赤ちゃんグッスリ!上手なお昼寝のさせ方伝授します

スポンサードリンク

初めての赤ちゃんだと、いろんなこと一つ一つに疑問がいっぱい
ですね。
お昼寝その一つではないでしょうか?

お昼寝はどこでさせればいい?

なかなか寝てくれない。

寝てもすぐに起きちゃう・・・。
赤ちゃんのお昼寝は、生活リズムや習慣づけが大切です。
夜は授乳がありますから、ママと同じ寝室で赤ちゃんも寝ています
よね。
できれば、お昼寝の時も同じ場所の方が、赤ちゃんが「ここは寝る
場所なんだ」と意識して、お昼寝の習慣もつきやすくなります。
いつも同じ場所で同じくらいの時間に寝ることで、だんだんスムー
ズにお昼寝につけるようになります。

お部屋の明るさは夜ほど真っ暗にしなくても大丈夫。
ただ、なるべく静かにして、眠りにつきやすい環境を整えましょう。
赤ちゃんがグッスリお昼寝するのに重要なポイントは3つ。

1 お腹がいっぱい
2 オムツがきれい
3 快適な室温

お腹が空いていたり、オムツが汚れていたら、赤ちゃんは落ち着い
て眠りにつくことができませんね。
また、夏の暑い時は寝苦しかったり、冬に寒くて手足が冷えてし
まったりすると、大人でもなかなか寝付けないものです。
夏は26~28度、冬は20~23度、湿度は60%くらいを目安にしま
しょう。
また、エアコンや扇風機の風が、赤ちゃんに直接当たらないように
することも大切です!

赤ちゃんが昼寝してくれない…寝かしつけ方のコツ!!

スポンサードリンク

どんなに環境を整えても、なかなかお昼寝してくれない赤ちゃんも
います。
大人だと眠くなれば自然に寝てしまいますが、赤ちゃんにとって
お昼寝は、そう簡単ではありません。
赤ちゃんがお昼寝するためには、習慣づけが必要です。

生活リズムを整え、毎日お昼寝する時間を決めておくことが大切!
もちろん、お昼寝だけではなく、朝起きる時間や夜寝る時間、散歩
の時間、離乳食の時間、お風呂の時間など、生活全体を大体決まった
時間に行うことが重要です。

最初は大変に感じるかもしれませんが、慣れてくれば、次の出来事を
予測できるので、赤ちゃんにとっても家族みんなにとっても、過ごし
やすくなりますよ。
何より、赤ちゃんがスムーズに寝てくれるようになると、ママは
その間に家事をしたり身体を休めたりすることができるので、とても
楽になります。
気持ちにも余裕ができますよね。

一日の生活リズムの中でも、特に重要なポイントは、朝の光を浴びる
ことと、午前中に運動をさせること。

運動と言っても、まだ歩けない赤ちゃんの場合は、お散歩するだけ
でも十分です。
外の空気に触れることでほどよい疲れを感じ、お昼寝しやすくなり
ます。
お昼寝する時には、添い寝をしたり、手を握ったり、背中やお腹を優し
くなでてあげたり、ママの体温を感じられるようにしましょう。
大好きなママの体温や心臓の音を感じられると、赤ちゃんは安心する
ので、眠りにつきやすくなります。

もう一つ、寝かしつけの助けになるのが、赤ちゃんお気に入りのタオル
やぬいぐるみ。
私自身、ガーゼケットの肌触りがお気に入りで、顔をすりつけるように
して寝ていましたし、子供たちもカメのぬいぐるみや肌触りの良いタオル
などを、それぞれ寝る時には抱きしめていました。

お気に入りのものがあると、お昼寝の途中で目が覚めても、安心してまた
眠りに落ちることができます。

ぜひ、我が子のお気に入り睡眠グッズが探してみてくださいね。

赤ちゃんが昼寝からすぐ起きる時の対処法!


お昼寝するのに横になっても、なかなか寝てくれなかったり、やっ
と寝たと思ってもすぐに起きてしまう赤ちゃんもいます。
ママとしては、赤ちゃんにゆっくりお昼寝してくれれば、自分の時間
が持てるので、起きずにグッスリ寝てほしいところ。

赤ちゃんがすぐに起きてしまうのは、眠りが浅いからです。
低月齢の赤ちゃんは、深い眠りと浅い眠りのサイクルの周期がまだ
短いため、長時間眠ることができず、お昼寝させてもすぐに起きて
しまいます。
また、眠りが浅い時に、音や刺激を受けるとすぐに起きてしまいま
す。
赤ちゃんはもともとちょっとした音や刺激に敏感なので、眠りが
浅い時にも反応してしまうんですね。
また、すぐに起きてしまう赤ちゃんは不安が強い場合もあるよう
です。
こう言うと悪いイメージに聞こえますが、そうではなく「不安が強い
=ママが大好き=ママがそばにいないとダメ」ということなんです。
赤ちゃんが目を覚ましそうになったら、そばに行って優しくトントン
してあげると、すぐにまた目を閉じてしまうことが多いです。

でも、「完全に目を覚ます前」に毎回気づいてあげられるかと言うと、
なかなか難しいですよね。

そんな時は、ママも一緒にお昼寝するのがオススメです!
赤ちゃんが寝ている間に、ママとしてはアレコレやっておきたいと
は思いますが、ここはすっぱり割り切って「ママもお昼寝する時間」
にしてしまうのです。
ママがどこかへ行くと不安で起きてしまう赤ちゃんも、ママが隣で
ずっと寝ていたら安心して眠れるようになります。
そのうち、だんだんと「ママいるかな?」「お昼寝したらどっかに
行っちゃわないかな?」と確認するために起きることが減ってくる
でしょう。

そうなれば、最初だけ添い寝してあげれば、あとはママが起きても
大丈夫!
ママも自分の好きなことをする時間にできるでしょう。
ずっとじゃなく、赤ちゃんが安心してお昼寝できるようになるまで
と考え、ママもお昼寝して疲れをとることに専念しちゃいましょう。

ほとんどの赤ちゃんは、夜の睡眠だけでは不十分です。
お昼寝をしないと、だんだん疲れてきて、集中力もなくなってしま
います。
睡眠不足になると、周囲への注意力もなくなり、うまく記憶すること
ができなくなってしまいます。
赤ちゃんは、お昼寝することによって、生活リズムを整え、体の成長
を促進させています。

お昼寝することで、日中活動して学んだ記憶が、脳の中で整理されて
いるんです。
特に、赤ちゃんが話始める時期のお昼寝は重要と言われています。
また、毎日大体決まった時間にお昼寝をすることで、生活リズム全体
が整いやすくなります。

夜の入眠と同じように、お昼ご飯を食べ絵本を読んだらお昼寝すると
いうように、一連の流れを習慣化して「入眠儀式」を作ってあげると
よいでしょう。
赤ちゃんのお昼寝は疲労回復だけでなく、精神の安定維持にも効果が
あります。
そのため、お昼寝をしないことで夜泣きをしたり、日中もぐずることが
多くなったりします。

まとめ

赤ちゃんにとってお昼寝は、いろんな意味で大切な時間なんですね。
赤ちゃんが安心してお昼寝できる習慣がつくまで、ママはいろんな方法
を試して、我が子に合った入眠方法をみつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする