鯉のぼりをどこにたてる?なぜたてる?

スポンサードリンク

5月5日はこどもの日。
端午の節句とも言われていますね。
男の子のいるおうちでは、五月人形や兜(かぶと)を飾ったり、鯉
のぼりをあげてお祝いをします。
この鯉のぼり。

最近ではポールのある一軒家用の立派なものだけでなく、マンショ
ンのべランド用のコンパクトなものも売られています。
このようなタイプならうちでもあげられるな~と思っているママも
多いでしょう。

ところが、パパとママのそれぞれの実家から「うちであげなさい!」
と言われてしまい、板挟みになって困っているママもいます。
鯉のぼりはどこであげるものなのでしょうか。

こいのぼりはどこにたてる?実家が正解?

スポンサードリンク

鯉のぼりは、一般的にはお嫁さんの実家から贈られるものと言われ
ています。
昔は同居が当たり前だったので、妻側の両親は娘の様子を見るため
に、孫の節句飾りを用意して夫側の家に持っていったそうです。
孫を想うだけでなく、我が子への想いも込められていたんですね。

けれども、最近は、同居をしている家は少なくなっています。
そのため、両家で話し合って折半したり、自分たちで用意したり、そ
れぞれの家庭によって様々で、「誰が買う」とか「誰が用意しないと
いけない」というのはなくなってきています。
誰が買うべきなのかについては別記事にまとめましたので、
こちらも読んでみて下さいね。
鯉のぼりは誰が買う?

地域によっては、昔からの風習で、どちら側が用意するものと決まっ
ている場合がありますので、子供が生まれたら、それぞれの親に早め
に確認しておく
必要がありそうです。

「誰が買うか」と同じように、「どこにあげるのか」ということも、
以前とは変わってきました。

同居が当たり前の時代は、同居先に妻も子供も一緒に住んでいるので、
夫側の実家にあげるのが当たり前でした。
ところが、今は核家族化が進み、長男でも仕事の関係で、実家から遠
く離れた土地に住んでいる人もたくさんいます。

そうなると、鯉のぼりをあげる場所も、実際に親子で住んでいる場所に
と考えるパパやママも増えてきますね。
大きな鯉のぼりはあげられないから、ベランダ用のものを買ってあげた
り、うちの中で小さなものを飾ったり、鎧や兜のみで鯉のぼりはあげ
なかったりと本当に様々です。

そんな時に、夫の実家であげるべき、でも買うのは妻の実家だからと言
われたり、逆に妻の実家から、自分たちが買うのだからこちらの実家に
あげなさいと言われたり・・・。

パパやママの実家が孫の節句に口を出すのは、それが昔からの風習
の時もあるし、自分たちの見栄の時もあるし、マンションは狭くて
あげられないだろうから、うちであげたらどうかという気遣いの時
もあるし、理由もそれぞれ違います。

お金の問題もあるし、両方の実家との関係もあるしで、パパとママは
困ってしまいますね。
現代では同居も少なくなり、出身地の離れた人同士が結婚し、それぞ
れの実家の風習が全く違うことも珍しくありません。

土地が高い地域では、家を建てても、鯉のぼりをあげられるほどのスペ
ースがないこともありますし、マンションや社宅であれば、鎧や兜を飾
る場所にも困ることもあります。

また、長寿社会で老後破産が話題になっている昨今では、実家の経済状
況も無視できませんね。

そもそも鯉のぼりは何故あげる?


そもそも5月5日に鯉のぼりをあげるのは何故でしょう。
鯉のぼりは「鯉幟(こいのぼり)」と書き、鯉は魚の鯉、幟(のぼ
り)は旗(はた)のことを表しています。
つまり、鯉の形に似せた幟(のぼり)という意味です。

鯉のぼりの由来は、江戸時代までさかのぼります。
端午の節句は江戸幕府にとって、将軍のお祝いをする重要な日と
されていました。
それは、やがて武家に男児が生まれた場合や7歳以下の男児がいる
場合に「旗指物(はたさしもの)」という家紋のついた幟(のぼり)
を立ててお祝いするという慣習になりました。
江戸時代も半ばになると、商人などの町民が、武士に対抗して「旗
指物(はたさしもの)」の代わりに鯉のぼりを立てるようになり、そ
れを庶民が真似をするようになったのが始まりと言われています。
それではなぜ鯉なのでしょう。

中国の伝説では、鯉は急流を遡りし、竜門という滝を登りきると、
竜になると言われ、出世魚の例えとされたのです。
「登竜門」という言葉をご存知の方は多いと思います。
これは中国の故事である鯉の滝登りに由来しているのです。

また、天には神がいると信じられ、鯉のぼりは天の神様に無事の成長
を見守ってもらえる、子供の化身であると考えられていました。
このように、日本の歴史だけでなく中国の故事と合わさって、「我
が子が健康に育ち、将来は大きく出世してほしい」という願い

こめて、鯉のぼりをあげるようになったんですね。

また、現在では、鎧(よろい)や兜をうちの中に飾る場合もありま
すが、これらは「我が子の身を護ってほしい」という願いがこめら
れています。

まとめ

鯉のぼりをどこに建てるのが一番良いという正解は、一つではありません。
それぞれの家庭の数だけあると言ってもよいでしょう。

様々な事情を考慮しつつ、パパとママがどうしたいか話し合って、無理
のない形でお祝いするのが一番です。
私の子供の周りでは、鯉のぼりをあげているお友達は、パパの両親と同
居しているおうち数軒しかなく、大半は家の中に兜や五月人形を飾って
いました。
鯉のぼりでも兜でも、大切なのはお祝いする気持ちです。

両方の実家との関係が悪化しないよう、妥協した方がよいこともあるか
もしれませんが、最終的にはパパとママが気持ちよくお祝いできるよう
に、うまく話し合って、みんなが笑顔でお祝いできるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする