七夕飾りの工作を簡単に!幼稚園児でもできる方法!

スポンサードリンク

7月7日は七夕です。
子供の頃に、笹に飾り付けをし、短冊に願い事を書いて、
飾った経験があると思います。
中には小さい頃にどんな願い事を書いたか覚えている!
という方もいるかもしれません。

七夕と言えば、天の川の両岸で離ればなれになった、
織姫と彦星が年に一度会うことが許された日として有名です。
七夕飾りもこの物語にちなんだものだと、知っていますか?
今回はこの七夕飾りの工作を簡単にする方法をまとめました。

七夕飾りを工作する簡単な方法!

スポンサードリンク

笹には願い事を書いた短冊だけではなく、
折り紙などで作った七夕飾りも飾りますね。
この七夕飾りにも、それぞれ意味があります。

① 吹き流し

織姫の織り糸を象徴するもので、機織りの上達や、
長い糸のように長生きできますようにというが願いが
こめられています。

作り方は縦に3回折ってから広げ、折り目をハサミで切り、
(全部は切らず、途中まで)、端をのりでとめ合わせれば、
できあがり!

② ちょうちん

心を明るく照らしてくれるという意味があります。

作り方は、折り紙を半分に折り、
折り目の方から1㎝くらいの間隔でハサミで切り目を入れます。
広げてから、両端を合わせて、上下一ヶ所ずつ、
ホチキスでとめればできあがり!

③ 輪つなぎ

心に抱いた夢が、消えずに、いつまでもつながっていきますように、
という願いがこめられています。

作り方は、1cmくらいの幅に切った折り紙をのりでとめて、
輪を作り、最初の輪に次の輪を通すことを繰り返せばできあがり!

④ 三角つなぎ、四角つなぎ

昔は、三角形や四角形の布を使って、飾り付けをしていたことから、
その名残で、織姫のように裁縫が上手になりますように、
という願いがこめられています。

作り方は、折り紙を切って、小さな三角や四角を作り、
のりで貼ってつなげ、最後に紐をつけたらできあがり!

⑤ 網飾り

魚を捕る網を表し、大漁・豊作の願いがこめられています。
また、網で幸せを絡み取るという意味もあるようです。

作り方は、縦に2回折って4分の1にし、
横からハサミで1㎝間隔に左右から切り込みを入れ、
広げたらできあがり!

⑥ くずかご

ものを粗末にしないようにという意味や、
整理整頓が上手にできるようにという願いがこめられています。

作り方は、折り紙を三角になるよう半分に3回折り、
二等辺三角形の等辺の片方を向かい側に折り、
はみ出た部分を切り取ります。
互い違いに細く切り込みを入れたら開きます。
8つの角のうちの4個所に穴をあけ、
紐を通して、かご状にしたらできあがり!

⑦ 貝飾り

海の恵みが十分に得られますようにという願いがこめられています。

作り方は、折り紙を半分に折り、折り目の方から、
1㎝くらいの間隔で切り目をいれます。
対角線上の角を合わせてのりづけすれば、できあがり!

このほかに、折り鶴や紙衣(かみこ)、織姫、彦星、くす玉、
すいか、お星さまなど、たくさんの七夕飾りがあります。
折り紙で作る七夕飾りは、幼稚園児でも作れるようなものばかり。
短冊に願い事を書くだけでなく、
七夕飾りもぜひ一緒に作りたいですね。

七夕ではどうして願い事をするの?七夕の由来は?

日本の七夕と言えば、短冊に願い事を書いて笹に飾るのが一般的で
すが、これは日本独自の風習です。
七夕の由来となるのは、中国で7月7日に行われていた、
「乞巧奠(きこうでん)」という行事になります。
庭の祭壇に、5色の糸を通した針などを備えて、
機織りや裁縫が上達するように祈願したそうです。
この「乞巧奠」に、以下のような織姫と彦星の物語が登場します。

『天の神様には、織姫という機織りが上手で働き者の娘がいました。
織姫は牛飼いの彦星と恋に落ち、結婚しますが、二人は仲が良すぎて、
仕事を忘れて二人の時間を優先しました。
それに怒った神様が、2人を天の川の東と西に引き離し、
離れ離れになってしまいます。
会えなくなったことを悲しんで、泣いてばかりいる織姫を、
かわいそうに思った神様は、1年に1度、7月7日の夜にだけ、
2人が会うことを許しました。
それから、1年に1度の再会のために、2人はまた、
一生懸命に働くようになりました。』

中国の「乞巧奠」は、奈良時代に日本に伝わり、
宮中行事として催されるようになりました。
その後、江戸時代に幕府が七夕を「五節句」の一つと定め、
民間行事となり、当時庶民の間で広まっていた、
習字の上達を願うようになりました。

七夕に願い事をするのは、中国の「乞巧奠」で、
機織りや裁縫の上達を祈願していたことと、
日本で習字の上達を祈願していたことの2つ
が由来となっています。

これらが合わさって、短冊に願い事を書き、
笹に飾るようになったのです。
また、織姫と彦星が1年に1度会えることから、
「願い事がかなう日」として知られるようになったことも、
「短冊に願い事を書く」風習につながったと言えるでしょう。

それでは、なぜ竹笹に飾るのでしょうか?
笹ができる竹は、まっすぐに天に向かって育っていきます。
また、笹の葉は、天近くで風に振られサラサラという音を奏で、
この音が天からご先祖様の霊を呼ぶとされていました。

そのため、日本では、竹笹は神聖な植物と信じられて、
さまざまな神事に使われてきました。
このように、神聖視されていた竹だからこそ、
願い事を飾るのに用いられたのです。

まとめ

織姫や彦星の話は知っていても、由来や意味までは、
知らない方も多いと思います。
年中行事として日本でも定着している七夕。
今回知った七夕の由来を、子供たちにもぜひわかりやすく
伝えてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする