「専業主婦だから」子育てを全くしない 旦那をやる気にさせるテクニック!

スポンサードリンク

私は現在、7歳と1歳の姉妹を子育て中です。

長女を妊娠する前までは、介護の仕事を5年間ほどしていましたが、長女の妊娠を機に専業主婦になりました。

長女を妊娠、出産後は初めての育児とあって、子育てに毎日バタバタでした。

そんな時に、夫に手伝ってもらいたい!

しかし、私の夫は子育てをほとんどやる気がありませんでした。

あなたの旦那様は、子育てにやる気がありますか?協力的ですか?

なぜ旦那は子育てをしない?

私の旦那さんは、もともと、あまり子供が好きなタイプではなかったようです。

しかし、他人の子供は可愛くなくても、普通自分の子供となれば可愛いものですよね?

実は私の夫は、一人目の子供は男の子が欲しかったようです。

それなのに、女の子だったのでショックというか、ガッカリというか・・・

だから、なおさら子育てには協力的ではなく、やる気もありませんでした。

それに、女の子にどうやって接したらいいのか分からないようです。

男の子なら、好きな遊びやおもちゃが分かるけれど、女の子の遊びやおもちゃ
考えていることが分からない、と言います。

まるで、異性の扱い方に戸惑っているかのようです。

しかし、自分の子供なのだから男の子も女の子も関係ないですよね?

子供が小さいうちは、男の子もおままごとや人形遊びをすれば、女の子だって木登りやサッカーだってする。

だから、別に男の子だから、これをしなければならない、女の子だから、これをしなければならない
という決まりなんて子育てにはないのですから・・・。

そうは言っても実は私も、もともと子供は苦手なタイプでした。

友人の子供にどうやって接したらいいのか、戸惑ったことがありました。

しかし、子供が生まれて自分が親となれば、子供の接し方というのは自然と身に付くものです。

「俺は子供が苦手だから…」
なんて、言ってられませんよ!

だって、父親なのですから。

子供は女性一人では産めません。

もちろん、子供に一番接している時間が長いのは、母親です。

父親は普段は、働きに出ているので子供に接することが出来るのは、家にいる時だけです。

だから、母子の絆には勝てないかもしれませんが、家にいる時は一生懸命、子供とかかわる時間を持てば
父親も子供との強い絆で結ばれます。

しかし、実際の所は、どうでしょう?

私の夫は、仕事から帰ると疲れて、ご飯を食べてお風呂に入って寝る。
仕事が休みの日は、ゆっくりと自分の時間を過ごしたい。

子育ては、ほとんど私に任せっきりです。

挙句の果てに、私が夫に子育てを手伝ってほしいとお願いすると、
「専業主婦だから一日中、家にいて十分、時間があるだろう。俺は仕事で疲れているんだから」
と言われます。

私が専業主婦を選んだのは、
『子供が小さいうちは自分の手で育てたい!』
という意思があったからです。

もちろん、子供がある程度、大きくなったら仕事復帰をしようと思っています。

専業主婦といっても、毎日寝て過ごしているわけではありません。

子育てをしながらの、家事。

主婦には365日、休む暇などありませんよね?

それを旦那さんが、どの程度理解してくれているかによって子育てに対して、協力的か
それともあまり協力的でないか、も決まってくると思います。

スポンサードリンク

旦那をやる気にさせるには 褒めること!


それでは、どうすれば子育てをしない旦那さんに、やる気になってもらえるのでしょうか?

私が夫にしていることは、
『出来るだけ夫を立てて、小さなことでも褒める』
ということです。

 旦那さんを立てる
 旦那さんを褒める

あなたは、出来ていますか?

偉そうに言っていますが、実際に私も、なかなか出来ていません。

夫には愚痴を言ってしまうし、もっと手伝って欲しい!という思いがあります。

しかし、夫婦関係を良くするためにも、
『夫を立てる、褒める』
ことが、何よりも一番だと私は思います。

もちろん子育てにやる気になってもらいたいから、ゴマをするようなことをしてはいけません。

夫以外の人に対しても、何かをしてもらった時には、必ず
「ありがとうございます」
という感謝の姿勢が大事だし、自分のことばかりではなく、
『相手の気持ちになって耳を傾ける』、つまり相手を立てることが大切です。

旦那さんのやる気を起こさせるためには、奥さんの手にかかっている、というわけではありませんが
言葉一つで旦那さんに子育てを手伝ってもらったり、積極的に子供とかかわろうとする気持ちに
させることが出来るかもしれませんよ。

例えば、私は生理中には子供の入浴は、夫にお願いしています。

生理中って、入浴に気遣いますよね・・・。

子供と入るとなると、なおさらです。

だから、生理中の時には夫に子供の入浴を頼みます。
(子供の着替えは、私がしますが)

子供を入浴させてもらったら、「ありがとう」という気遣いは、きちんとします。

自分の子供なんだから、入浴させてくれて、ありがとうなんて旦那さんに言うのは、
おかしいんじゃない?と思われる方もいることでしょう。

しかし、私は子育てを手伝ってくれたお礼として、「ありがとう」という感謝の意を伝えます。

もちろん子育ては夫婦共同作業です。

だから、子供を入浴させるくらい夫に手伝ってもらうのは当たり前かもしれません。

しかし!

旦那さんに子育てをやる気になってもらうためには、旦那さんを褒めるのです。

「ありがとう。あなたが手伝ってくれたから助かったわ」と。

そんなことを言うのは恥ずかしいかもしれません。

しかし、「ありがとう」と言われて、嬉しくない人はいないと思います。

小さなことでも、ありがとうという感謝の意を、きちんと伝えることで相手にとって、
好印象を与えるし、また手伝おうという気持ちにさせるかもしれません。

そんな小さな積み重ねによって、旦那さんが子育てにやる気になってくれるなら、どんどん褒めましょう!

男性は褒められると、やる気になる方が結構いらっしゃるので(笑)

最後に

『子供は褒めて育てる』
という言葉を、よく耳にしますが、それと同じで
『旦那さんを褒めて、子育てにやる気にさせる』

それが、旦那さんを子育てのやる気にさせるテクニックだと私は思います。

子育てを、あなた一人で全て抱え込んでやろうと思えば、本当に大変です。

子育ては本来、楽しく行うものですが、一人で子育てをしているとイライラしたり、ストレスがたまり、
子供や夫に当たってしまうことがあります。

それでは、せっかくの子育ても楽しくなくなり、子供や夫に対して、愛情が薄れてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、やはり子育てには旦那さんの協力が必要です。

専業主婦は朝から晩まで、家族のお世話や家事が大変で、自分のことも、ままならない職業です。

しかも、ただ働き・・・。

専業主婦も、お給料をいただいても良いくらいですよね!(笑)

だからこそ、旦那さんを子育ての味方につけるために、褒めて褒めて、やる気にさせましょう。

決して一人で、子育てを抱え込まないで下さい。

私も二人の姉妹の子育てをしながら、イライラしたりストレスを感じることも、もちろんあります。

しかし、やはり子供は可愛いし、家族は大切です。

専業主婦のみなさん、一緒に、子育てを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする