ジョイントマットとコルクマット!防音効果を徹底比較!

スポンサードリンク

マンションやアパートに住んでいると、
階下への音が気になりますよね。

実際に足音などの音に対し、指摘されるケースは多いようです。

我が家も長男が小さい時には階下に人が住んで
いらっしゃるマンションでした。

息子の足音などが気になり、
やはりマットを敷いて生活していました。

防音以外にも、冬の冷え対策などにも役立つマット。

そもそもジョイントマットとコルクマットの違いをご存知ですか?
その違いは、ズバリ【素材の違い】です!

今回はジョイントマットとコルクマットについて徹底比較しました。

防音効果を比較

ジョイントマット
EVA(エチレンビニルアセテート)という化学製品

コルクマット
表面・・・コルクガシから採取した天然素材
裏面・・・ジョイントマットと同じEVA

ちなみに、それぞれの素材の特徴はこのようにあります。
EVA・・・柔軟性・弾力性・耐久性・丈夫
コルク・・・断熱性・弾力性・吸音性・わずかな通気性

小さなお子さんがいるお家で階下へ気になる音は、
足音と物を落とした時の落下音、だいたいこの2種類ではないでしょうか。

それぞれの音についてと、防音効果についてまとめました。

バタバタと歩く足音

歩く音に関して、大人は気を付けることができますが
子供には難しいですよね。

また歩き始めの頃の小さな子供は、
ペタペタと足裏全体で着地して歩きます。

コルクマットには大きなの異なるサイズ展開に加え、
厚さ違いの展開もあります。

ジョイントマットは厚さに関してはほぼ1種類ですので、
厚さが選べるコルクは良いですよね。

当然、足音の防音については厚い方が効果が高いと言えます。

しかしながら、厚いということはそれだけ段差が
できるわけですので、お子さんのつまずきに注意が
必要となってきます。

また、引き戸タイプでない通常のドアの場合には
開閉できるかにも関係してきますので確認が必要です。

物を投げたり落としたりした時の落下音

物を投げたり、落としたりして、
「ガチャーン!」や「ゴトンッ!」
と響いてしまう落下音も、場合によっては大きく音が響きますよね。

厚さ1種類のジョイントマットの上で試してみた場合でも
防音効果を感じます。

「ガチャーン!」や「ゴトンッ!」と響いていたのが、
「コンッ!」で済むような印象です。

全く無音とはなりませんが、その音にビックリする程にはならず、防音効果があると言えます。

更に厚みのあるタイプのコルクマットなら、クッションとなる厚みが増えるわけですので
更に気にならないと思います。

赤ちゃん用にはどちらがいい?

まずはマットの上で、実際に赤ちゃんは
どう過ごすのかを考えてみましょう。

防音以外の面で考えられることをいくつか例にあげてみます。

・寝っ転がって遊ぶ。
・はいはいする。
・食べ物や飲み物をこぼす。
・落書きをする。
・なめる。かじる。

などでしょうか。
これらを踏まえて考えてみると、以下のことが気になってきます。

・赤ちゃんへの肌当たり。
・なめても大丈夫か。
・掃除のしやすいさ。

まず汚れに関しては、どちらも水分をはじく材質ですので
拭き掃除は簡単です。

落書きに関しては天然素材のコルクよりも、
ジィントマットのEVAの方が掃除用洗剤などを使った
拭き掃除には適しています。

赤ちゃんへの肌辺りに関しては、天然素材のコルクの方が
より優しいのでしょう。

そして、肝心の口に入ってしまうことについてです。

これは、舐めた際についやよだれをふき取るという部分では
どちらも同じかなと思います。

ただ、歯が生えはじめてあっちこっちをかじるような時期になった際には、
コルクですとジョイントマットのEVA以上にボロボロとしてしまいます。

そして、最大のポイントがここにあります!

ちなみに私は当初、コルクマットを購入するつもりでいました。

その理由は【化学製品】【天然素材】と聞いて、
赤ちゃんにはどちらが良いかな!?と考えた時に
天然素材の方が良いように感じたからです。

同じように、そう思われるママは多いのではないでしょうか。

化学製品や化学物質というようなものと赤ちゃんとは、
あまり良い結びつきがないように感じます。

しかし更に調べていくうちに、コルクにアレルギー反応を
起こす赤ちゃんもいる
ということがわかりました。

ちなみに、例え化学製品であるEVAにアレルギー反応を
してしまうと考えても、その場合はジョイントマットだけでなく、
コルクマットの方にも裏面にはEVAが使用されているため条件は同じです。

コルクにアレルギー反応・・・

思ってもみなかった情報で少し驚きました。

我が家は少なからずアレルギー家系です。

私自身に花粉症やアレルギー性鼻炎、小児喘息、動物の毛やダニ、ノミ、
ハウスダストなどにアレルギーがあります。

大人になってからはアボカドにも反応するように
なってしまいました。

そんな私の子供ですから、
「きっとこの子にも何かしらのアレルギーはあるのだろう・・・」
前々からそう思っていました。

血液検査でも結果として反応しきれず出ないものや、
代表項目にないものなどもあるそうです。

わずかな可能性でもアレルギー要素のある素材ならば、
わざわざそちらを選びたくはありませんでした。

その結果、我が家は迷わずジョイントマット!
という選択となりました。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんの事で選択肢がある時には、
色々と悩んでしまいますよね。

調べれば調べるほど決めかねてしまうこともあるはずです。

ジョイントマットかコルクマットかも同様ですね。

防音効果としてはそこまで大差ないことがわかりました。

それならば、あとはデザイン性やお値段などなど
その他での判断になると思います。

みなさんが納得できる買い物ができますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする