幼稚園のお泊まり会で泣かない1日にする必殺技を公開!

スポンサードリンク

我が子の初めての幼稚園のお泊まり会。
色々と不安でいっぱいなパパやママも多いの
ではないでしょうか。

そんな不安を解消しつつ、お子さんにとって
楽しいお泊り会となる方法をご紹介します!
どれも難しいものなどはなく、簡単なもの
ばかりです。
ぜひ参考になさってみて下さいね。

幼稚園のお泊り会は親がどっしりかまえること!

スポンサードリンク

ちゃんとできるかな、とついつい心配になる
のが親心。
ですが大前提として、パパやママのその心配
な気持ちを言葉にしてはいけません。

「ママいないけど大丈夫!?」
「お泊りできる!?」
なんて聞いてしまえば、たちまちお子さんは
不安になってしまいます。

まずはパパやママがどっしりとかまえましょ
う!

もしも帰りたくなってしまえば、迎えに行け
ば良いのです。
大丈夫、大丈夫!
「みんなで○○したりして遊ぶんだってー!
楽しみだねー!」
「夜ごはんは、みんなで○○食べるんだっ
てー!いいねー!」
なんて言いながら、楽しみな気分を盛り上げ
てあげましょう。

先生方はお泊り会のプロです!
寂しさを感じさせないような楽しい流れを
きちんと考えてくれているものです。
そしてお子さんはいつもの先生、いつもの
お友達の中で過ごします。
先生を信じてお任せしましょう!

実際に幼稚園の先生をしている方から以前
聞いたことがあるのですが、
夜、寂しくて泣いてしまう子は意外と少ない
のだそうです。

みんなで楽しく遊んで、お風呂に入って、
お夕飯を食べて、お布団を並べて横になって
・・・
と、次から次へと実にリズミカルに進んで
いくので、寂しさを感じる暇もないのだとか。

お布団に入ってからも、お友達と小さな声
でクスクス笑ったり、そのリズミカルな流れ
に疲れて、いつの間にか眠ってしまうお子
さんが多いのだそうですよ。

幼稚園のお泊り会の準備は楽しくがポイント!

持ち物チェック

寝るときに必要なお気に入りアイテム
いつも一緒に寝ているお気に入りの人形や
タオルなどがあれば持参可能か確認して
みましょう。
園により大きく異なります。
人形はダメだけど、タオル程度ならOKと
いう園もあります。

お気に入りのお洋服
次の日に着るお洋服やパジャマなど、お子
さんの選んだお気に入りのものを持参しま
しょう。

制服や体操服などの指定品の場合は、下着
や靴下などでも良いと思いますよ!
お子さんと一緒に楽しく選んで準備して
みて下さいね。

手紙は逆効果!
リュックやパジャマなどに、こっそりお手紙
などをしのばす親御さんも多いそうです。
その狙いは、寂しさがまぎれるような、応援
のような気持での事と思います。

でもそれらは見事に逆効果となる場合が多い
そうです。
ママからのメッセージを見て寂しくなって
しまう場合がほとんどなのです。
ある意味ママの自己満足ということですね。

楽しく準備しよう

ついつい親が全てやってしまいがちな準備
ですが、時間がかかってもお子さんと一緒に
やってみましょう。

たくさんある場合は2回に分けて準備しても
良いですね。
「どのパジャマにしようか!?」
などと、楽しい雰囲気で準備することでワク
ワク感がアップすることでしょう。

また、どこに何が入っているのかを把握した
上で参加することで不安要素も一つ減ります
ね。

お風呂の入り方も簡単に確認

お泊り会までに、お風呂の入り方も教えて
おいてあげると良いです。

細かいことまで教える必要はありません。

いきなり浴槽に入らない。
タオルを浴槽につけない。
泳がない。
走らない。

そんな程度でOKです。
どれも温泉や銭湯などでも当たり前なこと
ですよね。

それらを知らずにやってしまった時に、
お友達に
「あーいけないんだぁ!」
なんて言われてしまっては、せっかくの楽し
い雰囲気がダウンしてしまいます。

ぜひ一緒にお風呂に入った際に確認してあげ
て下さいね。
お泊まり会のお風呂については特に詳しく別記事にしました。
心配な方も多いので、是非読んで不安をなくして下さいね。
幼稚園のお泊まり保育のお風呂が心配!

先生に事前確認

お気に入りのアイテムなど、どの程度持参し
ても良いのかを事前にきちんと確認しておき
ましょう。
園によってその辺りは大きく異なります。

また、オムツについての対応も同じく園に
より異なります。
他のお子さんに気づかれないようにオムツを
はくタイミングを与えてくれる園もあれば、
眠った後に先生がオムツに履き替えさせて
くれるという園もあります。
入浴後の保湿クリームなどを含むお薬など
の対応も、確認しておくと良いですね。

まとめ

いつまでも思い出に残るような、楽しいお泊
り会になると良いですね。
親としては、ただただ祈るばかりです。

まずはパパやママの不安を解消し、楽しい
雰囲気でお子さんとお泊り会について話して
みて下さいね。
思った以上にお子さんは逞しいですよ。
成長を感じることのできる、素晴らしい機会
となりますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする