保育園になにを着ていく!?真夏の保育園児にお勧めの服装はコレ!

スポンサードリンク

保育園に何を着せて行かせるか、初めての保育園生活の場合、ママ
は悩むことが多いのではないでしょうか。

うちにいれば、寒いとき、暑いときもママが着るものを調整してあ
げられるし、汗をかけば何度も着替えさせることもできますが、保
育園ではそうはいきません。

真夏の暑い日には、タンクトップに短パンなど涼しい恰好をさせた
いけれど、夕方に急に寒くなることもありますよね。

保育園ではお散歩や公園での外遊びもあるので、日焼けや虫刺され
も心配です。

真夏の保育園児はどんな服装がよいのでしょうか?

保育園服は体温調節できるものを選ぼう!


保育園に着ていく服は、通気性と吸汗性がよいものを選びます。

できればタンクトップではなく、袖のあるTシャツタイプのものが
よいです。

タンクトップは涼しくてよいと思うかもしれませんが、脇の汗を吸
うことができません。

子供はとても汗っかきですが、体温調節の機能は未熟です。

汗をかいたからと、大人のように自分で着替えることもしませんね。

できるだけ、大人が着るものに配慮してあげることが必要です。

また、保育園では先生方がたくさんの子供たちのお世話をしている
ので、できるだけ着替えやすい服を選び、汗をかいたらこまめに着替
えられるよう、多めに用意しておきましょう。

汗ふき用のタオルもあるといいですね。

保育園によっては、「必ず下着を着せてください」というところがあ
ります。

綿のTシャツを着せていても、肌着ほどは汗を吸い取ってくれない
ので、あせもになりやすいのです。

また、肌着を着せていないとお腹が丸出しになり、お腹が冷えてしま
ったり、ズボンのゴムが直接肌に触れて、あせもができてしまったり
します。

最近は、肌着を着せないママも多いようですが、できれば肌着は着せ
てあげた方がいいです。

また、上にはおる薄手の長袖を、必ず1枚は入れておきましょう。

真夏に長袖なんか必要なの?と思われるかもしれませんが、汗をか
いた後や水遊びの後など、急激に体が冷えてしまうので、そのままだ
と風邪をひいてしまいます。

薄手の長袖をはおることで、簡単に体温調節ができます。

最近は、サラサラした薄手の夏用のはおりものが売られていますの
で、そういうものを用意するとよいでしょう。

保育園でも安心できない!?真夏に潜む危険から子供を守る服装は?


保育園では、真夏の外遊びの時、着替えや水分補給をしてくれたり
します。

熱中症になったら大変なので、先生方も気をつけてくれるでしょう。

けれど、すべて保育園まかせで、安心してはいけません。

保育園に入って、先に入園している子供たちを見ると、真夏でも長
ズボンの子供が多いことに気づきます。

保育園では、虫がたくさんいるところで遊ぶことも多いですし、た
くさんの子供たちが走りまわっているので、ぶつかって転んだりと
いうこともしょっちゅうです。

長ズボンはその予防になります。

足がズボンでおおわれていれば、虫に刺されにくくなるし、草などで
肌を傷つけることもありません。

たかが虫刺されと思うかもしれませんが、蚊やアブだけでなく、蜂な
どの心配もありますし、刺されたところをかきむしって、とびひにな
ってしまうこともあります。

転んだ時も、ズボンでおおわれていれば、ケガが軽く済みます。

真夏に心配なのは、熱中症やあせも、汗をかいて風邪をひくことだけ
ではありません。

虫刺されやケガなどを予防するには、短パンよりも長ズボンや膝丈・
七分丈のパンツの方がいいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

真夏の服装について、気を付ける点をあげてみました。

保育園では、真夏でも、子供たちを外でたくさん遊ばせてくれます。

思い切り体を動かせば、お腹もすき、お昼寝もぐっすり。

体もどんどん丈夫になります。

たくさんのお友達と走り回って遊べるのも、おうちではできない、
保育園ならではの経験です。

ケガやあせも、熱中症など、真夏の外遊びは心配も多いですが、
子供は外で思い切り遊ぶのが大好きです。

帽子や日焼け止め、服装など、おうちでできる対策をきちんとし
ておけば、保育園の先生方が着替えや水分補給をしてくれます。

先生方と協力して、子供たちが真夏でも思い切り遊べるようにし
てあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする