ベビーカーの選び方! 階段を上り下りする時に便利なものは?

スポンサードリンク

出産に向けて準備するものの一つがベビーカーですね。

でも、ベビーカーってどれも似たような感じで、
どんなベビーカーを選んだら良いのかよく分からない
プレママも多いです。

ベビーカーを選ぶ時に大事なのは、
「自分がどんな時にベビーカーを使うのか?」
を考えることです。

アパートの階段を昇り降りする、電車やバスの乗り降りが多い、車での移動が多いなどです。

主にベビーカーを使うシーンによって、大きさや重さ、コンパクトさ、走行性など視点が変わってきます。

その他にも、いつごろからベビーカーを使うのか?、ベビーカーをしまっておく場所、お値段も。

そこで今回は、ベビーカーのタイプや大きさ、
持ち運びできるベビーカーの利便性について解説します。

ベビーカーのサイズと重さ

Antranias / Pixabay

ベビーカーには大きく分けて
A型とB型の2つのタイプに分かれます。

<A型ベビーカー>
◯生後1ヶ月ごろから、首がすわっていなくても使える
◯対面と背面を切り替えられる
◯赤ちゃんが寝ても大丈夫なように
リクライニング機能がある
◯安定性と安心感がある
◯3歳ごろまで使えるものが多い
✕全体的に大きくて重い
✕B型に比べると値段が高い
✕折りたたんでもスペースをとる

<B型ベビーカー>
◯腰がすわる7ヶ月ころから使える
◯A型よりも軽量でママも扱いやすい
◯折りたたむとコンパクトになるので、
保管にスペースをとらない
◯バギータイプはさらに軽量・コンパクト
✕フルリクライニングができない
✕A型ほどの安定感はない

A型かB型か決められない!
と思うママにはB型をオススメします。

B型が使えるようになる7ヶ月ころまでは、
抱っこひもだけで過ごすと割り切ってしまいましょう!

今は、スーパーやショッピングモールなど、
子どもを連れて行くようなところにはだいたいベビーを
乗せられるカートや貸出ベビーカーがあります。

7ヶ月を過ぎれば、軽くて丈夫で安いB型がお得です。

ベビーカーの持ち運びの利便性


赤ちゃんを乗せるものなので、乗り心地も大事ですが、
ベビーカーを一番使うママが使いやすいものを選ばないと、
せっかく買ったのに使いにくくてしまったまま・・・
なんてことにも。

ベビーカーを持ち運びするのにまず大事なのは「重さ」ですね。

階段を昇り降りすることが多かったり、
電車やバスに乗り降りすることが多いママであるなら、
だいたい5kg以内のベビーカーを選ぶとよいでしょう。

ベビーカーの重さはだいたい4kg~7kgです。

5kgも7kgも変わらないのでは?と思うかもしれませんが、
このたった数キロの違いが大きいのです。

実際に赤ちゃんが生まれて生活をすると、
荷物はベビーカーだけではありません。

赤ちゃん+ベビーカー+マザーズバッグ+買い物をした荷物
をママ一人で持たなければならない場面もあります。

ベビーカー以外のものも一度に持つことを考えると、
5kg以内のベビーカーがオススメです。

また、「コンパクトに折りたためること」も
持ち運びには欠かせません。

いくら軽くても、折りたためないタイプのものは、
不便に感じてしまいます。

電車やバスの乗り降りのとき、家で保管しておくとき。
折りたたんでジャマにならないか、サイズ感も見ておきましょう。

荷物を持っていたり、赤ちゃんを抱っこしていたり、
いつも両手が空いているとは限りません。

折りたたむときに、片手で折りたたみの動作がしやすいか、
もポイントです。

あとは、「たたんだあと自立すること」と
「片手だけでも走行できること」もポイントです。

スポンサードリンク

終わりに

ベビーカーは色々な種類が売られているので、
選ぶのに迷いますよね。

赤ちゃんとお出かけするのにベビーカーがあると
とても便利ですが、使うシーンや住んでいるところによって、
使いやすいタイプが変わるものです。

実際にベビーカーを使うシーンをよく考えて、
あなたにぴったりのベビーカーを選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする