今年の夏も紫外線は強い!帽子嫌いな赤ちゃんの対策5つ!

スポンサードリンク

さぁ、暑い夏がやってきますね!

海にプールに動物園・・・
暑さに負けず、充実した夏を過ごしたい!!
そう思いませんか!?

そのためにも、紫外線対策はバッチリして
おきたいですよね!

特にお子さんのデリケートな肌は、ちゃんと
守ってあげたいですね。

でも、帽子嫌いなお子さんが、多いんです
よね・・・。

そんな時、どう対処してあげると良いので
しょうか?

うちの赤ちゃんは帽子嫌い!帽子の変わりになる対策は?

そうなんですよね。

staffordhills / Pixabay

生後1歳に近づいて、自分の意志で物をつかむ
ことができるようになると、
物をポイっとすることを知ってしまうんです。

せっかく帽子をかぶせても、わし掴みにして、
ポイっ。

ゴムひも付きの帽子をかぶせたら、ぐいーっと
引っ張って、もう何とか取ろうと必死ですね。

そのうち、かんしゃくを起こして泣いてしまう
子も多いはず。

夏の日差しは心配ですが、帽子をかぶらせる
まで一苦労。

これではお出かけどころではありませんね・・・。

「こんなに嫌がっているのだし、帽子はもう
やめておこうか?」
「いやいや、無理にでもかぶせないと、後で
大変なことになったら困る。」
かつて私も自問自答しておりました。

帽子が気になって、お出かけが楽しめなく
なってしまったら、本末転倒です。

他の方法を試してみるのはどうでしょうか?

・UVポンチョ

フード付きのマントのような、UVポンチョ
というものがあります。

抱っこヒモの上からかぶせたりすることも
できるので、便利です。

UVカット効果のあるものを選んでください
ね。

・ベビーカーの日よけカバー

UVカット加工のある、ベビーカーに付けら
れるカバーが市販されています。

大きなカバーで、ベビーカーの屋根に付け
られます。

ベビーカーで移動の時は、地面に近い子供
は、熱中症の危険があります。

影の中にいても、充分に注意してあげて
ください。

・ママの日傘

ママが日傘をさしてあげて、お子さんを陰に
入れてあげるのも、一つの方法です。

荷物が多かったり、赤ちゃんを抱っこしたり、
手がふさがってしまうときは使えませんが、
ちょっとそこまで・・というときに、役立つ
方法ですね。

帽子嫌いの赤ちゃんのためにママができること5つ


夏の日差しから赤ちゃんを守るには、色んな
方法がありますが、自分で帽子をかぶってくれるようになるのが、
一番です。

この先、大きくなって、自分で歩くように
なったら、やはり帽子をかぶらないといけま
せんからね。

今からママがしてあげられることは、何で
しょうか。

① 楽しませる

帽子をかぶることが楽しいと思わせてあげま
しょう。

ママやパパが、遊びながら帽子をかぶったり、
かぶせたりしてあげると、帽子が好きになる
かもしれません。

まねっこをする時期にはピッタリの作戦ですね!

② ほめる

帽子をかぶったら、ほめてあげましょう。

手をたたいて喜んであげたり、ご褒美をあげる
のも良いかもしれません。

違うことに夢中になって、帽子から気をそらせる
ことができると、そのまま、かぶっていたり
しますよ♪

③ 習慣にする

「出かけるときには帽子をかぶる」という
習慣にすることも手段のひとつです。

朝5分の散歩でも良いので、毎日のくりかえし
が大切です。

かぶったら外に出られる! と思わせること
が、成功の秘訣です。

④ 帽子を選ぶ

好きなキャラクター、色、形など、好きな帽子
を選ばせてあげるのも良いでしょう。

ただ、帽子のふちが大きめの、日陰が大きい
ものを選んであげてください。

好きな帽子だと、かぶろう!というモチベー
ションになります。

⑤ 汗の対策

夏の帽子は、大人でもムレが気になりますよ
ね。

子供の頭皮はデリケートですから、汗疹など
できないよう、注意してあげましょう。

通気性の良いものや、汗を吸収してムレにくい
ものを選んであげたり、日陰や室内では帽子
を取って、汗を拭いてあげましょうね。

スポンサードリンク

まとめ

日差しが強い夏。

日射病や熱中症が心配ですね。

せっかくのレジャーを楽しむためには、しっ
かり対策したいものです。

日焼け止めはもちろん、帽子、傘、サングラス、
色々とグッズも進化しています。

子供(赤ちゃん)向けのサングラスまである
んですよ!

子供とお出かけするのに、一番多いのは、
ベビーカーですよね。

荷物をかけられるし、子供連れの移動に
便利です。

抱っこはだんだん重たくなってきますし、
暑いですもんね・・・。

でも、油断してはいけないのが、熱中症です。

先ほど少し触れましたが、地面からの照り返
しで、地表近くにいる子供は、とても暑いん
です。

ベビーカーの大きな影に入っていても、じり
じり、地面から熱が出ているんです。

こまめに休憩や水分補給をしてあげてくだ
さいね。

抱っこベビーにはポンチョがお役立ちしそう
ですね。

UVポンチョは試したことがないのですが、
雨の日に、抱っこヒモに入っているわが子の
頭から、レインコート(フード)をかぶせ、
さらに私が傘をさして歩いていました。

これを夏の日よけに使えると、とても便利
ですね!

UVポンチョと日傘のダブル日よけ作戦、
いかがでしょうか?!(^^)

日よけグッズを上手に使って、暑い夏を楽しみ
ましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする