赤ちゃんの散歩に春はベスト!最適な時間はあるの!?

スポンサードリンク

冬は寒くて、つい暖かい家の中にこもりがちです。

でも、春になって外が暖かくなってきたら、大人でも「ちょっと散
歩でもしようかな」という気持ちになりますよね。

赤ちゃんにとっても、春は散歩に適した季節です。

冬は寒すぎて、あまり長時間外にいることはできませんし、夏は日
差しが強く、熱中症になりやすいので、お散歩をするのも、午前中
の早い時間か夕方に限られてしまいます。

その点、日差しや風が強くなければ、春はどの時間帯でも大丈夫!

赤ちゃんにとっても、ママにとっても、散歩にベストな季節と言え
ますね。

春は赤ちゃんにとっても過ごしやすい!特に散歩に適した時間は?


一年の中でも、春は気候が穏やかで、気持ちよく過ごすことができる
ので、赤ちゃんにとっても過ごしやすい季節です。

いろいろな草花が咲き、生き物が活動しだすので、自然を堪能するこ
ともできます。

景色や花の香りなどで、五感を刺激されるので、赤ちゃんの散歩にも適
した季節と言えます。

赤ちゃんだって、ずっと同じ部屋に寝かされているのでは、飽きてしま
います。

外で感じる光や風、太陽の光や新鮮な空気、目に入る景色などの全てが、
いい意味での刺激になります。

お散歩で寝てしまう赤ちゃんも多いですね。

散歩の独特な揺れや、抱っこでママと密着すること、春の暖かい陽気も、
赤ちゃんを気持ちよくしてくれるからでしょう。

また、赤ちゃんは、散歩で外の空気を感じることで、生活リズムの中で、
昼夜の区別を感じられるようになります。

生活リズムを整えるためにも、できれば、毎日同じくらいの時間帯に散歩
をするのがよいです。
散歩に適しているのは、お日さまの暖かさを感じられる9時~15時くら
いがよいでしょう。

赤ちゃんの散歩で気をつけることは?春だからこそ危険なアレに要注意!


そんな春の赤ちゃんのお散歩で、気をつけることをあげてみましょ
う。

まず、1つ目は、寒さ対策

春はまだ、急に気温が低くなったり、風が強くなったりすることが
あります。

バスタオルやブランケットを1枚、持って行くと安心です。

ベビーカーのシェードの上からかければ、ふいの雨にも対処できます。

2つ目は水分補給です。

お散歩の途中でのどが渇くことはよくあることです。

ベビー用の麦茶やイオン飲料などを、マグに入れて持って行きまし
ょう。

3つ目は、散歩中のおしっこやうんちです。

赤ちゃんは、いつどこでおしっこやうんちをしてしまうか、わかりま
せん。

おむつとおしりふき、汚れたおむつ入れる袋は必須です。

おしっこやうんちがもれてしまい、服まで汚れてしまうこともありま
すよね。

また、靴下は赤ちゃんが足を動かしている拍子に、落としてしまうこ
ともよくあります。

肌着と靴下も含めた着替えを一式、用意しておくと安心です。

4つ目は、汚れ対策

赤ちゃんは外の様子に興味津々です。

つい手を伸ばして、草花やガードレール、お店の壁、いろんなもの触
ってしまい、手が汚れてしまうことも…

マグを落としたり、中のものをこぼしたりすることもあります。

除菌ティッシュは、ぜひ持ち歩きましょう。

5つ目は、日焼け対策です。

10時~14時ころは紫外線が一番強い時間帯です。

赤ちゃんに帽子をかぶらせたり、べビ-カーのシェードを利用したり、
ベビー用の日焼け止めを使ったりして、対策をしましょう。

6つ目は、春になると出てくる虫対策。

赤ちゃんは、体温が高く、汗っかきで、新陳代謝が活発なため、大人よ
りも虫に刺されやすいのですが、肌は大人の2分の1の厚さしかありま
せん。

少しの刺激でも反応してしまい、大人よりも腫れてしまったりします。

また、蚊の活動が活発になる適温が、実は赤ちゃんのお散歩タイム
に適した時間帯と同じ
なのです。

蚊の適温は、春や秋の日中や、夏だと朝夕の時間帯。

適温を超えると活動が減ったり、死んでしまったりします。

蚊に刺されるのは夏というイメージが強いですが、実は春や秋の
日中の方が刺されやすいのです。

ベビー用の虫よけスプレーなどを使用して、赤ちゃんが虫に刺され
ないように気を付けてあげましょうね。

虫よけスプレーは、「ディート」という成分が入ってないものがよい
です。

「ディート」とは、害虫の忌避剤として使用される一般的な化合物で
すが、安全性について不確実な部分が多いため、日本では「生後6ケ
月未満の乳児には使用してはいけない」と定められています。

赤ちゃん用の虫よけを買うときは、「ディート不使用」のものを選ぶよ
うに注意しましょう

最近では、天然由来成分のハーブやアロマの虫よけスプレーが販売されています。

赤ちゃんから安心して使うこともできますし、肌の弱い大人でも使える
ので、1本を家族みんなで共有することができますね。

スポンサードリンク

まとめ

暖かい陽だまりの中を赤ちゃんと散歩するのは、ママにとってもよい
気分転換になりますね。
今まで急ぎ足で通り過ぎていた道も、赤ちゃんと一緒に歩くと、木や草花、
蝶やてんとう虫、たくさんのものが新鮮に感じられるのではないでしょう
か。

春は、生命の芽吹きに満ちた自然を感じられる季節。

赤ちゃんがママとの散歩で、自然の様々な刺激を受けることは、その後の成
長にも大切なことです。

準備を整えて、赤ちゃんの体調や機嫌に合わせながら、ぜひ赤ちゃんとの散歩
を楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする