親の過保護は時にストレス?! 親子の理想的な距離感って?

スポンサードリンク

子どもを大事に大事に思うあまり、知らないうちにかわいがりが
過ぎてしまうことってありますよね。

でも、それが日常化してしまっていると、過保護・過干渉となってしまいます。

「心配で・・・」と言いながら、ついつい手を出してしまい気がつくと
「あれ?もしかして、私って過保護?」なんて思うことありませんか?

どこからが過保護?過保護に育てると、
どんな影響がある?そんな疑問にお答えします。

どこからが過保護?

過保護という言葉は時々耳にしますね。
多くの人は、甘やかしすぎているという
意味で使っていることが多いです。
過保護と似た言葉で「過干渉」というのもあります。

過保護とは・・・
親が子どもの気持ちに「同意しすぎる」ことをいいます。

子どもの求めることは何でも叶えてあげたくなり、
欲しがるものはどんどん買い与えるようなことですね。

過干渉とは・・・
親が子どもの気持ちを「無視しすぎる」ことです。

一方的に親の価値観や考えを押し付け、
子どものしたいことや欲しいものは一切無視します。

子どもを親の所有物のように扱い、
自分の思うとおりに動かないと腹を立てたりします。

どちらにも共通していえることは、
「子どもの主体性を無視して、
自分の価値観・考えが正しいと一方的に思っている」
ことです。

具体的に言うと
・子どもの気持ちを考えない
・子どもの友達関係に口を出す
・子どもの意見をすぐ否定する
・子どもは自分の言うとおりすべきだと思っている
・子どもが質問していないことに勝手に答える
・子どものプライバシーを尊重しない
・危険を先回りして回避しようとする
といったことです。

子どもとはいっても一人の人間です。

いくら親子であっても、相手を尊重することは必要で、
適度な距離感があるものなのです。

しかし、過保護・過干渉の親は、子どもとの距離感を
うまくとれないので、近づきすぎたり、離れ過ぎたりしてしまうのです。

過保護が及ぼす影響を知ろう

親が子どもに手出し口出しをしすぎることは、
子どもにとって良いことは何もありません。

むしろ、自主性に欠け、自立できない、自分の力で生きていくことが
難しい人間になってしまう可能性が高いのです。

親との距離感が近すぎる、遠すぎるまま大人になってしまったら、
どんな影響が残るのでしょうか。

甘やかされたから人を尊重できなくなってしまう

子どもの望むままに何でもあたえ、手出しをしてしまう。

小さいころからそのように育てられた子どもは、
「他人は自分のために何かをするのは当たり前」
と思うようになってしまいます。

何かに失敗したときには人のせいにする・・・
つまり、人を大切に思う、尊重する心が育たないのです。

何でも手出しされたから何にも出来なくなってしまう

子どもが自分でするべきことも、全て代わりに親がやってしまう。

自分で考えて行動したり、話をしたり、
そういった経験をさせてもらえないので、自分の意見がない、
あるいは自分に自信が持てない大人になってしまいます。

「どうせ何も聞いてもらえない、何もさせてもらえない」
こうしたマイナス感情ばかりなのです。

誰かの指示がなければ動けない
指示待ち人間になってしまうのです。

コミュニケーション能力が育たない

親からの一方的な言葉がけばかりで育ってきたので、
自分の意見を話すという経験がほとんどありません。

コミュニケーションとは、言葉でのやり取りからはじまります。

しかし、自分の意見を話す経験がないので、
人とコミュニケーションをとる能力が身についていません。

同時に、どんな時に自分を出したら良いのかも知らないし、
感情のコントロールも上手く出来ないために、
人間関係がうまくいかなくなってしまうのです。

反抗期が迎えられず自立が妨げられる

過保護・過干渉なまま子ども時代を過ごした人は、
反抗期がなかったと言われています。

一見、良いことのように思えますが、
子どもの発達過程としては問題です。

反抗期は、自分自身のアイデンティティに目覚め、
自覚していく大切な期間なのです。

親に反発することで、自分の存在を確かめているのです。

この反抗期がないということは、いつまでたっても
自分を主張できない、自分の存在をアピールできません。

自分を発揮することができなければ、
自立心も育っていかないのです。

子どもの「自分でやりたい」という
気持ちがいかに大切かが分かりますね。

まずは自分でやらせてみる。

そして、子どもが頼ってきたときに手を貸してあげる

やってあげたい気持ちをグッと我慢することで、
子どもが育っていくのです。

スポンサードリンク

終わりに

過保護・過干渉は子どもとの距離感が壊れてしまっている
ものですが、ちょうど良い距離感を保つには、
子どもが甘えたいときに甘えさせてあげることが大事です。

子どもの話をちゃんと聞いてあげることが、
親子の良い距離感を保つためには欠かせません。

小学校、中学校と成長していくと、
親の知らない子どもの世界が多くなってきます。

親の目が届かないことは心配ではありますが、
行き過ぎると過保護・過干渉となってしまいます。

子どもも一人の人間として、
本当の意味で子どものためになることをしてあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする