庭もあります。
住んでいる地域によっても違いがありますが、
子供が1歳くらいになるとタイマー機能を使うことが多いようです。

24時間つけっぱなしだと電気代が気になりますよね。
しかし子供が小さい期間は短く、そういう出費があるのも一時は仕方がないと割り切るのも必要です。

他にも、暖房器具はありますね。
・ファンヒーター
・石油ストーブ
・ハロゲンヒーター
・ホットカーペット、床暖房 など
ですが、小さい子どもがいる家庭にはあまりオススメしません。
その理由としては、子どもがケガをしやすいからです。

これらの暖房器具は、子どもが不意に触ってしまったり、
低温やけどになりやすいです。
特に低温やけどは「これくらいの温度で?」と思うくらいの温度でやけどをしてしまいます。
赤ちゃんの安全のためには、控えた方がよいでしょう。

また、暖房器具は、使用すると空気が乾燥しやすくなります。
加湿器を使ったり、洗濯物を干したり、湿度も保つようにしましょう。

冬の夜の赤ちゃんに適した服装とは?


暖房器具を使うのも必要ですが、冬の日に寝るときの服装にも気をつけてあげましょう。
赤ちゃんは寝ているだけでも、たくさんの汗をかきます。
汗をかいたら、手のひらや、足の裏から熱を放出して体温調節しています。
なので、寝汗をしっかり吸収してくれる肌着と、保温性のあるパジャマを着せてあげるのがポイントです。

ねんね期~ハイハイ期の赤ちゃん
短肌着+長肌着+カバーオール

ハイハイ期~あんよ期の赤ちゃん
肌着+長袖トップス+十分丈ズボン

では、掛布団はどうしたらよいのでしょうか。
夜寝るときには、綿毛布またはタオルケット+掛布団1枚で十分です。
ただ、赤ちゃんは寝ているときにもよく動いて掛布団を蹴ってしまったり、
布団の外に出てしまったりしまいますよね。
そういったときはスリーパーを着せてあげましょう。
長いベストの形になっているので、赤ちゃんが動いたり蹴ったりしても脱げないのでオススメです。

まとめ

暖房器具はそれぞれ一長一短です。
はじめはエアコンで部屋をあたためて、あたたかさを保つにはオイルヒーター、
といったように上手に組み合わせて使うのがよいでしょう。
冬の夜はとても冷えるので、少し寒いだけでも「赤ちゃんは寒くないかな?」
「かぜひいたりしないかな?」と心配になってしまいます。
しかし、実は赤ちゃんの手足は冷たいのが普通なのです。
手足から放熱して体温調節をしているので、手足の冷え対策は必要ありません。
冷えが気になる時には、背中やお腹が冷えてないかをチェックしてあげてください。
服装の調節と暖房器具を上手に使って、寒い冬を乗り切りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする