必見収納術!ベビー服はジップロックで保管せよ!

スポンサードリンク

赤ちゃんの成長は早く、新生児の時に着ていた下着やロンパースも、
すぐに小さくなったり、季節が合わなくなったりして、
着られなくなってしまいますね。
でも、最初の赤ちゃんほど、買いそろえたり、
お祝いにいただいたりするベビー服も多いもの。
皆さんは着られなくなったベビー服をどうしていますか?

2人目の子が生まれた時のためや親戚の間でお下がりするために、
とっておいている人も多いと思います。
また、初めての子供であれば、色々と思い出がつまっていて、
なかなか捨てられない!ということも。

でも、着られなくなったベビー服はどんどん増えていくので、
しまう場所に困ってしまいますよね。
しまうスペースは限られているので、
クローゼットやタンスが保管
しているベビー服でいっぱいになってしまっては、
これから着る服やパパやママの服をしまうことができません。

どうすれば、ベビー服を上手に収納することができるのでしょうか。

捨てたいのに捨てられない!?ママが悩むベビー服保管の裏側

スポンサードリンク

ベビー服を捨てられない一番の理由は、下の子に備えてということ
が多いと思います。
赤ちゃんの肌着などは男女兼用で済みますし、
ミルクを吐いたり離乳食をこぼしたりと汚すことも多いので枚数が必要ですね。
邪魔だからと一度処分して、改めて買いなおすのは不経済ですから、
大事に保管しているママがほとんどだと思います。

また、姉妹や従妹、仲の良い友人などと、
ベビー用品をシェアしているママもいますよね。
赤ちゃんはどんどん大きくなるので、着ている期間が短く、
お下がりできる衣類も多いもの。
私も従妹から衣装ケース2つ分のベビー用の下着や、
衣類をもらいました。
でもその場合も、譲る相手の出産までは、
保管しておかなければいけませんね。
赤ちゃんの衣類は大人用よりも小さいとはいえ、
どんどん大きくなっていくので、増えていくのもあっという間。
年数が空けば空くほど、
クローゼットを占める割合も増えていきます。

また、お宮参りの時にきた服やファーストシューズなど、
記念としてとっておきたいということもあると思います。
可愛い赤ちゃんの頃の思い出。
なかなか捨てがたいのもママの正直な気持ちではないでしょうか。

ジップロックですっきり!ベビー服保管の3つのポイント


ベビー服を保管する場合には、3つの注意ポイントがあります。

1.保管前の洗濯

ベビー服はミルクやよだれ、皮脂などで意外と汚れています。
そのまま保管してしまうと、雑菌だらけのベビー服は、
黄ばみやカビだらけになってしまい、
いざという時には着られなくなっているということもあります。
汚れがひどい場所は、固形石鹸で手洗いをしたり、
漂白剤を使用しましょう。
また、しっかりアイロンをかけて湿気を飛ばすことも忘れずに。

2.取り出しやすく分類しておく

ただ雑多にとっておくだけでは、
新生児用の服も、3カ月、6カ月と大きくなってから着た服も、
どこにあるのかわからなくなってしまいます。
面倒でも、わかりやすく分類しておくことで、
必要な時にすぐに取り出すことができます。

生まれた月によっては、使用するシーズンが合わない場合もあるので、
季節ごとに分けるより、サイズごとに分けるのがおすすめです。

3.防虫剤や除湿剤を小まめに入れ替える

防虫剤には使用期限がありますし、除湿剤も吸水できないくらいに
膨らんでしまったら意味がありません。
防虫剤は半年~1年なのでそのタイミングで取り替えればよいですが、
除湿剤は小まめにチェックしましょう。

クローゼットや押し入れの中は湿気がこもりやすいので、
換気も忘れずにしましょうね。

これらの注意ポイントを押さえて保管する方法として、
オススメなのがジップロックです。

大きいサイズのジップロックを使えば、1つの袋にベビー服5~6
枚が入ります。
ジップロック フリーザーバッグ L(60枚入)【Ziploc(ジップロック)】

サイズだけでなくアイテム(肌着、ロンパース、Tシャツ、カーディガンなど)
も書いておけば、取り出すときもわかりやすいですね。
何より、圧縮することができるのでコンパクトになりますし、
密閉できるので湿気を防ぐこともできます。
防虫剤や除湿剤を入れ替えるのも簡単です。

衣類用の圧縮袋も売られていますが、ベビー服には大きすぎて、
中がごちゃごちゃになってしまったり、値段が高価だったりします。
ジップロックは値段も安く、小さなベビー服には、
サイズもちょうどよいので、上手に利用したいですね。

そしてジップロックはオムツポーチ代わりにも使えるんですよ。
専用のオムツポーチは可愛いけど高いし・・と思っているママも、
ジップロックを試してみてはいかがですか?
オムツはジップロックで臭わない?専用のオムツポーチは本当に必要?

まとめ

収納スペースがたくさんあるうちに住んでいて、いくらでもベビー
服をとっておけるようなママはなかなかいませんよね。

子供が生まれると、衣類だけでなく、おもちゃや絵本、ひな人形、
五月人形、クリスマスツリーなど、どんどん物が増えていき、収納
スペースを占領していきます。
ほとんどのママは保管方法に悩んでいるのではないでしょうか。
その中でも、ベビー服はサイズアップするごとに、
どんどん増えていきます。
季節によって必要になる防寒服や上着、水着、帽子、靴などアイテム
も様々で、きちんと保管しておかないと、せっかくとっておいたのに、
どこにあるのかわからない!なんてことになりがち。
今回紹介した「ジップロック収納法」で、取り出しやすく、使いやす
く保管しておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする